autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 世界限定300台のBMW「M4カブリオレ 30 Jahre」日本に10台導入

自動車ニュース 2018/5/28 11:58

世界限定300台のBMW「M4カブリオレ 30 Jahre」日本に10台導入

BMW 新型M4カブリオレの特別仕様車「30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」
BMW 新型M4カブリオレの特別仕様車「30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」BMW 新型M4カブリオレの特別仕様車「30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」BMW 新型M4カブリオレの特別仕様車「30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」BMW 新型M4カブリオレの特別仕様車「30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」画像ギャラリーはこちら

BMWは、M4のオープンモデル「M4カブリオレ」を2018年5月24日より受注開始した。

これにあわせて、M4カブリオレの欧州における初代モデル発売30周年(当時のモデル名はM3カブリオレ)を記念した世界限定車「M4カブリオレ 30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」を全国10台限定で販売する。なお、世界限定台数は300台。価格は1483万円(消費税込)となる。

>>日本限定10台の特別仕様車「M4カブリオレ 30 Jahre」のデザインを画像で見る(11枚)

M4カブリオレ 30 Jahre

BMW 新型M4カブリオレの特別仕様車「30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」

M4カブリオレ 30 Jahreは、歴代の印象的なモデルを想起させる2種類の特別なボディカラーに、専用のインテリアカラーとのコンビネーションを設定。

存在感のある鮮やかなイエローの「マンダリンII」には専用のイエローステッチを施したブラックのメリノレザーインテリアを採用し、初代M3より特別なモデルに採用されてきた深いブルーの「マカオブルーメタリック」には、ブラックとシルバーストーンの専用バイカラー仕上げのメリノレザーインテリアを採用した。

さらに、軽量構造の20インチ鍛造Mライトアロイホイールは、専用のオービットグレー塗装を施し、この限定車の特別な外観をより魅力的に際立たせている。

また、シートのヘッドレストやカーボンファイバー製インテリアトリム、ドアシルプレートには、限定モデルであることを示す「Edition 30 JAHRE」のレタリングが施され、スポーティかつ記念車としての特別感あふれる室内空間を演出している。

特別装備

◇専用ボディカラー&フルレザーメリノインテリアコンビネーション

・マンダリンII & ブラック(イエローコントラストステッチ付)

・マカオブルーメタリック & ブラック/シルバーストーン(バイカラー)

◇フロントシートヘッドレスト(専用”Edition 30 JAHRE”レタリング付)

◇カーボンファイバーインテリアトリム(専用”Edition 30 JAHRE”レタリング付)

◇ドアシルプレート(専用”Edition 30 JAHRE”レタリング付)

◇20インチMライトアロイホイールスタースポークスタイリング666M(鍛造)(専用オービットグレー塗装)

・フロント:9J x 20ホイール+ 265/30ZR20タイヤ

・リア:10J x 20ホイール+ 285/30ZR20タイヤ

>>日本限定10台の特別仕様車「M4カブリオレ 30 Jahre」のデザインを画像で見る(11枚)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW M4クーペ の関連編集記事

BMW M4クーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW M4クーペ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR