ミツオカの新型車バディのベース車がRAV4のワケとは!? 開発者に直撃

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
ミツオカ史上初のSUVモデルとなったバディ。そのベース車に選ばれたのは、2019年に登場し大ヒット中のトヨタ RAV4だ。世界的に大流行中のSUV、しかも今やもっとも世界で売れているとも言われるRAV4をベース車に選んだワケとは? 開発者に直撃してみた。

>>真四角ボディに注目! 超カッコいいバディの全貌がコレ

目次[開く][閉じる]
  1. イメージ一新! アメリカンテイストがキモ
  2. 決め手はRAV4のカクカクボディ
  3. ミツオカ史上最大の注目度! 最速納車は6月

イメージ一新! アメリカンテイストがキモ

本題に入る前にミツオカについておさらい。

ミツオカといえば現代のクルマをクラシカルに変身させる、個性的なクルマを数多く生み出してきたメーカーであるのはご存知の通り。言うなれば、中身は最新なのに見た目はクラシックというイメージだ。

ところが、これまでのイメージを一新するほど“誰が見てもカッコいい”と思えるロックスターを2018年に投入。このクルマのキモはアメリカンテイストを取り入れたことで、既存のミツオカファンのみならず、新たな顧客を開拓した歴史的なモデルであった。

限定モデルであったため即刻完売し、今なお中古車市場ではビックリするほど高値で取引されているという。

>>ミツオカを変えたロックスターに注目! 歴代ミツオカ車を一気見

今回デビューしたバディは、いわばアメリカンテイスト作戦の第二弾モデル。しかも限定発売ではなく、カタログモデルとしてラインアップするという本気っぷりだ。

今後のビジョンとしては、もちろん今までのクラシカルデザインも継続しつつ、アメリカンデザインも併せて! というイメージである。

決め手はRAV4のカクカクボディ

前置きが長くなってしまったが、いよいよ本題。前述の通り、ミツオカがSUVを手がけるのは今回が初。これまで何度もSUVモデルの製品化を考えていたものの、“らしさ”を表現できるデザインを実現できるようなクルマがなかったというのがSUVの投入が遅れた理由のひとつだ。

開発責任者を務めた渡部 稔執行役員に直撃すると、その答えはRAV4の“直線的なデザイン”にあるという。

今回のバディは1970〜80年代の角ばったSUVをモチーフにしており、丸っこいデザインのクルマをベース車にしてしまっては、あの世界観は実現できない。となるとベース車もある程度カクカクしているRAV4を! となったのだ。

たしかにRAV4は昨今のSUVにしては角ばったデザインで、バディのようなカクカクデザインを落とし込むにはピッタリだったというワケ。

>>これが本当に同じクルマ!? 全く違うRAV4とバディを画像で見比べ

ミツオカ史上最大の注目度! 最速納車は6月

ちなみにバディの反響は、ミツオカ史上最大だという。2020年11月26日に発表する前に9月、そして10月と2度に渡ってティザー広告を打ってきたのだが、ロックスターの3倍、さらに2014年に限定1台と超貴重なエヴァンゲリオン オロチを発表した際の2倍の問い合わせ数だそうだ。

もっと言うと、バディのティザー広告をスタートした際はサーバーがダウンしてしまうほどの注目度だという。

納車時期は最速で2021年6月なのだが、これだけの注目度ならば、かなり待つこととなってしまうのは少々残念なところ。バディは他のミツオカモデル同様に、職人の手作業で作られるため年間生産台数は150台と決して多くない。それだけに、欲しい人はいち早くディーラーへ!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

光岡自動車の最新自動車ニュース/記事

光岡自動車のカタログ情報 光岡自動車の中古車検索 光岡自動車の記事一覧 光岡自動車のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる