MOTAトップ 記事・レポート 特集 フォトギャラリー 多くのメーカーがベンチマークするメルセデス・ベンツ 新型Aクラスの魅力を写真でチェック!

フォトギャラリー 2019/7/21 09:00

多くのメーカーがベンチマークするメルセデス・ベンツ 新型Aクラスの魅力を写真でチェック!

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス A200d試乗
メルセデス・ベンツ 新型Aクラス A200d試乗メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラス画像ギャラリーはこちら

世界が注目するプレミアムハッチバックの魅力を再確認する

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス

日本では高級輸入車の代名詞であるメルセデス・ベンツ。同社のエントリーモデルであるAクラスの4代目となる新型が発売されておよそ半年が経過した。去る2019年3月にはクリーンディーゼルエンジンを搭載した「A 200 d」が追加され、さらに注目を集めている。

世界のクルマ業界をリードし続けるメルセデス・ベンツのエントリーモデルである新型Aクラスは、いったいどのような魅力を持っているのか、今一度これまでの取材で得た情報や写真をもとに再確認してみよう。

>>シンプルで先進的な新型メルセデス・ベンツAクラスの画像をもっと見る【全130枚】

クルマが本当の相棒になるMBUXとは

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス

新型Aクラスの目玉機能と言えば、MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)だ。“Hi Mercedes(ハイ、メルセデス)”と話しかけることでさまざまな機能が操作でき、目的地の天気やちょっとした日常会話までできてしまう。アップル端末のSiri(シリ)やグーグルアシスタントなど、AIを活用した音声認識サービスが一般的になりつつある中、これからクルマもスマホ化していくのかと感じさせられる。

MBUXがこれまでのナビに行ってきた音声操作と大きく違うところは、AIによってユーザーの習慣や癖を学習するということ。それによって、より会話がスムーズになるだけでなく、ユーザーのルーティーンを学習し、オススメとしてレコメンドしてくれる。

クルマはただ目的地まで移動するための道具ではなく、長く付き合っていくことで、本当の相棒になることができる時代がすぐそこまで来ているのかもしれない。

“キビキビ”か? “しっとり”か? 選べる2つのパワーユニット

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス A200d
メルセデス・ベンツ 新型Aクラス A180

新型Aクラスではガソリンとディーゼル、2種類のエンジンを選ぶことが可能だ。

2018年10月の販売開始時からラインナップされる、1.4リッターターボのガソリンエンジンは、1.4リッターという排気量を見ると「やや非力なのでは」という不安を抱くかもしれない。しかし、組み合わされる7速DCTの仕上がりが良いことも手伝って、常用速度域でのパワー不足に感じることはなく、元気よくキビキビした印象だ。

また、多くの方が気になっている燃費性能も優秀で、永田 恵一氏が行った燃費テストでは、カタログ値以上の数値をたたき出している。

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス A200d試乗

そして、2019年3月に導入されたディーゼルエンジンは、今どきの最新ディーゼルエンジンらしく、アイドリング時の音は静かで、ディーゼルらしい振動も極めて少ない。もちろん環境性能にも抜かりはなく、2020年に欧州で施行されるEURO6d規制をすでにクリアしている。また、ディーゼルエンジンに組み合わされるメルセデス・ベンツ初の8速DCTが、スムーズな加速と燃費性能に大きく貢献しているのは間違いない。

ガソリンモデルに比べ約13kg車両重量が重くなっているが、ばね上の重量が増えたことで、よりしっとりとした乗り心地になっている点にも注目だ。

シンプルになりつつも性能と使い勝手が向上

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラス

4代目となる新型Aクラスのスタイリングは、3代目のスタイリングを踏襲するスポーツハッチバックとなるが、先代よりもよりシャープで洗練された印象を受ける。見た目の印象に大きく影響を及ぼしているのは、やはりツリ目がちなヘッドライトと裾が広がった台形のフロントグリル。CLSから採用されるこのデザインは、メルセデス・ベンツの新しいデザインコンセプトに沿ったものとなっている。

そして、このエクステリアデザインは、ただ見た目だけが進化しているのではなく、燃費に大きく影響するCd値は0.25に抑えられている点も注目だ。

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラス

インテリアで目を引くのは、メルセデス・ベンツではすっかりお馴染みとなる、TFTスクリーンを2枚並べたデジタルコクピット。タービンを模したエアコンルーバーやヘッドアップディスプレイなどが、さらに近未来感のあるすっきりとした室内空間を演出している。

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラス

さらに、先代よりも29リットル拡大され、370リッター(通常時)となったラゲッジルーム。開口部が広がり使い勝手が向上したテールゲートなど、見た目とともに実用域の性能が大きく進化している辺りは、さすがメルセデス・ベンツと言えるポイントだろう。

[筆者:増田 真吾]

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス

メルセデス・ベンツ 新型Aクラス 主要スペック
A200dA180 Style(AMGライン装着車)
メーカー希望小売価格(消費税込)399万円369万円
全長4420mm4440mm
全幅1800mm
全高1420mm
ホイールベース2730mm
乗車定員5名
車両重量(車重)1470kg
エンジン種類DOHC 直列4気筒 ターボチャージャー付ディーゼルDOHC 直列4気筒 ターボチャージャー付
駆動方式FF
排気量1949cc1331cc
エンジン最高出力110kW(150PS)/3400-4400rpm100kW(136PS)/5500rpm
エンジン最大トルク320N・m(32.6kg・m)/1400~3200rpm200N・m(20.4kg・m)/1460~4000rpm
トランスミッション8速AT(8G-DCT)7速AT(7G-DCT)
燃料軽油無鉛プレミアムガソリン
筆者: 増田 真吾

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Aクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR