中国で自動運転がプチバブル!中国政府が水面下で技術を軍需から民需へ(1/2)

中国で自動運転がプチバブル!中国政府が水面下で技術を軍需から民需へ
長安汽車の自動運転車 中国で自動運転がプチバブル 中国で自動運転がプチバブル 中国で自動運転がプチバブル 画像ギャラリーはこちら

高速道路約2000kmを自動運転車で公開デモ

中国で自動運転がプチバブル

中国はなんだか、自動運転バブルっぽい雰囲気だ。

北京モーターショーでは、中国地場メーカー各社が自動運転車を展示した。

■北京モーターショーで出展された中国地場メーカーの自動運転車画像ギャラリー

なかでも、最も自動運転に積極的なのは、長安汽車だ。今回の北京ショー開催に合わせ、北京を目指して高速道路を約2000kmに渡る自動運転の公開デモンストレーションを成功させた。このやり方は、アウディが2015年1月に実施した手法の「パクリ」。

アウディの場合、米西海岸のシリコンバレーを出発し、ITと家電の世界最大級見本市「CES」の会場まで自動運転走行した。長安汽車はこれを参考にしたのだ。

長安汽車の自動運転車は、中型セダンをベースとし、ボディ全体を鏡面仕上げした「ド派手」なクルマだ。ルーフ部分には、アメリカのヴィロダイン社製のライダーを搭載。

ライダーとは、レーザーレーダーであり、周囲360度の状況を計測できるのはヴェロダイン社の特許。そのため、グーグルカーの初期モデルや、フォードなどの大手自動車メーカーでも実験車両向けに利用している。

中国で自動運転がプチバブル

また、同じく長安汽車のブースで目を引いたのは、「バイドゥマップカー」だ。バイドゥ(百度)は、中国版グーグルといった位置付けの企業。検索サイトと地図情報サービスでは中国の最大手である。

そのバイドゥマップの計測車として、長安汽車の小型SUVを使用している。ルーフから突きあがったバーの先には、ここでもヴェロダイン社製のライダー、そしてパノラマ写真を撮影するため前後左右の4カ所にカメラ、さらに前方に動画撮影用カメラを装着した。

こうした高精度地図は、中国全土での自動運転を実現するための基礎となる最重要データである。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる