三菱 eKアクティブ 試乗レポート

  • 筆者: 松下 宏
  • カメラマン:難波賢二
三菱 eKアクティブ 試乗レポート
画像ギャラリーはこちら

渦中の三菱が出した再建への第一歩「eKアクティブ」

リコール問題で揺れる三菱自動車だが、改めてユーザーの信頼を回復するにはいいクルマを出し続けていくしかない。そんな中で登場してきたeKアクティブは、テレビCMを流せば反省が足りないなどと言われる状況で、周囲の環境はまだ十分には整っていないが、再建のためにはクルマを出さないわけにはいかない。eKワゴンに始まるeKシリーズの中で、eKスポーツ、eKクラッシィに次ぐ4番目のモデルとして登場したeKアクティブは、やや高めのロードクリアランスを確保することで、SUV感覚のモデルに仕上げた1台だ。外観デザインもボディ下部をツートーンに塗り分けることで、SUV的な感覚を表現している。搭載エンジンは3気筒12バルブSOHCの自然吸気仕様とターボ仕様の2機種。駆動方式はFFと4WDが用意されているが、トランスミッションは全車とも4速ATのみの設定で、比較的シンプルなバリエーションとなる。グレードはスペシャルカラーが用意されるので、全部で8グレードの構成となる。

SUV感覚が際立つデザイン

最初に発売されたeKワゴンがシンプルな感じの外観デザインを採用していたのに対し、eKスポーツはエアロパーツを装着し、eKクラッシィはクラシカルな外観で差別化をはかってきたが、今回のeKアクティブもツートーン塗装やルーフレールの設定によって、SUV感覚が際立つ外観デザインに仕上げている。アンダーカバーをイメージしたバンパー下部のパネルなども、そうしたデザインテイストを強調したものだ。全体に力強い感じの外観デザインに仕上げてられた。メーターをインパネのセンターに配置したインテリアデザインは、eKシリーズに共通のものだが、スピードメーターがデジタル式となり、大きなタコメーターを設定するなど、ややスポーティなの正面の位置に証明付きのeKアクティブのロゴが用意されるなど、遊び心を感じさせる部分もある。室内の各部にさまざまな収納スペースが確保されているのもeKシリーズに共通のポイントとなる。

エンジンは余裕十分。最低地上高を生かし、荒れた路面もOK。

ターボ仕様のエンジンは、eKスポーツに搭載されていたのと同じもの。三菱ではかつて、ダンガンに5バルブのDOHCエンジンを搭載していたが、eKシリーズのターボは比較的平凡なSOHCターボ。ただ、パワーは軽自動車の上限である64ps(47kw)に達しており、実際に走らせると余裕十分という印象だ。低速域でのトルクはそれなりに確保されているし、エンジンを回したときのパワーの伸びもまずまず。高回転域まで回して楽しむタイプのエンジンではないが、中低速域から高速まで気持の良いパワーフィールが味わえる。4速ATとのマッチングも上々で、ショックの少ない滑らかな走りが可能だ。SUV感覚のモデルということで、165mmというやや高めの最低地上高のため、コーナーではロール感を感じるが、アイポイントが高い割には不安感の少ない走りが可能。操縦安定性のレベルも高い。最低地上高を生かして荒れた路面などにも入りやすいのが魅力となる。

三菱を取り巻く環境は厳しいが、デキは決して悪くない。

三菱自動車を取り巻く環境はまだまだ厳しい状態で、一般のユーザーが積極的に三菱車を買おうとする例は少ない状態だが、このeKアクティブのデキは決して悪くない。やや高めのシート高となる分だけ乗降性にも優れるし、高めのアイポイントが開けた視界を約束してくれるので運転がしやすい。軽自動車のボディなので最小回転半径が4.6mと小さいことも運転のしやすさにつながっている。ちょっと個性的なSUV感覚の軽自動車としてお勧めできるクルマである。ただ価格設定はかつてのeKワゴンが割安感を訴求していたのに比べるとやや高めの印象だ。ターボの4WD車では150万円近い価格だから、セカンドカー、サードカー的な使い方ではなく、ファーストカーとして乗るユーザー向きのクルマだろう。最低地上高が確保されているので、ときどきは路外にまで出るような、釣りなどのアウトドアレジャーを楽しむユーザーにも、お勧めできるクルマである。

この記事の画像ギャラリーはこちら
松下 宏
筆者松下 宏

自動車そのものはもとよりクルマに関連する経済的な話題に詳しい自動車評論家。新車、中古車を含めてユーザーサイドに立った的確な購入アドバイスを語ることで定評がある。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

三菱 eKアクティブの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKアクティブのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKアクティブの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKアクティブの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKアクティブのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事