【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイス、「レイス」を初公開

  • 筆者:
【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイス、「レイス」を初公開
ロールス・ロイス レイス ロールス・ロイス レイス ロールス・ロイス レイス ロールス・ロイス レイス 画像ギャラリーはこちら
ロールス・ロイス レイス

ロールス・ロイスは、3月5日より開催されている第83回ジュネーブ国際モーターショーにて「レイス」を世界初公開した。

「レイス」の搭載するV型12気筒エンジンは、「ゴースト」の最高出力420kW(563bhp)を上回る、最高出力465kW(624bhp)を発揮し、8段のZF製オートマチックトランスミッションが組みあわせられいる。0-60mph加速は4.4秒で、時速100kmには4.6秒で到達。

エクステリアは、特徴的なファストバックデザインを採用。ルーフラインはテールにかけて、なだらかな曲線が描かれている。グリルは従来モデルに比べ、深く窪んだデザインとなっている。

インテリアは、「キャナデル・パネリング」と呼ばれるU字ウッドパネルが、キャビン全体を包み込むようなデザインを採用。天井には「ゴースト」等にも採用されている「スターライト ヘッドライナー」が施され、レイスでは1,340個のランプがルーフに星空を演出する。

サスペンションは、ボディロールを抑えたチューニングが施され、高速コーナリング時には重めに、低速コーナリング時にはやや軽めに、ステアリングフィールをフィードバックする調整している。

さらにGPSを介して目的地の地形データを取得し、ドライバーの運転スタイルから、最適のギアを予測するとともに、事前に自動設定する「サテライト・エイデッド・トランスミッション」を初採用している。

「レイス」の欧州価格は245,000ユーロ(約3000万)で、納車時期は2013年の第4四半期を予定している。

ロールス・ロイス レイスロールス・ロイス レイスロールス・ロイス レイスロールス・ロイス レイスロールス・ロイス レイス
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

ロールスロイスの最新自動車ニュース/記事

ロールスロイスのカタログ情報 ロールスロイスの中古車検索 ロールスロイスの記事一覧 ロールスロイスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる