autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイス、「レイス」を初公開

モーターショー 2013/3/6 20:40

【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイス、「レイス」を初公開

関連: ロールスロイス Text:
【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイス、「レイス」を初公開
ロールス・ロイス レイス

ロールス・ロイスは、3月5日より開催されている第83回ジュネーブ国際モーターショーにて「レイス」を世界初公開した。

「レイス」の搭載するV型12気筒エンジンは、「ゴースト」の最高出力420kW(563bhp)を上回る、最高出力465kW(624bhp)を発揮し、8段のZF製オートマチックトランスミッションが組みあわせられいる。0-60mph加速は4.4秒で、時速100kmには4.6秒で到達。

エクステリアは、特徴的なファストバックデザインを採用。ルーフラインはテールにかけて、なだらかな曲線が描かれている。グリルは従来モデルに比べ、深く窪んだデザインとなっている。

インテリアは、「キャナデル・パネリング」と呼ばれるU字ウッドパネルが、キャビン全体を包み込むようなデザインを採用。天井には「ゴースト」等にも採用されている「スターライト ヘッドライナー」が施され、レイスでは1,340個のランプがルーフに星空を演出する。

サスペンションは、ボディロールを抑えたチューニングが施され、高速コーナリング時には重めに、低速コーナリング時にはやや軽めに、ステアリングフィールをフィードバックする調整している。

さらにGPSを介して目的地の地形データを取得し、ドライバーの運転スタイルから、最適のギアを予測するとともに、事前に自動設定する「サテライト・エイデッド・トランスミッション」を初採用している。

「レイス」の欧州価格は245,000ユーロ(約3000万)で、納車時期は2013年の第4四半期を予定している。

ロールス・ロイス レイスロールス・ロイス レイスロールス・ロイス レイスロールス・ロイス レイスロールス・ロイス レイス

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ロールスロイス の関連編集記事

ロールスロイスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロールスロイス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR