みんな知ってる?故障でクルマを路肩に駐車するときの正しい方法

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
いつ起こるかわからない車のトラブル。車は機械であるためいつ故障するかは予想ができない。万が一、車が故障してしまったとき、仕方なく路肩に停めなくてはならないこともある。いざというときのためにも、車が故障やトラブルで動けなくなったときの安全な駐車方法を再確認しておこう。

>>安全安心のために知っておきたい!いざという時の駐車方法を画像で確認

目次[開く][閉じる]
  1. 確実に寄せる・止める・連絡・知らせる
  2. 車内待機ダメ絶対!!
  3. パトロール隊や宅配業者のクルマが左全切りの理由

確実に寄せる・止める・連絡・知らせる

一般道路・高速道路において、車の故障やトラブルが起きてしまった場合、他の交通の妨げにならない路肩に停車することが必要だ。道の真ん中や中央寄りの車線で停止してしまった場合、他の交通の妨げになったり、速度が速い後続車に追突されてしまう可能性が高まるため大変危険である。(やむを得ず停止してしまった場合を除く)

路肩に停車し、ハザードランプを点灯、ギアをパーキングに入れ、サイドブレーキを引くなど車の停車措置が完了したら、JAFを呼んだり、「#9910」に連絡をして位置情報などを連絡する。

また、高速道路においては非常停止機材(三角表示板)を50m以上後方に設置し、後続車から見えるようにしなければならない。さらに、発煙筒などを使い後続車に故障車あることを知らせ、二次事故の防止に務める必要がある。

車内待機ダメ絶対!!

特に高速道路において車が故障してしまった場合、路肩に停車したのち車内で待機するのは非常に危険。後続車からの発見が遅れ、追突されてしまった時には命を落としかねない。高速道路上で故障のため路肩に車を停車させたとき、乗員は故障車の後方ガードレール外側で待機するのが鉄則だ。

パトロール隊や宅配業者のクルマが左全切りの理由

高速道路のパトロール隊をはじめ、街中の配達車両でも見かけることがあるハンドル全切り状態での停車。これは、ハンドルを左に全切りにしておくと、左側通行の場合、車が動き出してしまったときや追突されてしまったときの被害を最小限に留めることができる。故障のため車を路肩に停めたときに、ハンドル全切りにすることで二次事故の防止につながることも覚えておこう。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶六別館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる