ポルシェ 911GT3 海外試乗レポート(1/3)

  • 筆者: 河村 康彦
  • カメラマン:ポルシェ・ジャパン
ポルシェ 911GT3 海外試乗レポート
画像ギャラリーはこちら

原点はサーキット。新しいGT3ストーリーのはじまり

まずは成田空港からドイツまで一気に飛んだ後、さらに乗り継ぎでイタリアへと向かう――そんな長距離・長時間の空の旅がしかしいつもよりもグンと短いように感じられたのは、ちょうどひと月ほど前に新型ジャガーXKに乗るために南半球にある"地の果て"へと向かうという鮮烈な経験をしたためばかりではなかったはずだ。確かに、国際試乗会に向けて日本を経とうというすでにその時点から、普段のそうしたイベントの場合よりも気分が高揚していたのも事実と告白をしなければならないのだが・・・。

ステアリングを握る遥かに以前の段階からそんな熱い気持ちを味わわせてくれた「そのクルマ」とは、ポルシェの新型911 GT3。そう、先日開催されたジュネーブ・モーターショーの会場でやはり新しい911ターボと並んで発表をされたのがこのモデルに、嬉しくもいち早く乗れる機会が訪れたのだ。

当時はまだ"限定モデル"という扱いの下、初代の911 GT3がデビューをしたのは1999年の事。そんなこのモデルに対して『サーキットに最も近い911』という表現を使う事が出来たのは、そこに積まれたフラット6エンジンが「その前年のル・マン24時間レースを制したユニットのディチューン版」という血統の持ち主であった事からも当然だろう。そして、GT3は今再び、新しいストーリーを作り出そうとしている。「997型の911」に設定をされた今度のGT3は、そのセールスが継続的に行われるいわゆる"カタログ・モデル"へと昇格。そしてもちろんそんな今度のモデルも従来型の場合と同様、「最もサーキットに近い…」という例のフレーズがあてはまるキャラクターの持ち主として誕生する事になったのだ。

とは言え、既存の911シリーズ以上に切れ味の鋭い走りを狙った新型GT3の特徴は、そんな"サーキット生まれ"の心臓だけに依存をするわけではもちろんない。例えば、走り、曲がり、止まる…という全ての運動性能に大きく貢献をする軽量化に徹底的に取り組んだ事も大きな特徴のひとつ。トランクリッドとドアはアルミニウム製で、その軽量化効果は「スチール製の場合に対してほぼ20kgに及ぶ」というもの。

いやでもコンペティティブなムードを盛り上げるボックス型の大きなスポイラーが与えられたリアのエンジンフードにも、軽量化を目的としてプラスチック素材が用いられている。リアシートは取り外されて"2人乗り仕様"とされた上に、通常のスポーツシートのおよそ半分のわずかに10kgプラスという重量のカーボンファイバー製骨格を持つバケットシートを、あのカレラGTから譲り受けてオプション設定。かくして、カレラ・シリーズ以上に"走り"という部分にフォーカスされて作り込まれているのがこのGT3というわけである。

1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
河村 康彦
筆者河村 康彦

1960年東京生まれ。工学院大学機械工学科卒。モーターファン(三栄書房)の編集者を経て、1985年よりフリーランスのモータージャーナリストとして活動を開始し、現在に至る。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー選考委員 などを歴任。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ポルシェ 911の最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ 911のカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ 911の中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ 911の記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ 911のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる