シート、ラゲッジ、装備に大きな違いが! 3代目から独立したレクサス RX VS トヨタ ハリアーの内装徹底比較

画像ギャラリーはこちら
1997年に登場し、主に北米で大躍進したプレミアム&ラグジュアリークロスオーバーSUVのレクサスRXは、当時、レクサスの展開がなかった日本でハリアーとして販売されていたモデルだ。

今では日本でも人気の高いレクサスRXは、日本では3代目からRXとして独立したモデルになる。ゆえにハリアーとは強い縁を持つクルマにあたると言っていいだろう。今回は現行のRXとハリアーについてシート、ラゲッジ、装備、そして価格面を比較してみよう。

目次[開く][閉じる]
  1. ボディサイズはRXの方が広く、室内も広々としている
  2. RXは3列シートが、ハリアーにはパノラマルーフが用意される
  3. インテリアの装備にはRX、ハリアーに大きな差はない
  4. 後席の居住性はRXもハリアーも国産SUVとして最上位!
  5. 荷室のゆとりや使い勝手ではRXがリードする
  6. 価格はガソリン車で約220万円、HVで280万円もの差が!
  7. RXと直接比較しなければハリアーは十分満足できる仕上がりだ

ボディサイズはRXの方が広く、室内も広々としている

レクサスRXの現行モデルは2015年に4代目として登場。そして現行型の4代目ハリアーは、2020年6月にデビューし1年が経過したばかり。RAV4、北米向けハイランダーに続く、トヨタ最新のGA-Kプラットフォームを使う都会派クロスオーバーモデルである。

どちらも泥臭さ皆無の都会派ラグジュアリーSUVであるところが共通点。何しろハリアーは「トヨタの上級サルーンに匹敵する乗り心地と車内の静粛性を追求した」というのが自慢だ。

ここでは、その2台の内装を対決させてみた。ちなみに両車のボディサイズ、室内サイズは、ハリアーが全長4740mm×全幅1855mm×全高1660mm。ホイールベース2690mm。室内長1880mm×室内幅1520mm×室内高1215mmである。

一方、RX(の2列シートモデル)は全長4890mm×全幅1895mm×全高1710mm。ホイールベース2790mm。室内長2095mm×室内幅1590mm×室内高1200mm。

RXは3列シートが、ハリアーにはパノラマルーフが用意される

また、RXにはハリアーにない3列シートモデルがあるのも大きな特徴となる。

一方、ハリアーはシェード付き調光パノラマルーフの装備が目玉。通常は、ダークガラスのように遮光してくれるのだが、ボイスコントロールで「空が見たい」と発声すれば、瞬時に調光機能が働き、空が透けて見えるガラスルーフに変身するのだから素晴らしい。

なんでも、建材用の調光ガラスにヒントを得たそうで、新型ハリアーの先進性を強く実感させてくれる装備と言っていい。Zグレードにのみ19万8000円!! のオプションとなるが、ぜひとも検討すべきアイテムではないだろうか。なお、RXにはムーンルーフ、パノラマルーフ (チルト&アウタースライド式)+ルーフレールのオプションがある。

インテリアの装備にはRX、ハリアーに大きな差はない

さて、両車のインテリアだが、インパネのレイアウトは大きく違わない。メーターは2眼式で、中央に12.3インチのワイドモニターが用意されているのも同じである。

最新のハリアーはインテリアも高級感たっぷりで、インパネ全体をソフトパッドが覆い、ステッチが張り巡らされている。運転席と助手席の間には巨大なセンターコンソールが鎮座し、サテンメッキの加飾が高級感を高めている。

後席の居住性はRXもハリアーも国産SUVとして最上位!

ただし、インテリア全体のプレミアム感、さらなる高級感という意味では、なるほど、RXが圧倒する(価格も大きく違うのだから当たり前だが)。それはインパネ表皮や加飾の質感に始まり、カラーリング、シートデザインなどに及ぶ。

インテリアの走りのアイテムであるドライブモードセレクトスイッチも大きく違い、RXは渋い光を放つダイヤル式、ハリアーは一般的な小さなスイッチとなるのである。とはいえ、ハリアーもシートのパイピング加工など、歴代最上のこだわりと上質感を演出している。

後席の居住性、居住感は両車ともにこのクラスの国産SUVとして最上位にあると断言できる。ラグジュアリーな世界に身を置くことができるのだ。

荷室のゆとりや使い勝手ではRXがリードする

荷室の寸法はどうか。RXの2列シートモデルは奥行き1000mm、幅1200mm、高さ700mm(3列シートモデルの奥行は400mm)。

ハリアーは奥行き980mm、幅980mm、高さ705mmと、ゴルフバッグやベビーカー、ドッグカートなどの、効率的な横積み積載性で威力を発揮する幅方向では、さすがに全幅にも余裕があるRXが一歩リードする。

しかも、荷室の使い勝手面で見落としがちな、後席の分割方式については、ハリアーが6:4のところ、RXは輸入車にも多く見られる4:2:4分割方式を採用。

後席左右を使った4人乗車でも長尺物を荷室~キャビンにスルーして積載できるほか、荷室に大型犬などのペットを乗せた際のエアコンの風通し性、ペットとのアイコンタクトのしやすさなどのメリットがもたらされるのである。

価格はガソリン車で約220万円、HVで280万円もの差が!

なお、価格はRXの2リッター直4ガソリンターボエンジンモデルが524万円~、3.5リッターV6+モーターのHVモデルが638万円~。

一方、2リッター直4ガソリンエンジン(NA)のハリアーが299万円~、2.5リッター直4+モーターのHVモデルが358万円~と、パワーユニットの違いもあって、その差はガソリン車で約220万円、HVで280万円もある。

もちろん、パワーユニットだけでなく、装備、仕立て、サービスの違いこそ、国産高級車最上級に位置づけられるレクサスであり、納得できる人には納得できるポイントとなる。

RXと直接比較しなければハリアーは十分満足できる仕上がりだ

とはいえ、デビュー年次の新しさから、ハリアーの先進性、トヨタのクロスオーバーSUVの最上位となる「トヨタの上級サルーンに匹敵する乗り心地と車内の静粛性を追求した」魅力は、RXと直接比較しない限り、大きな満足感を与えてくれるはずである。価格差を、ドライブ旅行や旅先のグルメに使う、そんな考え方、お金の使い道として盛り上がるのも悪くない。

ちなみに個人的なハリアーのベストグレードは、ロードノイズの小ささと乗り心地を両立した、「トヨタの上級サルーンに匹敵する乗り心地と車内の静粛性を追求した」という開発コンセプトの実現度の高さで圧倒する、19インチタイヤを履くHV Zの4WD、474万円である。それでもRXのHVモデルとは、164万円~の差があるのだ。

【筆者:青山尚暉】

レクサス/RX
レクサス RXカタログを見る
新車価格:
524万円877万円
中古価格:
105万円970.2万円
トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
42万円597.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス RXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス RXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス RXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス RXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス RXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる