マツダ CX-5の売れ筋はやはりディーゼル! 人気のパワートレーン、駆動方式と狙い目を解説

画像ギャラリーはこちら
2021年11月8日に改良が施されたマツダ CX-5。街中にも映えるクーペ風のSUVとして人気を博しているが、今回の改良ではアウトドアニーズに応えた「フィールドジャーニー」やスポーティなデザインに仕上げた「スポーツアピアランス」など個性的なグレードも用意してそれぞれキャラクターの個性を際立たせている。そんな2代目CX-5で人気のカラーやパワートレーンを紹介しながら、狙い目を考えてみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. マツダ CX-5といえばやっぱりディーゼル! パワートレーンは王道が人気だ
  2. 都市型SUVらしく2WDの人気が高いが4WDには一部グレードに新機能も設定
  3. マツダ車の乗り換えユーザーは定番色をあえて避ける傾向もみられる
  4. こだわりがなければ快適装備や運転支援機能もついたブラックトーンエディションがオススメだ

マツダ CX-5といえばやっぱりディーゼル! パワートレーンは王道が人気だ

まずはパワートレーンから。

マツダ CX-5のパワートレーンは2.0/2.5リッターのガソリンモデルと、2.2リッターのディーゼルモデルが用意され、ディーゼルには6速MT車も用意されるなど豊富なラインアップが特徴的だ。

マツダ CX-5は初代からディーゼルモデルの人気が高く、「マツダといえばディーゼル」というイメージを強く持たせた旗艦車種でもある。

そんなディーゼルとガソリンの比率は2021年で67:33。やはりディーゼルの方が人気が高いようだ。

ディーゼル車は他社では選択肢が少なくなっていることもあり、ディーゼルを求めるユーザーがマツダ CX-5を選択する一つの理由になっていそうだ。

一方、ガソリンの割合は2リッターが23%、2.5リッターが10%だという。20S プロアクティブと25S Lパッケージでは価格差29万1500円と決して小さくはない。こちらは価格差やパワーをそれほど必要としていない街乗りメインのユーザーなどが2リッターを選択しているのだろう。

都市型SUVらしく2WDの人気が高いが4WDには一部グレードに新機能も設定

次に駆動方式だ。マツダ CX-5は多くのグレードに2WDと4WDの2種類が設定されているが、こちらは2021年で2WDが68%、4WDが32%だった。

洗練された都会的なデザインであることから、SUVといえどもアウトドアシーンでの使用はあまり想定されていないだろう。現在では上級グレードになるにつれて、4WDが選ばれる傾向にあるという。

しかし、今回の改良によって「フィールドジャーニー」という新たな世界観が生まれ、走行モードセレクト「Mi-Drive」にはフィールドジャーニー専用の「オフロードモード」を用意している。

これは従来4WD車に用意されていた「オフロード・トラクション・アシスト」の発展版といえるもので、低速域におけるスタックからの脱出を想定していた“トラクションアシスト”に対し、オフロードモードでは高速域まで含めた4WDのトラクション向上、Gベクタリングコントロールのオフロード制御、駆動力を最大化するトラクションコントロール制御、急な登りの坂道発進では発進トルクを増やすためにアイドリング回転を上げる制御など中身には大きな違いがある。

フィールドジャーニーがアウトドアユーザーに受け入れられれば、4WDの比率もさらに高まりそうだ。

マツダ車の乗り換えユーザーは定番色をあえて避ける傾向もみられる

では、次にどういったユーザーが乗り換えを検討しているのか紹介したい。

最も多いのは初代CX-5に乗っていたユーザーだ。乗り換えユーザーは半分程度で、他社では国産に限らず輸入車ユーザーからも選ばれる傾向にある。

また、乗り換えにあたって面白い結果となっているのがボディカラーだ。マツダといえばソウルレッドクリスタルメタリックが印象的だが、人気であることから駐車場などで自車を見分けるためにもあえて違う色を選ぶ人が増えているという。そのため、現在はスノーフレークホワイトパールマイカが人気色となっている。

一部改良ではアウトドアシーンにも映える新色のジルコンサンドメタリックも用意されており、今後人気色の動向も変わっていきそうだ。

こだわりがなければ快適装備や運転支援機能もついたブラックトーンエディションがオススメだ

今回、キャラクターを明確に分けてグレード整理がなされたことで、マツダ CX-5の購入を検討する人も選びやすくなったのではないかと思う。

もちろん、新設定のフィールドジャーニーやスポーツアピアランスはそれぞれの世界観が気に入れば選択肢に入ってくるだろう。

しかし特にこだわりがないという人には、例えば街乗りメインで予算300万円程度を想定すると、ブラックトーンエディションをオススメしたい。運転支援機能の一つである「クルージング&トラフィックサポート」やワイヤレス充電、ハンズフリー機能付きパワーリフトゲート、BOSEサウンドシステムなど車内の快適装備がついて304万1500円~とお買い得モデルになっている。

パワートレーンは長距離運転が多いならディーゼル、街乗り走行が多いならガソリンなど使い方によって選ぶポイントとなる。ディーゼルモデルがおおよそ30万円ほど高いため、予算との勝負になりそうだ。

また、駆動方式の違いについても日常使いが多い人なら2WDで十分と思うかもしれないが、フィールドジャーニーに追加された「オフロードモード」は試してみて欲しい。スタックしそうな場面でも回転数を変化させ脱出しやすい状況にできるなどメリットが多数ある。

またマツダ CX-5は今回の一部改良で乗り心地がさらに改善され、道路の凹凸を吸収して柔らかい乗り味になっている。購入を検討している人にはぜひディーラーで試乗してみて違いを感じてほしい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
63.8万円404.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 つつじ亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる