右ハンドルの輸入車はアリかナシか、調べてみた | 左ハンドル経験者の苦労話も多数【みんなの声】

  • 筆者: オートックワン 編集部

輸入車だけど右ハンドル、これってアリ?

毎週火曜日と土曜日に連載している本企画。今回は【右ハンドルの輸入車はアリ? それともナシ?】というテーマの調査結果をお届けします。

近年各輸入車メーカーは、右ハンドル仕様の車種をごく当たり前にラインナップしています。しかし、欧米メーカーの本国モデルは、イギリス車を除いて本来左ハンドル仕様が標準です。クルマ好きであれば「本国仕様に近い車が欲しい!」という声もあがりそうですが、果たしてどうなのでしょうか。

それでは、結果の方を見てみましょう!

◆右ハンドルと左ハンドルの輸入車、違いを画像で見る

Q.右ハンドルの輸入車はアリ? ナシ?

◆右ハンドルの輸入車もアリ!:87%

◆右ハンドルの輸入車はちょっとナシ…:13%

(投票数:363票)

皆さんの声

■昔乗っていましたが、左ハンドルは不便でした。高速の料金所や駐車場でチケットを取るとき・精算をするときは特に感じていましたね(今はETCがあるのでマシになりましたが)。他にも、前走車のバスが停留所で止まった時に対向車が見えなかったり、2車線道路などで右折するときに対向車線に右折車がいるとその後ろの車が見えなかったりするなど、色々ありました…。

■左ハンドルのプジョー 205とボルボ 850エステートを運転したことがあります。プジョー 205ぐらいの大きさなら特に気になる事はありませんでしたが、ボルボ 850エステートでは、右折時に対向車にも右折待ちがいると安全確認がしづらかった覚えがあります。

■右ハンドルもアリですが、MTの場合は左ハンドル派ですね。左側に方向指示器がある右ハンドルのMT車は運転がスムーズにいかないです。

■「日本で売る以上は最低限右ハンドルを用意してくれ」派です。Fセグメント上級はショーファー需要が大半ということで、運転手が後部ドアを扱いやすい左ハンドルもあるのは理解できます。ですが、自家用車としては純粋に使いづらく危ないです。

■日本の交通事情を考えると、右ハンドルの輸入車はアリですね。左ハンドルだと交差点での右折が怖くて…。助手席誰か乗せている時は、対向車が来ていないか確認してもらったりしてます。

■「左ハンドルだと歩道がよく見える」とか、「歩道からの乗り降りがしやすい」とか言う方がいますが、駐車場のチケットゲートやETC使えない有料道路の料金所は大抵右側にあります。路線バスが停留所で停車したら反対車線が見えないから、追い越し出来ないでしょう?

■右ハンドル仕様のフィアット プントHGTアバルトは3ペダルMTなので、左足のスペースがちょっと足りません。ですが、日本は左側通行なので右ハンドルは楽です。左ハンドルの「輸入車らしさ」もいいけれど、国内での扱いやすさからはアリです。

設問を間違っていませんか? 日本国内で乗るなら、左ハンドルの輸入車こそ「ナシ」なんですが…。

■むしろ、左ハンドルが「ナシ」です。市街地では歩道側が見やすいかもしれませんが、駐車場のチケットを取るような日常シーンでの実用性に劣りますし、逆に右折時は視界の制約が大きいです。左側通行の路上で使うなら右ハンドルに限ります。

輸入車でよくある「右ハンドルだけどウインカーレバーは左側」っていうのはナシでしょ。

■別に探しているわけではありませんが、今まで乗った輸入車は右ハンドル仕様がありながらも、全てたまたま左ハンドルです。

「英国仕様の輸入車」だといえばOKなのです!

調査を終えて

調査の結果、回答者の87%が右ハンドルの輸入車は「アリ」と回答しました! また、コメントでも「アリ」派の方からの声が多く寄せられています。

コメントで特に多かったのが、安全確認のしにくさを指摘する意見です。日本の交通事情を考えると、左ハンドル車でも右ハンドル車と同等の安全性が保たれるケースはあまり多くないのかもしれませんね。

一方、ETCが普及したことで高速道路に乗るときの不便さはほぼ解消されました。今後キャッシュレス化が進むことで、他のシチュエーションでも左ハンドル車が楽に利用できる道路環境になるか、期待したいですね。

【毎週火曜日・土曜日は、クルマにまつわる質問を調査する連載「みんなの声」をお届け!次回もお楽しみに】

[筆者:オートックワン編集部]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる