西川CEO辞任でどうなる!? 日産自動車の内田氏新体制を占う

画像ギャラリーはこちら
日産は2019年10月8日、西川 廣人氏辞任後の後任について、現・専務執行役員で東風汽車有限公司総裁である内田 誠氏を代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)に任命した。内田新体制になり、果たして日産はこれからどうなっていくのか。世界の自動車情勢を追い続けるモータージャーナリスト桃田 健史氏が今後を占う。
目次[開く][閉じる]
  1. リーダー的な存在感
  2. 社員の経営への無関心体質から脱却を
  3. 「モノづくりへの回帰」と「流通再編における新規サービス事業の創出」

リーダー的な存在感

日産は2019年10月8日の午後8時から横浜市内の本社で緊急記者会見を開き、空席だった最高経営責任者(CEO)に専務執行役員の内田誠氏を昇格させると発表した。

内田氏は今回の人事が決まるまで、日産の中国事業を進める東風自動車の総経理(社長に相当)を務めていた人物。

筆者(桃田 健史)は中国のモーターショーで日産が実施した、少人数での記者懇談会で内田氏と何度か直接言葉を交わした。その際、ずっしりとした佇まいで落ちついている、という印象を持った。また、質問で分からないことは「分からない」とはっきり答えたうえで、実務担当者に質問を振り分けた。

あくまでも筆者の個人的な感想だが、内田氏はリーダー的な存在感がある人物だと思う。

今後は、内田氏による新体制のもと、(経営陣による)集団型の経営スタイルへと変革させるという。

>>内田新体制で、日産のモノづくりはどうなる!?[フォトギャラリー]

社員の経営への無関心体質から脱却を

内田氏がいう集団型の経営体制とは、もちろんゴーン体制に対する反省である。

ただし、執行役の職務にある人たちの間での意思疎通がうまくいけば良い、という訳ではないはずだ。

近年の日産社内を見ていると、「経営に対してモノを言っても無駄」という風潮があったと思う。「何事も(ゴーン一派の)フランス人幹部らがいきなり言ってくる。だから、日本人社員がボトムアップの議論をしても、結局は無駄アシ」という感じだった。

そもそも日産には古くから、経営層と社員層、またはオフィスワーカー(ホワイトカラー)と工場ワーカー(ブルーカラー)という社内の二極化体質があったと思う。そうした状況の一部は、ゴーン体制によって改善されたともいえる。その代わり、フランス人主導型、さらにはゴーン一極化が加速した。少々強めの言葉を使えば、ゴーン体制による社内での恐怖政治のような雰囲気になり、社員の間では「事なかれ主義」が定常化した印象がある。

「モノづくりへの回帰」と「流通再編における新規サービス事業の創出」

では、内田新体制で、日産はどう変わるべきか?

筆者は「モノづくりへの原点回帰」と「流通再編における新規サービス事業の創出」の2点を挙げたい。

まず「モノづくり」だが、日本市場におけるラインアップが減少、または主力モデルのフルモデルチェンジまでが長期化した「日本市場軽視」ともいえる現状に代表されるように、近年の日産は「顧客目線での時代のニーズにそくした商品をタイムリーに提供する」姿勢が大きく欠けている。

ゴーン体制では「パワー88」などの中期経営計画を打ち出してきたが、これらはモノづくりが基盤ではなく、経理措置におけるきれいなバランスシートを形成することを優先するような印象が色濃い。そのため、新車導入が大幅に遅れ、顧客の日産離れを食い止めるため、販売店向けの販売奨励金(インセンティブ)によって販売台数を維持することになった。これは日本市場だけではなく、販売台数が多いアメリカ市場でも定常化していた。

また、2010年に他社を差し置いて積極的に市場導入したEV事業も、大きな転換期を迎えている。世界EV市場は、国として販売台数義務化を進める中国が主導し、日米欧での販売は頭打ち状態。また、テスラ、ジャガーなどによる高付加価値高価格なプレミアムEV市場にインフィニティティとしての参入計画が伸び伸び(凍結?)の状態だ。

自動運転やADAS(高度な運転支援)についても、競合他社の性能も向上しており、日産として他社との差別化が難しくなってきた。

さらにシェアリングエコノミーへの対応など「新規サービス事業」についても、トヨタのように国内ディーラー再編を伴う流通に対する大手術が必要だろう。

内田体制では、自動車産業変革期において、日産社員による全員野球型の経営を期待したい。

[筆者:桃田 健史]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる