【写真で解説】新型ディフェンダーのサイド・リアデザインは旧型を継承? 軍用車ルックな旧型との共通点とは

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
イギリスのランドローバー ディフェンダーは、高い走破能力と耐久性を有するランドローバーの象徴的なモデルです。メルセデス・ベンツ Gクラスのように軍用車のような無骨デザインだった旧型から一転、フルモデルチェンジによりアイコン的な要素はそのままに洗練されたデザインとなりました。

今回はそんなディフェンダーのサイド・リアビューにフォーカス! 旧型との共通点なども探りながら、新型ディフェンダーの特徴を見ていきましょう。

>>【写真10枚で解説】新旧の違いはどこ!? サイド・リアビューなど新旧ディフェンダーの内外装を見る!

個性を際立たせるサイド・リアビューにフォーカス

実質72年ぶりのフルモデルチェンジとなったイギリスのランドローバー ディフェンダー。1948年にデビューしたランドローバー シリーズ1の系譜で、2016年に生産が終するまでほとんど大きな変更もないまま販売され続けていたモデルです。

旧型では、悪路の走破に向いた強靭なラダーフレームを採用し、実用性を重視したソリッドボディをのせた本格クロカンでした。

新型ではフルモノコックボディとなり、横転したとしても安心の強靭なボディを獲得。これ以外にも様々な進化を遂げた新型ディフェンダーですが、新旧ディフェンダーのサイド・リアビューには様々な共通点が見られます。あわせて進化のポイントも紹介していきましょう。

サイドビュー

旧型のボディタイプは、ホイールベース長の違いで90・110・130の3種類を展開されていました。数字の小さな90がショートホイールベース、130がロングホイールベース、110がその中間です。

新型のボディタイプはショートホイールベースの90とロングホイールベースの110の2種類となりました。90は5人乗り、110はオプションで3列目のシートを装着可能で5+2人乗りです。

フルモデルチェンジによって新旧で大きくサイドビューの印象は変わりましたが、旧型から継承された部分もいくつか見られます。角ばったプロポーションやオフロード走行性能の高さを感じさせる短い前後のオーバーハング、ゆとりのある最低地上高、直立したリアシェイプ、水平基調を意識したベルトライン(サイドウインドウ下端部を横方向に走るライン)などは、新旧ディフェンダーの共通点でしょう。旧型の特徴であったリア側の横に長いウインドウや、むき出しのドアヒンジなどは受け継がれませんでしたね。

新型では旧型が持つ特徴的なシルエットを意識しながら、丸みを帯びたルーフやブラックアウトされたフローティングピラーなどをデザインに取り入れられました。

リアビュー

旧型は四角いシルエットのキャビンや縦方向に伸びた窓、丸型のリアコンビランプを装備。フルサイズのスペアホイールを携え、力強いリアビューとなっています。テールゲートは重量のあるフルサイズスペアホイールを備える関係で横開きとなっています。

新型にも四角いシルエットのキャビン、小ぶりなテールライトやフォグランプなど共通点も見られます。センターハイマウントストップランプも標準装備。オプションでスペアホイールカバーも用意されています。

悪路をガンガン走れる屈強なSUVでありながら、都会的なボディデザインの1台を求めるなら、新型ディフェンダーは検討対象になるのではないでしょうか。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

ランドローバー/ディフェンダー
ランドローバー ディフェンダーカタログを見る
新車価格:
489万円870万円
中古価格:
443.7万円1,104万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ランドローバー ディフェンダーの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー ディフェンダーのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー ディフェンダーの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー ディフェンダーの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー ディフェンダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる