ルノー 新型アルカナ、F1の技術を投入した独自のハイブリッドシステムを搭載するクーペSUVが上陸【東京オートサロン2022】

画像ギャラリーはこちら
日本で販売される輸入車では珍しいフルハイブリッドモデルのルノー 新型アルカナが東京オートサロン2022で公開された。

F1で培った技術により、ダイレクトかつシームレスな変速を実現したトランスミッションなど“ハイブリッド=退屈”というイメージを一新する注目のクーペSUVを解説する。

目次[開く][閉じる]
  1. 日本で販売されている輸入車の中で唯一のフルハイブリッドモデル
  2. ストロングハイブリッド天国の日本に満を持しての投入される「E-TECH HYBRID」
  3. ハイブリッドでありながら、ダイレクトかつシームレスな変速を実現

日本で販売されている輸入車の中で唯一のフルハイブリッドモデル

東京オートサロン、ルノーブースに展示された1台のクロスオーバーSUVモデル、それが日本初公開となる「アルカナ」である。

一部地域では「メガーヌ コンクエスト」として販売されていることからも分かるようにメガーヌと共通するデザインを持ったモデルとなっており、ボディサイズはトヨタ カローラ クロスにほど近いものとなっているのだが、流行に乗ったクーペ風SUV、と簡単に片づけてはいけない重要なモデルとなっている。

実はこのアルカナ、現在日本で販売されている輸入車の中では唯一のフルハイブリッドモデルとして導入されるものなのである。

ストロングハイブリッド天国の日本に満を持しての投入される「E-TECH HYBRID」

欧州でエコカーといえばひと昔前まではクリーンディーゼルが主流となっていたが、ディーゼルゲート問題などの影響もあってクリーンディーゼルは一気に縮小し、電動化の波が一気に押し寄せている。しかし、欧州ハイブリッド車はプラグインハイブリッドかマイルドハイブリッドの2極化となっており、ストロングハイブリッドはほとんど普及していなかったのだ。

そこへ切り込んだのがこのアルカナの「E-TECH HYBRID」であり、ストロングハイブリッド天国の日本に満を持しての投入ということになる。

このアルカナE-TECH HYBRIDはエンジンと2つのモーターを協調制御するもので、エンジンとモーターそれぞれが得意とする領域で稼働するというもの。これだけ聞くとよくあるハイブリッドにも思えてしまうが、特筆すべきはそこに採用されたトランスミッションだ。

ハイブリッドでありながら、ダイレクトかつシームレスな変速を実現

F1で培った技術を投入されて作られた「ドッグクラッチマルチモードAT」はエンジン4速モーター2速となっており、従来のトランスミッションで使用されているクラッチやシンクロナイザーを廃したコンパクトなもの。

ただ、シンクロナイザーを持たないドッグクラッチはエンジン回転が合っていない状態での変速を苦手とするため、モーターによってエンジン回転の同調を図ることでスムーズな変速を実現するという独創的なアイデアが盛り込まれた。

そのためハイブリッドでありながら、ダイレクトかつシームレスな変速を実現しており、“ハイブリッド=退屈”というイメージを取り払ってくれる1台に仕上がっているとのこと。

ルノー 新型アルカナ E-TECH HYBRIDの発売は2022年春頃を予定する。

ルノーでは今後も多くのモデルにこのE-TECH HYBRIDを搭載していく予定とのことなので、今後のラインナップにも期待したいところだ。

[筆者:小鮒 康一/撮影:佐藤 正己]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ルノーの最新自動車ニュース/記事

ルノーのカタログ情報 ルノーの中古車検索 ルノーの記事一覧 ルノーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる