4月から20%弱の値下げ!? 自賠責保険料が値下げされた理由とは?

画像ギャラリーはこちら
最近の自動車保険に関する話題といえば、任意保険の保険料の値上げだ。高齢ドライバーの運転ミスによって交通事故が増えたり、クルマのコストアップによる修理費用の上昇で、保険料が値上げされている。ところが自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の保険料は値下げされた。その理由についてや今後の自賠責保険料の動きなどを解説していく。

>>2020年4月から安くなった自賠責保険料一覧(自家用/営業用/二輪車)を画像で見る!

目次[開く][閉じる]
  1. 2020年4月1日以降の契約は自賠責保険料が値下げ
  2. 自賠責保険料が安くなった理由は「保険収支の均衡」
  3. 次回の改定はいつ? 保険料はどうなる?

2020年4月1日以降の契約は自賠責保険料が値下げ

2020年4月1日以降の契約では、それ以前に比べて保険料が安くなっている。購入時に納める37か月契約の場合、自家用小型/普通乗用車の保険料は、従来は3万6780円だったが、2020年4月1日以降は3万170円だ。6610円値下げされ、比率に換算すると18%引き下げられた。

継続車検を受ける時に納める24か月契約(2年分)は、従来は2万5830円だったが今は2万1550円だ。4280円値下げされ、比率にすれば17%引き下げられた。

軽自動車の自賠責保険料も安くなった。軽自動車の37か月契約は、従来は3万5610円だったが今は2万9550円だ。6060円・17%引き下げられた。継続車検時に納める24か月契約は、従来は2万5070円だったが今は2万1440円だ。3930円・14%の引き下げとなった。

自賠責保険料が安くなった理由は「保険収支の均衡」

自賠責保険料が安くなった最も大きな理由は、自賠責保険料が値上げと値下げを意図的に繰り返していることだ。自賠責保険は任意保険と異なり、「保険収支が儲かっても損をしてもいけないこと」になっている。そこで単純にいえば、値上げした時には保険料収入が保険金支出を上まわり、保険料を溜め込む。次は値下げして、保険金支出が保険料収入を上まわり、いわば赤字になって溜め込んだ保険料を吐き出す。

このように自賠責保険料の値上げと値下げを繰り返することで、保険収支を均衡させ、儲かっても損をしてもいけない原則を守る仕組みを採用している。

また自賠責保険が対人賠償に限られることも影響した。任意保険が値上げされる主な理由は、クルマの修理費用が高まり、対物賠償や車両保険の保険金支出が増加傾向にあるからだ。その点で自賠責保険が補償するのは対人賠償のみだから、車両の修理費用が高まっても保険金支出は影響を受けない。

乗員のケガなどに関する補償も、加害車両については、任意保険の人身傷害や搭乗者傷害がカバーするから、自賠責保険の対象外だ。自賠責保険(自賠責共済を含む)の支出額は、この10年間ほどの間は減少傾向にあるため、保険料も安くなった。

変動によるユーザーへの影響は?

ただしユーザーから見れば、自賠責保険も保険商品の一種だ。意図的に値上げと値下げを繰り返し、保険収支を一定に保つやり方は不親切と受け取られる。今回のように値下げされる時は良いが、値上げされると予想外の出費が増えてしまう。

仮に値上げと値下げを繰り返すとしても、少額に抑えて欲しい。自賠責保険料の平均的な推移を振り返ると、2011年に11.7%の値上げ、2013年も13.5%の値上げ。2017年は6.9%の値下げ、2020年は16〜17%の値下げとなった。値上げと値下げを繰り返すとしても、変動の範囲を10%以内に抑えるべきだ。

次回の改定はいつ? 保険料はどうなる?

37か月契約の場合、2020年4月1日以降は3万170円だが、過去には4万円を超えた時期もあった。今後も同様の金額に戻る可能性がある。

気になるのは、今の自賠責保険料がいつまで続くかだが、おおむね3年ごとに改定されている。このサイクルが維持されるとすれば、次回の改定は2023年頃だ。2017年と2020年に値下げされ、特に後者は値下げ幅が大きかったから、今までの流れを踏まえると次回は値上げだろう。我々の生活はラクではなく、特に今後は自動車ユーザーも高齢化が著しくなるから、値上げするとしても5%以下に抑えて欲しい。

[筆者:渡辺 陽一郎]

 

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる