ホンダ、新型CR-Vの量産モデルをジュネーブショー2018で初公開

ホンダは、2018年3月6日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、新型CR-V欧州仕様の量産モデルを初公開した。

また、アーバンEVコンセプトやスポーツEVコンセプトなどのコンセプトモデル、シビックタイプRを始めとした量産モデル、二輪・四輪のレーシングマシン、そしてエネルギーマネジメントを担うパワーコンディショナーのコンセプトモデル パワーマネージャーコンセプトなども展示した。

>>新型CR-V 欧州仕様やシビックタイプRなどホンダの出展車を画像で見る

新型CR-V 欧州仕様

1995年の発売以来、世界160ヵ国以上で支持されているSUVモデル。5代目となる新型CR-Vは、エレガントかつスポーティなエクステリアデザインを採用し、ガソリン車には新たに3列シート仕様を設定するなど、ユーティリティ性能も向上させている。

また、1.5リッター VTECターボエンジンに加え、ホンダが欧州で販売するSUVでは初となる2リッター i-VTECエンジンとスポーツハイブリッド i-MMDを組み合わせた2つのパワートレインを設定した。

欧州では2018年秋より順次デリバリーを予定している。

シビック TYPE R

究極のFFスポーツを目指して開発されたモデル。2017年4月に行われたドイツ・ニュルブルクリンク北コースでの走行テストでは、FFモデルとして最速となる、7分43秒80のラップタイムを記録し、先代モデルのタイムを7秒近く更新するなど、運動性能の高さを証明した。

また、2016年に先代モデルが欧州各地のサーキットで高いパフォーマンスを証明したのと同様に、最新モデルでも欧州各地のサーキットにおいてタイムアタックチャレンジを行う。このチャレンジには、元F1ドライバーで、現スーパーGTドライバーのジェンソン・バトン選手、WTCRドライバーのティアゴ・モンテイロ選手、エステバン・グエリエリ選手、スーパーGTドライバーのベルトラン・バゲット選手の参加を予定している。

Honda Urban EV Concept

新開発のEV専用プラットフォームを採用し、将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すコンセプトモデル。

ホンダは欧州にて、このモデルをベースにした量産EVの発売を2019年に予定しており、2019年初頭に受注を開始する予定。

Honda Power Manager Concept

太陽光などの再生可能エネルギーや燃料電池車によって発電した電気と、系統電力をやり取りして、家庭・EV向けに必要に応じた充放電を行う、パワーコンディショナーのコンセプトモデル。

ホンダは英国のエネルギーマネジメントコンソーシアム EV-elocity(イーブィロシティー)に参加し、EV-elocityが英国各地で実施予定のVehicle to Grid(V2G)の実証実験に、パワーマネージャーコンセプトを提供する。

この記事の画像ギャラリーはこちら
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ CR-Vの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ CR-Vのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ CR-Vの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ CR-Vの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ CR-Vのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる