ついに今夏生産終了の日産シーマ! バブル期に人気絶頂だった初代シーマを振り返る

画像ギャラリーはこちら
日産自動車は、バブル期の高級車ブームをけん引したセダン「シーマ」の生産を今夏にも終了すると明かした。

世界的に電動車の開発が進む中、日産に限らずメーカー各社は車種統合や廃止を進めている状況だ。

目次[開く][閉じる]
  1. シーマは長年日産の高級セダンとして君臨し続けていたが、セダンの低迷や騒音規制の問題から生産終了に
  2. 初代シーマの登場当時はセダンが人気で、バブル景気から高級車もよく売れた
  3. 高級車が続々と売れる「シーマ現象」は当時のバブル景気を象徴するものだった

シーマは長年日産の高級セダンとして君臨し続けていたが、セダンの低迷や騒音規制の問題から生産終了に

そんな中で、シーマに白羽の矢が立ってしまった。現在、販売されているシーマは最も安いグレードでも823万1300円、高いグレードで933万1300円にもなる高級セダンの代表格と言える。

SUVやコンパクトカー、軽自動車が台頭している中でセダンの販売割合はバブル期に比べて年々縮小傾向にある。さらに、シーマに搭載するエンジンは今秋から強化される騒音規制をクリアできないため、生産終了という決断に至ったようだ。

初代シーマの登場当時はセダンが人気で、バブル景気から高級車もよく売れた

そんなシーマの歴史を振り返るにあたり、今回は初代シーマに焦点を当てたい。初代シーマは日本がバブル景気真っ只中の1988年、それまで人気を集めていた日産 セドリック/グロリアをベースにした3ナンバー仕様の高級車として登場した。

ボディサイズは全長4890mm×全幅1770mm×全高1380mmというピラーレスハードトップのボディに、最高出力255馬力を発生させる3.0リッターV6ターボエンジンと、最高200馬力を発生させる3.0リッターV6エンジンを用意。電子制御のエアサスペンションを搭載するなど、当時の国産車離れした乗り味にもこだわった一台だった。

高級車が続々と売れる「シーマ現象」は当時のバブル景気を象徴するものだった

当時は納車までに半年以上かかることもあるなど高い人気を誇っていたが、バブル崩壊とともに徐々に販売台数は伸び悩んでしまうことになる。

しかし、数が多く出ていたからか、今でも1988年モデルは51台が中古車市場に出回っており、価格は78万円~560万円(MOTA調べ)。

当時の高級車ブームをけん引し、高級車が続々と売れる状況は「シーマ現象」と呼ばれ、1988年の流行語大賞に選ばれるなど、時代を象徴するクルマとなった。このシーマ現象は同じく日産車のローレル、セフィーロだけでなく、トヨタ ソアラ、クラウン、マークII、ホンダ レジェンドといった他社モデルなどへも波及していった。クルマの高級志向やバブル経済の勢いもあって一気に活性化され、業界全体への影響も大きかったと言える。

最近では女優の伊藤かずえさんの愛車としても知られ、昨年には日産有志が手がけるレストアプロジェクトでも注目を集めた。

そんな名車の名を引き継いだモデルがまた一つ、生産を終了してしまうことは寂しくもあるが、現在の日産はEV(電気自動車)に力を入れている。今後の新型モデルに期待したい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

日産/シーマ
日産 シーマカタログを見る
新車価格:
660万円825万円
中古価格:
37万円560万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 シーマの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 シーマのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 シーマの中古車検索 日産の記事一覧 日産 シーマの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 シーマのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる