新型カローラハッチバックはオーリスとソックリ!日本仕様にもMTを設定

トヨタは2018年3月、ニューヨークモーターショー2018において、新型カローラハッチバックを世界初公開しました。日本では2018年初夏にトヨタカローラ店を通じて発売を開始する予定です。

新型カローラハッチバックは、新プラットフォームのTNGA GA-Cプラットフォームと、新型直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」を採用しました。

トランスミッションは、世界初の発進用ギヤを採用した新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」、および新型6速マニュアルトラスミッション(MT)を搭載しています。

新型エンジンと新型トランスミッションを採用することで、燃費と走りの向上を図りました。

また、2017年12月にマイナーチェンジを行ったアルファード/ヴェルファイアからリリースされた「第2世代版トヨタセーフティセンス」が新型カローラハッチバックにも搭載されます。しかも全車標準装備とのことです。

そして気になるデザインですが、新型カローラハッチバックが公開された際には、2018年3月のジュネーブ国際オートショーで発表された“新型オーリス”と瓜二つであることが話題になりました。

今回は新型カローラハッチバックの画像を大量に入手したので、隅から隅までデザインをたっぷりとご覧ください。

>>新型カローラハッチバックの内外装デザインをチェック!

エクステリアデザインの特徴

新型カローラハッチバックのデザインコンセプトは「シューティングロバスト」。「シューティング」はスポーツクーペの要素を持つ勢いのあるスタイリングを意味し、「ロバスト」は骨格のたくましさ・力強さや基本性能の高さを意味しているそうです。

フロントマスクは、昨今のトヨタ車デザインに共通する「キーンルック」と大型のロアグリルを採用し、スポーティでワイドなデザインとなっています。また、ヘッドランプにはJ字形状に光るBi-Beam LEDを採用し、かなりアグレッシブなイメージですね。

サイドからリアにかけてのデザインも大きく変わっており、リアフェンダー周辺の抑揚がスポーティさをより際立たせています。バックドアには樹脂材料を採用し、軽量化を行いました。

【ボディサイズ】

全長4370mm×全幅1790mm×全高1435mm

ホイールベース2640mm

インテリアデザインの特徴

インテリアのデザインコンセプトは「センシュアスミニマリズム」。スッキリとした上質さで感性に響く空間を追求しています。

米国で展開するマルチメディアシステム「Entune 3.0 Audio」が標準搭載されるため、Apple CarPlayやAmazon Alexaなど便利な機能に対応が可能となっています。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ カローラアクシオの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラアクシオのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラアクシオの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラアクシオの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラアクシオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる