バブル期に輝いたセダン・クーペ3選! 今でも魅力あふれるシーマ、セルシオ、ソアラを振り返る

画像ギャラリーはこちら
豪華で高級であることがもてはやされたバブル期、国産車もまたそれに倣うように多くのモデルが登場した。昨今のSUV、ミニバンブームなどの影響で、今やその数を減らす国産セダン・クーペだが、ここでは、バブル期に高い人気を誇ったモデル3選をお届けする。
目次[開く][閉じる]
  1. 社会現象となり大ヒットした「日産 初代シーマ」
  2. 高級車の新たな世界基準を作り上げた「トヨタ 初代セルシオ」
  3. ハイソカーという言葉を生み出した「トヨタ 2代目ソアラ」

社会現象となり大ヒットした「日産 初代シーマ」

1台目に紹介するのは、女優の伊藤かずえさんが30年以上に亘り愛車として乗り続け、最近レストアサービスが完了したことでも話題となった日産 初代シーマ。

シーマとは、スペイン語で「頂上・完成」の意味で、初代モデル(Y31型)は「シーマ現象」と呼ばれるほどまでに大ヒット。1988年の販売開始から1年で36,400台のセールスを記録し、販売終了の1991年までの約4年間では12万9,000台もの数が販売された。

初代シーマは、基本のプラットフォームこそセドリックやグロリアと共通ながら、競合車たちが5ナンバーボディを共用していた時代に専用の3ナンバーボディが与えられ、完成されたデザインで贅を尽くしたモデル。当時の車両本体価格は300万円後半からで、最上級グレードともなると500万円を超えるほどの「高級車」だった。

3.0リッターV6ターボエンジンを搭載しており、リアを沈み込ませながら加速していく様に憧れた人も多いのではないだろうか。

現在の中古車市場では50台程のモデルが出品されており、車両本体価格は68万円~550万円の値段で取引されている。

高級車の新たな世界基準を作り上げた「トヨタ 初代セルシオ」

2台目は、1989年10月に登場した初代セルシオ。元々は、北米で立ち上げたプレミアム・チャンネル「レクサス」のフラッグシップモデル「LS」で、それを日本で発売する際に与えられたネーミングがセルシオだ。ラテン語で「至上、最高」の意味がある。

初代セルシオは、当時現行だった130系クラウン(8代目)を超える高級セダンとしてデビューし、エンジン、足まわりなどに最新技術が惜しみなく投入され、内装でも「ノイズ/バイブレーション/ハーシュネス」を極限まで抑え、究極の快適性が追求されている。

それらを支える超高品質な生産精度は海外の高級車メーカーの度肝を抜き、こぞって研究用に購入したという逸話が残されている。初代セルシオは、まさに高級車の新たな世界基準を作り上げた1台と言っても過言ではない。

現在の中古車市場では20台程のモデルが出品されており、車両本体価格は50万円~約260万円の値段で取引されている。

ハイソカーという言葉を生み出した「トヨタ 2代目ソアラ」

最後に紹介するのは、バブル景気の頃、「ハイソカー」という言葉を生み羨望の眼差しが注がれた2ドアスペシャリティクーペのトヨタ 2代目ソアラ。1986年1月に登場した。

スウェード調素材を随所に使用したグランベールインテリアにラグジュアリーシートなど、乗員に安らぎを与える居住性・乗降性の高さに、先代のZ10型ソアラを踏襲し、黄金比率をデザインに用いた品の良さを感じさせる端整な3ボックスフォルム、そして直6エンジンなど高性能なパワートレインを載せた2代目ソアラは、クルマ好きの男性だけでなく幅広い層から支持された。

また、スペースビジョンメーター、車速感応型パワーステアリング、四輪ABS、マルチコントロールパネルのほか、最高グレードである3.0GT リミテッドには世界初のエアサスペンションがオプション設定されるなど、当時の最新技術が多数採用されていた1台でもある。

現在の中古車市場では50台程のモデルが出品されており、車両本体価格は75万円~600万円の値段で取引されている。

近年ではSUVやミニバン人気から、減少傾向にある国産セダン・クーペモデル。しかし、走行性能や静粛性の高さなどは他のモデルよりも魅力的な部分。再びスポットライトが当たる日を期待して待ちたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

※記事中の中古車価格は2022年1月時点のMOTA調べ

日産/シーマ
日産 シーマカタログを見る
新車価格:
660万円825万円
中古価格:
40万円560万円
トヨタ/セルシオ
トヨタ セルシオカタログを見る
新車価格:
1,078万円1,078万円
中古価格:
48.8万円289.8万円
トヨタ/ソアラ
トヨタ ソアラカタログを見る
新車価格:
660万円693万円
中古価格:
49.8万円478万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

望月 達也(MOTA編集部)
筆者望月 達也(MOTA編集部)

1984年生まれ。埼玉県出身。週末はサッカーや自転車でツーリングなど体を動かすことが大好きな1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 シーマの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 シーマのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 シーマの中古車検索 日産の記事一覧 日産 シーマの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 シーマのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる