フェラーリ 新型クーペ「ローマ」登場|620馬力のV8ターボエンジン搭載

画像ギャラリーはこちら
フェラーリは2019年11月14日、新型2+クーペ「Roma(ローマ)」をイタリア・ローマにて初公開した。

新型ローマ、はフェラーリ歴代のスポーティーなデザインを継承しつつ現代的なアレンジを取り入れた外観を持ち、最高出力620PSを発揮するV8ターボエンジンを搭載している。1950~60年代のローマで花開いた自由なライフスタイルをイメージし、「ローマ」と名付けられた。

>>首都の名を冠した自信作! フェラーリ 新型ローマの内外装を画像で見る

目次[開く][閉じる]
  1. 歴代フェラーリを現代アレンジした外観
  2. ドライバー重視のインテリア
  3. 620PSを発揮するV8ターボ
  4. 主なスペック

歴代フェラーリを現代アレンジした外観

美しいフォルムを追求

新型ローマの外観は、不要な装飾を一切排除し、クリーンで調和の取れたデザインとなっているが、これにはフェラーリ歴代のフロントミッドエンジン・グランドツーリングカーの伝統が色濃く反映している。

具体的には250GT Berlinetta Lussoや250GT 2+2などを彷彿とさせながらも、そこに現代的なアレンジを施すことで洗練された正統派のスタイルを確立している。

またその美しいボディラインを保つために先端技術を用いて、リアスクリーンと一体化する可動リアスポイラーを開発。格納時は目立たず、高速走行時には自動で起動し、新型ローマの並外れたパフォーマンスに欠かせないダウンフォースを発生する。

ドライバー重視のインテリア

運転に集中できるコックピット

インテリアのデザインにあたってはHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)が全面的に見直され、ドライバーが運転に集中できる設計を採用。必要な情報はすべて16インチのデジタルインストゥルメントクラスターに表示されるほか、8.4インチの縦型センターディスプレイと新たなパッセンジャーディスプレイも直感的な操作が可能となっている。

またキーは「コンフォートアクセス機能」を備えており、フラッシュマウントの新ハンドルに隣接するボタンに触れるだけでドアを開けることができる。

620PSを発揮するV8ターボ

パワフルな世界最高エンジン

新型ローマはインターナショナル・エンジンオブザイヤーを4年連続で受賞したV8ターボエンジンを搭載し、620PS/7500rpmを発揮する同セグメントで最もパワフルなモデルである。

またエグゾーストシステムは完全な新設計で、サイレンサーを排して新開発のバイパスバルブを採用している。

搭載する新型の8速デュアルクラッチ・ギアボックスは7速の従来型より6kg軽くコンパクトになり、燃費と排出ガスの低減に貢献する。

主なスペック

■全長:4656mm

■全幅:1974mm

■全高:1301mm

■ホイールベース:2670mm

■エンジン:V8ターボ

■トランスミッション:8速F1デュアルクラッチ

■最高出力:456kW(620PS)/5750~7500rpm

■最大トルク:760Nm/3000~5750rpm

■総排気量:3855cc

この記事の画像ギャラリーはこちら
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

フェラーリの最新自動車ニュース/記事

フェラーリのカタログ情報 フェラーリの中古車検索 フェラーリの記事一覧 フェラーリのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる