autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自、国内生産体制を最適化…RVRの生産を岡崎製作所から水島製作所に移管

自動車ニュース 2017/12/21 10:20

三菱自、国内生産体制を最適化…RVRの生産を岡崎製作所から水島製作所に移管

関連: 三菱 RVR
水島製作所

三菱自動車は、コンパクトSUV RVRの生産を岡崎製作所から水島製作所に移管し、2017年12月20日より生産を開始した。

水島製作所で行われたセレモニーには、岡山県の伊原木知事をはじめ伊東倉敷市長、片岡総社市長、周辺地域の部品メーカーを代表して、協同組合ウイングバレイの晝田理事長が出席した。

今回の移管は、岡崎製作所で10月より新型コンパクトSUV エクリプスクロスが生産開始されたための対応で、国内生産体制の最適化を図った。

なお、今年度中は岡崎製作所でも一部のRVRの生産を継続する。また、水島製作所で生産してきた輸出向けランサー(日本名:ギャランフォルティス)は生産終了している。

三菱 RVR 

益子修CEOはセレモニーで、「RVRは当社の主力車種です。確かなものづくりの力を最大限に発揮し、さらなる販売台数に繋げたいと考えています。そして、岡山県の活性化、経済発展に少しでも貢献できるよう、今後も水島製作所の活用を前向きに考えていきます」とコメントした。

RVRの現行モデルは2010年の発売以来、国内や欧州、北米を中心に累計約113万台(2017年10月末現在)を販売した。

各製作所の概要(2017年12月現在)

【水島製作所】

生産車種:RVR、アイ・ミーブ、eKワゴン、eKスペースなど

生産能力:約35万5000台(2直生産)

所在地:岡山県倉敷市水島海岸通1丁目1番地

【岡崎製作所】

生産車種:エクリプスクロス、アウトランダー、アウトランダーPHEVなど

生産能力:約23万4000台(2直生産)

所在地:愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

三菱 RVR の関連編集記事

三菱 RVRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 RVR の関連編集記事をもっと見る

三菱 RVR の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR