VWの人気SUV「ティグアン」累計販売600万台突破!|2020年中にビッグマイナーチェンジも

画像ギャラリーはこちら
フォルクスワーゲンは2020年4月17日、この春「Tiguan(ティグアン)」の生産台数が累計600万台に達したことを発表した。2019年の1年間で合計91万926台を生産しており、同社のベストセラーモデルとなっている。世界中の80%の国で販売され、グローバル人気SUVのトップ3にランクインしている。

>>大人っぽくオシャレなティグアンのカラバリを画像で確認!

登場当時から人気を獲得し7名乗車モデルやプラグインハイブリッドもモデルを追加

ティグアンの生産が600万台を達成

フォルクスワーゲンは、2008年に15万台を超えるティグアン(4輪駆動または前輪駆動を選択可能)を生産。ドイツでは初年度からベストセラーSUVの称号を獲得し、ニューモデルの発売当初から、世界中で好調なセールスを記録した。

2011年には大幅なアップデートが施され、年間生産台数は初めて50万台の壁を突破。第2世代のティグアンは2016年4月に市場に登場し、初めてモジュラー・トランスバース・ツールキット(MQB)をベースに開発された。

ロングホイールベースが人気!

2017年にはホイールベースが110mm拡大され、最大7名乗車のシート、専用のデザインを備えたティグアンのXLバージョンが製品ラインナップに追加。この新しいバージョンの登場により生産台数がさらに増加し、現在ではすべてのティグアンモデルの55%がロングホイールベース バージョンとなっている。

欧州市場をはじめとする多くの国において、ロングホイールベースモデルは「ティグアン オールスペース」という名称で発売。中国では「ティグアン L」として販売されているXLバージョンは、その人気のため2019年10月、プラグインハイブリッドモデルが追加された。

2020年、ビッグマイナーチェンジ!

2020年には、大幅なデザインおよびテクニカルアップデートが施される予定だ。ヨーロッパ向けのプラグインハイブリッドドライブ2(PHEV)を備えた新しいバリエーションの追加が、その注目点の1つとなっている。

フォルクスワーゲン/ティグアン
フォルクスワーゲン ティグアンカタログを見る
新車価格:
403.9万円544.9万円
中古価格:
59万円500万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 金乃竹塔ノ澤
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン ティグアンの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ティグアンのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ティグアンの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ティグアンの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ティグアンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる