autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 自律自動運転技術も独創を貫くホンダの秘策とは?

自動車評論家コラム 2015/9/24 17:53

自律自動運転技術も独創を貫くホンダの秘策とは?(1/2)

関連: ホンダ Text: 西村 直人 Photo: 本田技研工業
自律自動運転技術も独創を貫くホンダの秘策とは?

ホンダの強みは、“独創性”を大切にすること

ASIMO

二輪、四輪、汎用メーカーとして名を馳せる本田技研工業(ホンダ)。

昨今では、「ASIMO」に代表されるロボット技術で世界を驚かせながら、創業者である本田宗一郎氏の悲願だった航空機産業にも「Honda Jet」のローンチによって進出を果たした。

乗り物総合メーカーであるホンダの強みは、いつの時代も“独創性”を大切にもの作りに励んできたことだ。それだけにホンダが目指す先進安全技術、そして自律自動運転技術には期待がもてる。

Honda SENSINGの体感警報はどこが独創?

Honda Jetホンダ ステップワゴン スパーダ

2014年10月24日、ホンダは新たな安全運転支援システム「Honda SENSING」を発表。フラッグシップである「レジェンド」を筆頭に「オデッセイ」や「ステップワゴン」などミニバンにまで搭載車種を増やしている。

センサーに光学式単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせたフュージョン方式を採用し、クルマだけでなく人物の認識も可能としている点は他社の先進安全技術と同じだ。

ホンダ独創のアプローチは、こうしたセンサーの情報をいち早くドライバーに伝える方法として体感警報に重きを置いている点だ。

先進安全技術の類いは一般的にADAS(Advanced Driver Assistance Systems)と呼ばれ、その多くが警報ブザーやディスプレイ表示によって他車との接触や衝突などの危険が迫っていることをドライバーに伝え回避動作を促すが、Honda SENSINGの体感警報はどこが独創なのか。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ の関連編集記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連編集記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR