洗車作業効率が飛躍的に向上する便利アイテム「水切りワイパー」

  • 筆者: 小松 男
  • カメラマン:小松 男
画像ギャラリーはこちら
洗車の際、仕上げ時に拭き残しを極力減らして、ボディ表面の水を排除するのが大きなポイント。ボディの水分を拭き取る洗車グッズとしては、プラセームやマイクロファイバークロスが一般的だが、それらを凌駕する便利アイテム、水切りワイパーを紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. セルフメンテは洗車だけの時代に突入!?
  2. 完全に水を排除した仕上げが目標
  3. 三種類のアイテムを比較テスト

セルフメンテは洗車だけの時代に突入!?

先日会話をしたカーディーラーマンから「今の車は自分でメンテナンスできる部分は無いと言えます。何か触るとコンピュータがエラーを出すこともあるので触らないでほしいと考えているほどです。自分でできることは洗車くらいですよ」と言われたことがあった。EV化が進んでゆくと、さらにセルフメンテナンスは難しくなるだろう。

洗車を快適に楽しむとっておきアイテム

できるメンテナンスはなるべく自分の手でやりたいと考えていることもあり少々悲しい気持ちにもなるのだが、許された洗車だけでも気分良く楽しみたいもの。そこで今回は愛用しているおすすめ洗車グッズ「水切りワイパー」を紹介する。

完全に水を排除した仕上げが目標

いくらきれいに車体を洗ったところで、水が残っていたら仕上がりが悪いうえに、イオンデポジット(水滴に含まれる不純物が乾いて残ったもの)やウォータースポット(イオンデポジットが塗装面まで浸食した状態、または水滴を介して陽ざしが塗装を焼く現象)ができる原因にもなりうる。

しかし実際に洗車をしてみると意外なほど、完璧に拭き上げるのは難しいことだと分かるだろう。最近ではマイクロファイバークロスが広く知れ渡り、洗車にも使われる場面を多く見られるようになったが、カーディテイリングのプロフェッショナルによれば、量販店などで売られているものの多くは一部を除き高い性能は見込めないとの話を聞いたことがある。

そのような中、洗車時車体の水を排除するために昔から愛用しているものが水切りワイパーだ。ゴム製のブレードをガラスやボディに押し当てて水を切るものなのだが、驚くほど一気に水を排除することができるのである。

三種類のアイテムを比較テスト

今回はプラセーム(吸水に優れた人工セーム革の呼称で「プラスセーヌ」が代表格。プラスセームやプレミアムセームなどとも呼ばれる)、マイクロファイバークロス(極細糸で編み吸水性を向上させた合成繊維)、水切りワイパーの3種でどれが効率的に水を排除することができるかのテストを行ってみた。

プラセームはしっかりと絞り、大きく広げて使うことで、かなり水を吸収するが、拭き残しがみられた。

マイクロファイバークロスは乾燥時の吸水性能には目を見張るものがあるが、水を含んだあとは拭き上げ性能が劣ってしまう。その両者を抑え断トツの水分排除能力を誇ったのが水切りワイパーだ。

作業効率を考えて適材適所を探る

水を「吸収」するのではなく「切り落とす」ということが大きな違いなのだ。絞る作業もないため作業効率がよくスピーディに車の水を取り去ることができる。とはいえ、ブレードの入らない隅の部分には多少の水が残るので、プラセームやマイクロファイバークロスを上手く併用して完璧な水分排除を目指したい。

【筆者:小松 男/撮影:小松 男】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

小松 男
筆者小松 男

中古車屋を廃業した後、出版社へ勤務。乗り物系を中心に数誌の雑誌編集長を務めた後、フリーランスへ転身。国内外ブランド、大小、モデルタイプを問わず、乗り物ならば何でも乗りたがる性分の元祖雑食系。好きなものは、車、バイク、自転車、飛行機、船、列車、美味しいもの、お酒、ジョギング、水泳、DIY、買い物など。反面嫌いなものはないというデラックスポジティブ派。出不精かつ出たがりという二面性を持つ昭和52年式。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる