ランドローバー 新型ディスカバリー(5代目)試乗レポート|ボクたちの”ディスコ”が大胆にイメチェンした!(2/2)

  • 筆者: 山田 弘樹
  • カメラマン:小林岳夫/ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社
ランドローバー 新型ディスカバリー(5代目)試乗レポート|ボクたちの”ディスコ”が大胆にイメチェンした!
ランドローバー 新型ディスカバリー ファーストエディション ランドローバー 新型ディスカバリー ファーストエディション ランドローバー 新型ディスカバリー HSE ランドローバー 新型ディスカバリー HSE 画像ギャラリーはこちら

オフロードのタフネスぶりは、オンロードでは洗練された乗りやすさに

またディスカバリー自身も、たっぷりとしたストロークを持つサスペンションに仕込まれたエアサス、そしてこれを支えるダブルウィッシュボーン/インテグラルリンクのサスペンションが、柔軟に路面を捕らえてくれる。その85%がアルミ製となったモノコックボディは悪路での身のこなしにすら軽やかさを与え、剛性の不足も特に感じさせない。

そしてこれを、ボディの四隅まで見渡せる伝統のコマンドポジションで操ると、いつの間にか悪路での走りがアドベンチャーに変わっているのがわかる。

>>新型ディスカバリーの写真を見る(画像99枚)

ランドローバー 新型ディスカバリー HSE ディーゼル

そしてこうした厳しい環境下でのタフネスぶりは、オンロードでは洗練された乗りやすさへとそっくり置き換えることができた。操舵に対する反応は緩慢過ぎずジャストタイミングで、そのロールもボディの大きさや重さを感じさせないほどよさだ。

オフロード走行では21インチのオールシーズンタイヤがバネ下で若干重く、ステアリングにゴトゴトと無粋な振動を細かく伝える場面もあったが、オンロードでは20インチを履いていたこともあり、エアサスがまるっとその入力を飲み込んでくれた。総じてレンジローバーほどの老獪さはないが、適度に若々しく、かつ高級感のある走りを新型ディスカバリーは披露してくれた。

ディーゼルエンジンは極めて静粛性が高い

ランドローバー 新型ディスカバリー HSE ラグジュアリー(ガソリン)

ガソリン/ディーゼル共にエンジンは同じV型6気筒3リッターだが、ガソリン仕様は回したときの爽快感があり、ディーゼル仕様はV型らしい鼓動感が楽しめる。どちらも低中速トルクの粘りや、アクセルに対する高い追従性を備えているが、洗練されたシャシーに対するアクセントを求めるならディーゼルユニットの方が趣味性がある。

高速巡航でぶっ飛ばすなら340psを発揮するスーパーチャージャーの自然吸気ガソリンエンジン的な伸び感も捨てがたいが、時代的にも600Nmのトルクを使い、8速ATでショートシフトしながら速度を乗せるディーゼルの方が静かでお洒落か。そう、このディーゼルはユニット自体の静粛性が高く、かつ車体側の遮音性も行き届いているために、極めて静かなのだ。そしていざとなれば、ブロロッ!と勇ましい声を上げて退屈を吹き飛ばしてくれる。

三列目シートでもレッグスペースは余裕の851mmを確保

ランドローバー 新型ディスカバリー HSE ディーゼル
ランドローバー 新型ディスカバリー

ボクは快適とは言えない三列目シートの反対派だが(だったらトランクスペースが広い方がよい)、さすがにこのサイズになると三列目でもレッグスペースを851mm(二列目は954mm)も確保でき、グラスエリアこそ少ないが、大人でも普通に座ることができる。

また三列目シートを出した状態で258リットルのラゲッジスペースは、最大で2406リットルまで拡大でき、テールゲートもハンズフリーで開閉が可能。乗降時にはオートマチック・アクセスハイトが、その車高を低くしてくれる。

そういう意味で5代目ディスカバリーは、屈強なクロカン4WDからモダンなマルチパーパスSUVへと生まれ変わった。だからこそ、かつてのファンが首をかしげるモダンなデザインを、敢えて投入したのだろう。

ランドローバー 新型ディスカバリー HSE ラグジュアリー
ランドローバー 新型ディスカバリーとモータージャーナリストの山田弘樹さん

ただそこには生真面目にも従来のオフロード性能が高純度でキャリーオーバーされているから、頭に“スーパー”という文字を付け加えてもよいとボクは思う。スーパーマルチパーパスSUVである。

たしかに一番安価なガソリンモデルのHSEで779万円、一番高いディーゼルのHSE LUXURYで901万円、実質1000万円オーバーのファミリーカーというオチに気持ちが少し萎える。しかしこれがボルボ XC90のライバルだと考えれば、意外や性能の割にバリューは高いとも思える。

そうは言ってもボクら庶民には、やっぱり新生ディスカバリーは高値の華。だとしたらランドローバーも、本格的なセンターデフを持つもう1サイズ小さい、例えばボルボでいうXC60クラスのモデルが出てくれればよいのにね。というわけで筋書き的には、レンジローバー イヴォークとレンジローバー スポーツの中間にあたる「ヴェラール」が、間もなく登場することになるのだろう。

ランドローバー ディスカバリー主要諸元(スペック)

■HSE (ディーゼルモデル)

全長x全幅x全高:4970x2000x1890mm(パノラミックルーフ有は全高1895mm)/ホイールベース:2925mm/車両重量:2380kg/乗車定員:5名/7名/駆動方式:フルタイム4WD/エンジン種類:水冷V型6気筒ターボチャージドディーゼル/総排気量:2992cc/最高出力:258ps(190kW)/3750rpm/最大トルク:600Nm(61.2kg・m)/1750-2250rpm/トランスミッション:8速オートマチック/燃料消費率:11.6km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:255/55R20/車両本体価格:799万円[消費税込み]

■HSE LUXURY(ガソリンモデル)

全長x全幅x全高:4970x2000x1890mm(パノラミックルーフ有は全高1895mm)/ホイールベース:2925mm/車両重量:2360kg/乗車定員:5名/7名/駆動方式:フルタイム4WD/エンジン種類:水冷V型6気筒DOHCスーパーチャージド/総排気量:2994cc/最高出力:340ps(250kW)/6500rpm/最大トルク:450Nm(45.9kg・m)/3500-5000rpm/トランスミッション:8速オートマチック/燃料消費率:8.5km/L[JC08モード燃費]/タイヤサイズ:255/55R20/車両本体価格:881万円[消費税込み]

ランドローバー 新型ディスカバリー HSE ディーゼルランドローバー 新型ディスカバリー HSE ディーゼルランドローバー 新型ディスカバリー HSE ディーゼルランドローバー 新型ディスカバリー HSE ラグジュアリーランドローバー 新型ディスカバリー HSE ディーゼル
前へ 1 2

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ランドローバー ディスカバリーの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー ディスカバリーのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー ディスカバリーの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー ディスカバリーの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー ディスカバリーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる