これが未来のハイエースか!?カーゴ・ビジネス・アスリートの3モデルを世界初公開【東京モーターショー2017】

画像ギャラリーはこちら

トヨタ車体は、10月25日から開催される東京モーターショー2017で、「Focus Your Life Style」をテーマに、人々の生活や仕事、街や社会、そして文化や価値観に真摯に向き合い、乗る人や働く人にやさしい、人に寄り添うクルマづくりへの想いをカタチにした、世界初公開となるコンセプトモデルを出展する。

>>未来のハイエースか!?D-CARGOコンセプトなどの出展車両の画像を見る

LCV CONCEPT(ライト・コマーシャル・ビークル コンセプト)

LCVは、コンパクト・フレキシブル・マルチユースをキーワードに、商用車(Commercial Vehicle)に求められる耐久性や経済性、積載性に、乗る人や働く人に"やさしい"をプラスした新しい発想のマルチバンである。

 

LCV D-CARGO CONCEPT(ディー・カーゴ コンセプト)※世界初公開

小口配送ビジネスの拡大を見据え、増加する女性の配達スタッフにもやさしい、働く環境をより快適に支える小型デリバリーバン。

前後スライドドア(助手席側)と低床フラットフロアにより、荷物の積み下ろしがしやすい大開口の間口を実現した。

また、助手席側から運転席へ簡単にアクセスすることができるため、配達作業を助手席側で完結することができ、乗り降りの負担軽減と配達効率の向上に貢献。

助手席スペースも積載スペースにすることで長尺物の積載も可能にした、広さと使いやすさを両立したカーゴスペースとした。

運転席は、視界の良さと、ステアリング中央部に脱着できる配達に必要な情報を提供するタブレット端末を備えたシェルコックピットとし、運転と配達のしやすさを両立。

リアには、狭い駐車スペースでも開閉しやすい上下2分割式バックドアを採用した。

【スペック】

全長×全幅×全高:4700×1735×1885mm

室内幅:1550mm

室内高:1345mm

乗車定員:1人

LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT(ビジネス・ラウンジ コンセプト)※世界初公開(内装のみ出展)

世界で活躍するビジネスパーソンに快適なプライベート空間を提供し、最高のコンディションにいざなうビジネス専用ハイヤー。

室内での着替えも可能なハイルーフならではの広々とした頭上空間と2座席のみとしたリアキャビンが、ゆとりに満ちたリフレッシュスペースを創出している。

シートは、人が最もくつろぐことができるコンフォータブルモードを備え、最上級のリラックスを提供。

室内にサイドアクセスラゲージを採用し、室内に居ながらスーツケースから着替えや必要なアイテムを取り出すことができ、使い勝手の良さを追求した。

また、テレビ会議に加え、多彩なインフォメーションニーズに応えることができる大型ディスプレイや、プライバシーを守る瞬間調光ウィンドウ、スライドテーブルなどの装備を備え、室内でのリフレッシュとビジネスをサポートする。

【スペック】

全長×全幅×全高:4700×1735×2120mm

室内幅:1550mm

室内高:1580mm

乗車定員:3人

LCV ATHLETIC TOURER CONCEPT(アスレチック・ツアラー コンセプト)※世界初公開(内装のみ出展)

車いすアスリートが、ひとりで楽に競技用具を積み込み、乗り込んで、快適に運転することができる、車いすアスリートのためのMy トランスポーター。

床下格納ワイドスロープと車高ダウン機能がもたらす緩やかなスロープ角度により、車いすに乗ったまま楽に乗降することができる。

ステアリングが前後に可動するステアリングテレスコピックと、シートが上下に可動するシートクッションリフターが、車いすと運転席間のスムーズな移乗をアシスト。

車いす競技車両は、室内にそのまま搭載することができるため、積み込む度に分解を必要としていたアスリートの負担を軽減できる仕様とした。

さらに、車いす競技車両をメンテナンスする際に活躍するスライドトレイや、スペアホイール収納、工具類を収める脱着式ツールボックスなど、競技に挑む車いすアスリートが必要とする装備を備え、スポーティギアスペースとしての使いやすさを追求した。

【スペック】

全長×全幅×全高:4700×1735×2120mm

室内幅:1550mm

室内高:1580mm

乗車定員:2人

WONDER-CAPSULE CONCEPT(ワンダー・カプセル・コンセプト)※世界初公開

パーソナルモビリティの先駆者であるトヨタ車体が思い描くすぐ先の未来に、人とクルマと街、社会がボーダーレスに寄り添うカプセル。カーシェアリングやライドシェアリングの時代を想定し、シェアリングの機能性や利便性をミニマムサイズのカプセルにつめ込んだ、誰もが気軽に移動を楽しむことができる2人乗りの超小型モビリティを提案する。

直立したフロントスクリーン(パノラミック・ビュー・スクリーン)とフロントラゲージを特徴とするユニークなキュービックシルエットとした。

パノラミック・ビュー・スクリーンにリアルタイムで映し出される車両情報や観光施設などの移動情報が、シェアリングなどで初めて利用する方にも安心と楽しさを提供。

居住空間とラゲージスペースへ同時にアクセスすることができるイージー・アクセス・ドアにより、乗り降りのしやすさと使い勝手の良さを両立した。

クルマが乗る人に合わせて自動で調整(ステアリング&ペダル)するオート・アジャスト・ポジションにより、初めて乗る人でも快適な運転姿勢をとることができる。

【スペック】

全長×全幅×全高:2500×1300×1600mm

乗車定員:2人

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
294.7万円423.1万円
中古価格:
57万円1,777万円
トヨタ/タウンエースバン
トヨタ タウンエースバンカタログを見る
新車価格:
181.9万円234.7万円
中古価格:
36万円462.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる