【2024年】車中泊用のカーテンおすすめ10選! 100均グッズなどで自作する方法も合わせて解説

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

近年、車中泊は旅のスタイルとして注目を集めています。

しかし、快適な睡眠を確保するためには、適切なカーテン選びが重要です。

本記事では、車中泊用カーテンのメリットや注意点から、軽自動車・ミニバンにおすすめの商品、自作のメリットや方法までご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 車中泊用のカーテンとは?
  2. 車中泊用カーテンのメリット・効果
  3. 車中泊用カーテンのデメリット・注意点
  4. 車中泊用カーテンの選び方
  5. 軽自動車向け車中泊用カーテンのおすすめ商品5選
  6. ミニバン向け車中泊用カーテンのおすすめ商品5選
  7. 車中泊用カーテンを自作するメリット
  8. 車中泊用カーテンを100均グッズなどで自作する方法
  9. まとめ

車中泊用のカーテンとは?

車中泊用カーテンは、車中泊を快適にするために欠かせないアイテムです。目隠しと遮光機能で、プライバシーを守り、ぐっすり眠れる空間を作ります。

車中泊用カーテンとサンシェードの違いは?

車中泊カーテンに近い商品としてサンシェードという商品もあります。

サンシェードは窓枠にフィットして隙間風を防ぎ、断熱効果も期待できます。しかし、取り付けや取り外しが面倒で、収納スペースも必要です。

車中泊用カーテンは、開閉が簡単で収納も楽々。通気性の良いものもあります。ただし、レール設置が必要で、フロント用は種類が少ないのが難点です。

季節や場所に合わせて、サンシェードと車中泊用カーテンを併用するのもおすすめです。

車中泊用カーテンのメリット・効果

車中泊用カーテンのメリットは主に以下の3つです。

車中泊用カーテンのメリット

  • プライバシーをしっかり守る
  • ぐっすり眠れる
  • 快適な車内温度を保つ
  • 一つずつみていきましょう。

    プライバシーをしっかり守る

    車中泊用カーテンがあれば、外部からの視線を遮り、リラックスできるプライベート空間を作ることができます。特に、トランク側を隠せるリアカーテンは、荷物の盗難防止にも役立ちます。

    ぐっすり眠れる

    車中泊でぐっすり眠るには、遮光性の高い車中泊用カーテンがおすすめです。外からの光を遮断することで、朝日のまぶしさや街灯の光で目が覚めるのを防ぎます。

    快適な車内温度を保つ

    車中泊用カーテンには、断熱効果のあるものもあります。冬は暖かく、夏は涼しく、快適な車内温度を保つことができます。

    車中泊用カーテンのデメリット・注意点

    車中泊用カーテンは、快適な車中泊に欠かせないアイテムですが、注意点もいくつかあります。安全に車中泊を楽しむために、事前にしっかりと理解しておきましょう。

    車検は通る?

    車中泊用カーテンを取り付ける前に、車検に通るかどうか確認する必要があります。

    道路交通法第55条第2項(乗車または積載の方法)に抵触するような視野を妨げる状態で車を運転する行為を行わない限り、車検は問題なく通ります。しかし、以下の場合は車検に通らない可能性があるので注意が必要です。

    車検に通らない可能性があるシーン

  • カーテンレールが窓枠に触れて、障害物とみなされる場合
  • サンシェードを付けたままの状態で走行する場合
  • 前方や運転席、助手席横の窓に直接カーテンを貼り付けている場合
  • 車検に通るか不安な場合は、事前に車検場に確認することをおすすめします。

    運転席、助手席のカーテンを閉めての走行はNG

    運転席や助手席の窓にカーテンを閉めて走行することは、視野を妨げるため先に述べた道路交通法第55条第2項に抵触し、交通違反となります。違反した場合には反則金が課せられ、違反点数が減点されます。

    反則金や減点については各都道府県の規定により異なるため、詳細は各都道府県の警察公式サイトを参照してください。

    運転の妨げになるようなカーテンは開け、安全運転を心がけましょう。

    後席のカーテンは運転に支障がなければ閉めたままでもOK

    後部座席のカーテンは、運転に支障がなければ閉めたままでも問題ありません。

    ただし、後方の視界が遮られるなど、運転に支障が出る場合は開けるか取り外す必要があります。

    後部座席のカーテンを使用する場合は、安全運転に配慮しましょう。

    車中泊用カーテンの選び方

    車中泊用カーテンを選ぶポイントとしては、主に以下の3つが挙げられます。

    車中泊用カーテンの選び方

  • 窓ガラスのサイズに合わせて選ぶ
  • 取り付け方法で選ぶ
  • 機能性で選ぶ
  • 一つずつみていきましょう。

    窓ガラスのサイズに合わせて選ぶ

    車中泊用カーテンを選ぶ際には、窓のサイズを第一に考える必要があります。

    車の窓は車種によってサイズが異なるため、自分の車に合ったサイズのカーテンを選ぶことが重要です。

    車種専用カーテン

    特定の車種専用に作られたカーテンは、ぴったりフィットするので、取り付けが簡単で見た目もきれいに仕上がります。隙間風を防ぎ、遮光性や断熱性も高いものが多く、快適な車中泊を実現できます。

    軽自動車やミニバンなどの一般的な車種には、専用カーテンセットが豊富に販売されています。窓の形状やサイズにぴったり合うように設計されているので、迷うことなく選ぶことができます。

    汎用カーテン

    様々な窓サイズに対応できる伸縮性のあるカーテンも人気です。

    車種を選ばない汎用性がありますが、サイズ選びを間違えると隙間ができる、見た目が悪くなる可能性があります。

    汎用カーテンを選ぶ場合は、車の窓のサイズをしっかりと測り、適切なサイズのものを選ぶことが重要です。また、取り付け方法も確認しておきましょう。

    取り付け方法で選ぶ

    車中泊用カーテンを選ぶ際には、取り付け方法も重要なポイントです。

    それぞれメリットとデメリットがあり、使いやすさや車種によって最適な方法は異なります。

    代表的な取り付け方法とそれぞれの特徴を比較して、自分に合った方法を選びましょう。

    レールタイプ

    レールタイプの車中泊用カーテンは、窓枠に専用のレールを取り付けてカーテンをかけるタイプです。家庭用カーテンと同様に開閉が簡単で見た目もすっきりするのが特徴で、走行中のズレや落下も心配ありません。

    取り付ける際には、窓枠にレールを固定する必要がありますが、ドリルやネジ、強力な粘着テープを使用するタイプもあります。

    レールがきちんと固定されれば、カーテンの開閉がスムーズになり、車内のプライバシーもしっかりと守られるでしょう。

    マグネットタイプ

    マグネットタイプの車中泊用カーテンは、窓枠に沿わせてマグネットで固定するタイプのカーテンです。工具不要で取り付けが簡単なのが大きな特徴です。窓枠にぴったりとフィットするため、隙間風を防ぎ、断熱効果も期待できます。

    マグネットタイプの車中泊用カーテンのメリットは、取り外しが簡単である点です。必要なときにさっと取り外しできるため、日常的な使用にも便利です。

    また、マグネット自体が強力なため、走行中にカーテンがずれ落ちる心配もほとんどありません。

    マグネットタイプの車中泊用カーテンは、特に金属製の窓枠を持つ車に適しています。

    一方でプラスチック製や他の素材の窓枠の場合は、マグネットがうまく機能しないことがあるため、購入前に自分の車の窓枠の素材を確認しましょう。

    吸盤タイプ

    吸盤タイプの車中泊用カーテンは、窓ガラスに直接吸盤を張り付けて固定するタイプのカーテンです。工具不要で取り付けが非常に簡単なのが特徴で、吸盤を窓ガラスにしっかりと貼り付けることで、カーテンを固定できます。

    吸盤タイプの車中泊用カーテンの最大のメリットは、取り付け位置を自由に調整できる点です。窓のサイズや形状に合わせて吸盤の位置を変えられるため、どんな車種にも対応できます。窓ガラスに傷をつける心配もなく、取り外しも簡単です。

    ただし、使用している間に吸盤の吸着力が弱まることがあるため、定期的に吸盤の状態を確認し、必要に応じて清掃や交換を行いましょう。特に高温多湿の環境では吸盤が外れやすくなることがあるため、注意が必要です。

    機能性で選ぶ

    車中泊用カーテンを選ぶ際には、機能性も重要なポイントとなります。カーテンの機能性によって、車中泊の快適さが大きく変わることがあります。

    以下では、車中泊用カーテンにおける「遮光性」「紫外線対策」の2つの機能ついて解説します。

    遮光性

    車中泊において、カーテンの遮光性は快適な睡眠環境を左右する重要な要素です。

    光を遮断し、車内を暗くすることで、まるで自宅の寝室にいるような空間を作り出すことができます。

    遮光性の高い車中泊用カーテンは、ポリエステルや厚手の生地などで作られており、光を通さないように設計されています。

    車内を暗く保つだけでなく、外部からの視線も遮ることが可能です。プライバシーを守るためにも、遮光性の高い車中泊用カーテンは効果的です。

    遮光性の高い車中泊用カーテンを選ぶ際には、製品の遮光率を確認することが重要です。遮光率が高いほど光を遮る効果が高くなります。

    また、取り付けが簡単で、しっかりとフィットするデザインのカーテンを選ぶとよいでしょう。取り付けが不十分だと、光が漏れてしまい、遮光効果が減少することがあります。

    紫外線対策

    車中泊用カーテンを選ぶ際には、紫外線対策も重要なポイントです。

    紫外線は、肌に悪影響を与えるだけでなく、車の内装や荷物を劣化させる可能性もあります。そのため、紫外線を効果的に防げるカーテンを選ぶことが大切です。

    紫外線対策が施された車中泊用カーテンを選ぶ際には、製品の紫外線遮蔽率(UVカット率)を確認しましょう。UVカット率が高いほど紫外線を効果的に防ぐことができます。

    紫外線対策カーテンは、デザインや取り付け方法のバリエーションが豊富です。

    自分の車に合ったデザインや、取り付けが簡単で確実にフィットするタイプを選びましょう。

    特に長期間使用する場合や、頻繁にカーテンを取り外す必要がある場合には、使いやすさを重視するのがおすすめです。

    商品名画像商品URL

    車用カーテン 7902-05BK

    車用カーテン 7902-05BK

    楽らく2WAYカーテン Sサイズ

    楽らく2WAYカーテン Sサイズ

    車用カーテン ホンダ N-BOX用

    車用カーテン ホンダ N-BOX用

    09kc-h017-sa ダイハツ タント用

    09kc-h017-sa ダイハツ タント用

    マグネットタイプ CT98-BK

    マグネットタイプ CT98-BK

    楽らくマグネットカーテン Lサイズ Z87

    楽らくマグネットカーテン Lサイズ Z87

    車用カーテン 7902-06BK

    車用カーテン 7902-06BK

    車用カーテン 楽らくマグネット 防虫向けメッシュタイプ

    車用カーテン 楽らくマグネット 防虫向けメッシュタイプ

    トヨタ ノア・ヴォクシー90系用

    トヨタ ノア・ヴォクシー90系用

    車用カーテン 左右2枚セット

    車用カーテン 左右2枚セット

    軽自動車向け車中泊用カーテンのおすすめ商品5選

    ここでは、軽自動車向け車中泊用カーテンのおすすめ商品を紹介します。

    ボンフォーム 車用カーテン 7902-05BK

    商品の特徴

    ・軽自動車からSUVまで、多くの車種に取り付けできるように設計されたフリーサイズの車中泊用カーテン

    ・取り付けが非常に簡単

    ・紫外線カット率、遮光性ともに99%

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    フロント:70×130cm

    前席サイド:70×80cm

    後席サイド・前側:70×100cm

    後席サイド・後側:70×70cm

    リヤ:70×120cm

    ※厚み非公開

    素材

    ポリエステル

    取り付け方法

    面ファスナー、ヒモ

    紫外線カット率

    99%

    セット内容

    収納袋

    セイワ 楽らく2WAYカーテン Sサイズ

    商品の特徴

    ・後ろの窓にぴったりフィットするセンターオープン式の車中泊用カーテン

    ・軽ワンボックスやコンパクトミニバンに最適なサイズ

    ・吸盤タイプで簡単に取り付けられる

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    80×130×0.1cm

    素材

    非公開

    取り付け方法

    吸盤

    紫外線カット率

    99%

    セット内容

    なし

    レヴォルヴァ 車用カーテン ホンダ N-BOX用

    商品の特徴

    ・ドレスアップだけではなく実用性にも優れたカスタムパーツとしても使える

    ・ホンダ N-BOXの特定車種専用設計であるため、純正レベルのフィット感

    ・遮光性に優れた優雅で気品あふれる厚手の高級ストレッチ生地を採用

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    非公開

    素材

    ストレッチ生地

    取り付け方法

    カーテンレール

    紫外線カット率

    非公開

    セット内容

    カーテンレール、補強ネジ、プライマー

    ココカーテン 09kc-h017-sa ダイハツ タント用

    商品の特徴

    ・フロント、センター、サイド、リアカーテンいずれにも使用可能なデザイン

    ・トリムフックを内装に固定する仕様で、ピラーがある場所ならどこにでも設置できる

    ・カーテンを外せば物干しロープとして利用可能、キャンプ用品の収納にも使える

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    79×73cm

    ※厚み非公開

    素材

    サテン

    取り付け方法

    ステンレス製トリムフック

    紫外線カット率

    非公開

    セット内容

    コード 、コードストッパー、トリムフック

    ZATOOTO マグネットタイプ CT98-BK

    商品の特徴

    ・幅が260cmと非常に長く、1枚でフロントからサイドまでまんべんなく遮光できる

    ・マグネット式で、手間をかけず簡単に取り付け可能

    ・生地に柄模様が施されており、高級感のあるデザイン

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    90×260cm

    ※厚み非公開

    素材

    非公開

    取り付け方法

    マグネット

    紫外線カット率

    非公開

    セット内容

    フック、クリップ

    ミニバン向け車中泊用カーテンのおすすめ商品5選

    ここでは、ミニバンに適した車中泊用カーテンのおすすめ商品を紹介します。

    セイワ 楽らくマグネットカーテン Lサイズ Z87

    商品の特徴

    ・扱いやすいマグネットタイプで、窓枠にピタッと簡単に貼り付け可能

    ・日差しや外からの視線も遮断するポリエステル製の車中泊用カーテン

    ・紫外線カット率99.8%と、低価格で良質な作り

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    52×80×0.2cm

    素材

    ポリエステル

    取り付け方法

    マグネット

    紫外線カット率

    99.80%

    セット内容

    2枚入り

    ボンフォーム 車用カーテン 7902-06BK

    商品の特徴

    ・ミニバンにぴったりフィットするよう設計されており、光や視線をしっかりと遮断

    ・取り付けや取り外しが非常に簡単で、収納袋に入れて簡単に持ち運べる

    ・紫外線カット率、遮光性ともに99%

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    フロント:70×140cm

    前席サイド:70×80cm

    後席サイド:70×140cm

    リヤ:70×140cm

    ※厚み非公開

    素材

    ポリエステル

    取り付け方法

    面ファスナー

    紫外線カット率

    99%

    セット内容

    収納袋

    セイワ 車用カーテン 楽らくマグネット 防虫向けメッシュタイプ

    商品の特徴

    ・バックドアの枠にマグネットで固定するだけで、車体にピタッと簡単に装着できる

    ・目の細かいメッシュ生地であるため、車内への虫の侵入を防げる

    ・使用しないときにはコンパクトに収納可能

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    160×160cm

    ※厚み非公開

    素材

    ポリエステル

    取り付け方法

    マグネット

    紫外線カット率

    非公開

    セット内容

    なし

    BLUESEATEC トヨタ ノア・ヴォクシー90系用

    商品の特徴

    ・トヨタ ノア/ヴォクシー90系に対応した車中泊用カーテン

    ・特定車種に適合するデザインであるため、窓の形にぴったりフィットし、光の侵入を許さない

    ・高品質・高密度の4層構造で、紫外線を確実にカット

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    非公開

    素材

    ポリウレタン

    取り付け方法

    マグネット

    紫外線カット率

    99%

    セット内容

    収納袋

    JOYTUTUS 車用カーテン 左右2枚セット

    商品の特徴

    ・目の細かいメッシュ生地で通気性を保ち、虫の侵入を防ぐ

    ・遮光性や断熱効果も高く、車内が蒸れることが少ない

    ・スライドドア専用タイプで、トヨタ アルファードやエスティマ、ホンダ ステップワゴン、三菱 デリカD:5などに対応

    製品サイズ(高さ×幅×厚み)

    80×135cm

    ※厚み非公開

    素材

    メッシュ

    取り付け方法

    調整ベルト

    紫外線カット率

    非公開

    セット内容

    なし

    車中泊用カーテンを自作するメリット

    車中泊用カーテンを自作するメリットとしては、主に以下の2つが挙げられます。

    車中泊用カーテンを自作するメリット

  • 大きさやサイズ、デザインを自由に変えられる
  • コストを抑えられる
  • それぞれ詳しく見ていきましょう。

    大きさやサイズ、デザインを自由に変えられる

    車中泊用カーテンを自作する最大のメリットは、自分の車にぴったり合ったサイズ・デザインを自由に選べることです。市販品では対応できない細かいニーズにも柔軟に対応でき、より快適で自分好みの車中泊空間を作り出すことができます。

    市販のカーテンは一般的な車種に合わせて作られているため、特定の車種にぴったり合うものを見つけるのは難しいことがあります。

    しかし自作することで、自分の車の窓のサイズにぴったり合うカーテンを作れます。隙間なく窓を覆うことができ、遮光性や断熱性を高めることに繋がるでしょう。

    また、市販のカーテンでは限られたデザインしか選べないことが多々あります。

    しかし自作することで、好みの生地を選んでオリジナルのカーテンを作ることが可能です。好きな色や柄の生地を使える、車内のインテリアに合わせたデザインできるといったメリットもあります。

    さらに、自作することでカーテンの機能もカスタマイズできます。

    例えば、遮光性や断熱性に優れた生地を選ぶ、紫外線対策を施した生地を使うといったことが考えられるでしょう。

    また、取り付け方法も自由に選ぶことができ、マグネットや吸盤、レールなど、自分にとって使いやすい方法が選択できます。

    コストを抑えられる

    車中泊用カーテンを自作することで、コストを大幅に抑えられるというメリットがあります。

    市販の車中泊用カーテンは機能性やデザインに優れているものが多い反面、価格が高いのが一般的です。自作することで必要な材料を安価で揃えることができ、予算に応じたカーテンを作れます。

    自作する際には、必要な生地や取り付け用の部品を自分で選べます。

    例えば、安価な生地を使用したり、100円ショップで購入できる突っ張り棒や吸盤などの部品を利用したりすることで、コストを抑えられます。

    特に100円ショップには、車中泊用カーテンの自作に使えるさまざまなアイテムが揃っているため、工夫次第で低予算でも高機能なカーテンを作ることが可能です。

    また、自作することで不要な機能やデザインを省けるため、無駄な出費を避けられます。

    市販のカーテンは多機能なものが多く、必要のない機能にお金を払うこともあります。自分のニーズに合わせたシンプルなカーテンで、必要な機能だけを備えたコストパフォーマンスの高いカーテンにすることができるでしょう。

    さらに、自作することで修理やメンテナンスも自分で行えるため、長期的なコスト削減にも繋がります。

    車中泊用カーテンを100均グッズなどで自作する方法

    100円ショップ(100均)で購入したグッズを活用することで、低コストで機能的なカーテンを作ることができます。

    ここでは、車中泊用カーテンを安く自作する方法について詳しく解説します。

    設置場所のサイズやカーテンに必要な長さを測る

    車中泊用カーテンを自作する上で、最初の重要なステップは設置場所のサイズとカーテンに必要な長さを正確に計測することです。

    適切なサイズのカーテンを作ることで、隙間なくしっかりと窓を覆い、快適な車中泊空間を実現することができます。

    まずは自分の車の窓のサイズを測定しましょう。

    メジャーを使って窓の縦と横の長さを正確に測り、寸法を記録します。窓枠全体を覆うように余裕を持たせて測るのがポイントです。特に、カーテンの端をしっかりと固定できるように、取り付ける部分も含めて測ることが重要となります。

    次に、どのようなカーテンを取り付けるかを考えます。

    取り付け方法には、突っ張り棒・吸盤・マグネットなどさまざまな方法があります。自分の車の構造や好みに合わせて最適な方法を選びましょう。

    さらにカーテンの長さにも注意する必要があります。車中泊時のプライバシーを確保するためには、カーテンがしっかりと窓全体を覆う長さが必要です。

    カーテンを閉じた状態で隙間ができないよう、適切なサイズにしましょう。

    材料を揃える

    車中泊用のカーテンを自作するには、必要な材料を揃えなければいけません。ここでは以下の3つの方法について解説します。

    車中泊用カーテンを自作する方法

  • 100均グッズで自作する方法
  • マグネットで自作する方法
  • カーテンワイヤーで自作する方法
  • それぞれ見ていきましょう。

    100均グッズで自作する方法

    ダイソーの100均グッズを使って、車中泊用のカーテンを作る方法を紹介します。

    手軽に揃えられるアイテムで、機能的なカーテンを作ることが可能です。必要な材料は以下の通りです。

    必要な材料

  • 伸縮式突っ張り棒
  • コードフック丸型
  • ボックスカーテン
  • 伸縮式突っ張り棒は、カーテンクリップを利用したカーテンを作る際に便利です。

    窓枠に簡単に取り付けられ、長さも調節できます。

    100均で販売されている突っ張り棒は軽量で、設置も簡単。

    突っ張り棒を窓枠に取り付けた後、カーテンクリップを通してカーテンを吊るすことで、簡単に車中泊用カーテンが完成します。

    コードフック丸型は、突っ張り棒を固定するために使用するアイテムです。

    窓枠にコードフックを取り付け、突っ張り棒をかけることで、カーテンがしっかりと固定されます。取り付けも簡単で、走行中でもカーテンがずれる心配はありません。

    さらに、カーテンそのものも100均で揃えられます。おすすめのアイテムはボックスカーテンです。

    ボックスカーテンは、色や大きさのバリエーションが豊富で、自分の車に合ったものを選べます。100均にはさまざまなサイズやデザインのボックスカーテンがあり、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

    マグネットで自作する方法

    軽バンなど窓の部分が鉄板むき出しになっている仕様の車であれば、マグネットフックを利用してカーテンを取り付けることが可能です。

    100均では強力なマグネットフックも販売されており、有効活用することで簡単にカーテンを取り付けられます。

    例えば、後部座席3面のカーテンを作るのに必要な材料は以下の通りです。

    後部座席3面のカーテンに必要な材料

  • 強力マグネットクリップ(1kg以上の強さのもの)×4つ
  • カーテンクリップ(3セット)
  • ボックスカーテン(45×88cm)×3枚
  • まず強力マグネットクリップを車内の鉄板部分に取り付けます。

    次にカーテンクリップをボックスカーテンに通し、マグネットクリップに固定するだけです。特別な加工が必要ないため、手軽に作れるのがメリットです。

    マグネットを使うことで、カーテンの取り外しも簡単に行えます。

    また、走行中にカーテンがずれたり外れたりする心配も少なく、安心して使用できるのもうれしいポイントです。

    カーテンワイヤーで自作する方法

    より簡単にカーテンを取り付けたい場合には、カーテンワイヤーを使う方法があります。

    カーテンワイヤーにカーテンを通し、ワイヤーを配線フックにかけるだけで、車中泊用のカーテンが完成します。

    必要なアイテムは以下の通りです。

    必要なアイテム

  • カーテンワイヤー
  • 配線フック
  • ボックスカーテン
  • まず、カーテンワイヤーを窓枠に取り付けるために配線フックを使います。フックを窓枠の上部にしっかりと固定し、ワイヤーを通します。

    次に、ボックスカーテンをワイヤーに通し、カーテンがたるまないようにしっかりと引っ張って固定します。カーテンワイヤーがたるんでしまうと、少し不格好になったり隙間から外が見えたりする恐れがあるため、しっかりと引っ張って取り付けることが大切です。

    カーテンワイヤーを使った方法は非常に簡単で、工具を使わずに取り付けられるため、誰でも手軽に自作できます。

    また、カーテンワイヤーを使うことで開閉もスムーズに行うことができ、車中泊時の利便性が向上します。

    適切なサイズに加工する

    カーテンを適切なサイズに加工することは、快適な車中泊空間を作るために欠かせません。ここでは、生地のカットから縁処理、穴開けまで、車中泊用カーテンを自作する際の加工テクニックを解説します。

    まず、事前に測定した窓のサイズにもとづいて布地をカットします。

    正確に寸法を測り、カーテンが窓を完全に覆うように少し余裕を持たせてカットするのがポイントです。

    カーテンの縁はほつれ防止のためにミシンで縫い合わせるか、裁縫テープを使って処理します。

    しっかりとした縁処理をすることで、カーテンの耐久性が向上し、長期間使用できるものに仕上がります。生地の素材によっては、アイロンを使って簡単に形を整えることもできるでしょう。

    また、取り付け用のフックやクリップを通すための穴を生地に開ける必要があります。

    生地がほつれないように補強材を使うのがおすすめです。穴の位置も正確に測定し、均等に配置することで、カーテンをしっかりと固定できます。

    カーテンを取り付ける

    カーテンが完成したら、いよいよ車に設置する作業です。

    取り付け方法は、突っ張り棒、マグネットフック、吸盤、カーテンワイヤーなど、いくつか種類があります。

    それぞれの特徴と注意点、そして快適な車中泊空間を実現するためのポイントを解説します。

    突っ張り棒

    突っ張り棒を使ってカーテンを取り付ける場合、まず窓枠に突っ張り棒を設置します。

    突っ張り棒がしっかりと固定されるように調整しますが、走行中の振動で音が発生することがあるので注意が必要です。

    特に未舗装道路や悪路を走行する場合、突っ張り棒が窓枠に当たって振動が気になることがあります。

    音を和らげるためには、突っ張り棒の端にクッション材を取り付けるなどの工夫をするとよいでしょう。

    マグネットフック

    マグネットフックを使う場合は、窓枠や車内の鉄板部分に強力なマグネットフックを取り付け、カーテンを固定します。

    マグネットフックは簡単に取り外しができるため、日常的な使用にも便利です。

    吸盤

    吸盤を使う場合は、吸盤を窓ガラスにしっかりと押し付けて固定します。

    吸盤がしっかりと吸着していることを確認してからカーテンを取り付けましょう。

    吸盤は取り外しが簡単ですが、吸着力が弱まることがあるため、定期的に確認し、必要に応じて清掃や交換を行うことがおすすめです。

    カーテンワイヤー

    カーテンワイヤーを使う場合は、窓枠に配線フックを取り付け、そこに通します。ワイヤーがたるまないようにしっかりと引っ張って固定しましょう。

    カーテンワイヤーを使う方法は、簡単に取り外しができ使い勝手もよいため、多くの車種で対応可能です。

    まとめ

    車中泊用カーテンは、快適な車中泊を実現するための必須アイテムです。視線を遮り、遮光機能を備えたカーテンを使うことで、プライバシーを確保し、外部の光を遮断して安眠を促すことができます。

    さらに、紫外線カットや断熱効果のあるカーテンを選ぶことで、車内環境をさらに快適に保つことができるでしょう。

    記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

    商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

    この記事の画像ギャラリーはこちら

      すべての画像を見る >

    【PR】MOTAおすすめコンテンツ

    検索ワード

    MOTA編集部
    筆者MOTA編集部

    MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

    MOTA編集部
    監修者MOTA編集部

    MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

    MOTA編集方針

    「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

    愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

    • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

      これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

    • 一括査定は本当に高く売れるの?

      これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は最短3時間後、最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

    人気記事ランキング
    最新 週間 月間

    新着記事

    新着 ニュース 新型車 比較 How To
    話題の業界トピックス・注目コンテンツ

    おすすめの関連記事

    コメントを受け付けました

    コメントしたことをツイートする

    しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
    もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
    該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
    通報よりその旨をお伝えください。

    閉じる