autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 新型カローラハッチバックはオーリスとソックリ!日本仕様にもMTを設定

自動車ニュース 2018/5/9 06:30

新型カローラハッチバックはオーリスとソックリ!日本仕様にもMTを設定

トヨタ 新型カローラハッチバック(北米仕様)

トヨタは2018年3月、ニューヨークモーターショー2018において、新型カローラハッチバックを世界初公開しました。日本では2018年初夏にトヨタカローラ店を通じて発売を開始する予定です。

新型カローラハッチバックは、新プラットフォームのTNGA GA-Cプラットフォームと、新型直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」を採用しました。

トランスミッションは、世界初の発進用ギヤを採用した新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」、および新型6速マニュアルトラスミッション(MT)を搭載しています。

新型エンジンと新型トランスミッションを採用することで、燃費と走りの向上を図りました。

また、2017年12月にマイナーチェンジを行ったアルファード/ヴェルファイアからリリースされた「第2世代版トヨタセーフティセンス」が新型カローラハッチバックにも搭載されます。しかも全車標準装備とのことです。

そして気になるデザインですが、新型カローラハッチバックが公開された際には、2018年3月のジュネーブ国際オートショーで発表された“新型オーリス”と瓜二つであることが話題になりました。

今回は新型カローラハッチバックの画像を大量に入手したので、隅から隅までデザインをたっぷりとご覧ください。

>>新型カローラハッチバックの内外装デザインをチェック!

エクステリアデザインの特徴

トヨタ 新型カローラハッチバック(北米仕様)トヨタ 新型カローラハッチバック(北米仕様)

新型カローラハッチバックのデザインコンセプトは「シューティングロバスト」。「シューティング」はスポーツクーペの要素を持つ勢いのあるスタイリングを意味し、「ロバスト」は骨格のたくましさ・力強さや基本性能の高さを意味しているそうです。

フロントマスクは、昨今のトヨタ車デザインに共通する「キーンルック」と大型のロアグリルを採用し、スポーティでワイドなデザインとなっています。また、ヘッドランプにはJ字形状に光るBi-Beam LEDを採用し、かなりアグレッシブなイメージですね。

サイドからリアにかけてのデザインも大きく変わっており、リアフェンダー周辺の抑揚がスポーティさをより際立たせています。バックドアには樹脂材料を採用し、軽量化を行いました。

【ボディサイズ】

全長4370mm×全幅1790mm×全高1435mm

ホイールベース2640mm

インテリアデザインの特徴

トヨタ 新型カローラハッチバック(北米仕様)

インテリアのデザインコンセプトは「センシュアスミニマリズム」。スッキリとした上質さで感性に響く空間を追求しています。

米国で展開するマルチメディアシステム「Entune 3.0 Audio」が標準搭載されるため、Apple CarPlayやAmazon Alexaなど便利な機能に対応が可能となっています。

トヨタ カローラアクシオ の関連編集記事

トヨタ カローラアクシオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラアクシオ の関連編集記事をもっと見る

トヨタ カローラアクシオ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!