今のうちから万全の備えを!オススメの福祉車両3選【トレンドウォッチャー女子 Vol.12】

画像ギャラリーはこちら
トレンドウォッチャーの高木結です。このコラムは、トレンドウォッチャーの私が厳選した、車にちなんだトレンド情報をお届けします。今回は、「オススメの福祉車両3選」をご紹介します。

>>介護に大活躍!バリエーション豊富な福祉車両をもっと見る

目次[開く][閉じる]
  1. 家族のこれからを考えて福祉車両を知ろう!
  2. トレンドウォッチャー女子オススメ福祉車両3選
  3. いざという時のために万全の備えを!

家族のこれからを考えて福祉車両を知ろう!

ポカポカ陽気になり、3連休も楽しみな3月上旬。せっかくの連休だし、実家の両親を連れて旅行やドライブに行きたいなぁ~なんて考えている筆者です。最近忙しくてずっと実家に帰れていなかったので、たまには親孝行したいですよね!

ちなみに、皆さんは年に何回くらいご両親と会いますか?私は半年に1回くらいのペースで実家に帰っているのですが、“離れて暮らす親と会う機会”について、こんな調査結果が出ているみたいです。

離れて暮らす親と会う機会は年1回以下が約4割

セコム株式会社が、親と離れて暮らす全国の40代50代の男女500名を対象に実施した「親の見守りについての調査」によると、約4割もの人が、離れて暮らす親と会う頻度は年に1回以下だそうです。私の両親はまだまだ健康体なので、2人が私に会いに来てくれることもありますが、そうもいかなくなると顔を合わせる頻度は下がってしまいそうですね…。

さらに、こんな調査結果も。

離れて暮らす親のことを心配している人は約8割

確かに、ケガや病気は本当に心配です。そう遠くない未来、自分の両親も介護が必要な状態になるのかな…と思うと、その時のために今から備えが必要ですね。

介護保険の申請、家のバリアフリー化、ヘルパーさんの手配など、やるべきことは沢山ありますが、MOTA読者の皆様が気になるのは…そう、クルマ!普段車椅子で生活している人が、普通のクルマのシートへ乗り移りするのは本当に大変。慣れていない人が介助すると大ケガにも繋がるので、車椅子の方でも楽に乗り降りできる福祉車両が良いかと思います!必要に合わせて色々なタイプ福祉車両がありますので、要チェックです。

トレンドウォッチャー女子オススメ福祉車両3選

ということで今回は、オススメの福祉車両3選をピックアップしたいと思います!うちの親はまだまだ大丈夫!と思っているそこのアナタも、将来のために是非ご一読ください!

オススメの福祉車両その1:ホンダ フリード

比較的コンパクトで、一般家庭向きの福祉車両であるフリード。福祉施設でよく見られるような大きなボディだと家の駐車場に入らないという問題が浮上しますが、フリードなら安心。実際に、私の親戚がフリードのシルバーを利用していますが、車椅子の方が乗るスペースは移動中も静かで、とっても快適な乗り心地だそうです!

オススメの福祉車両その2:トヨタ シエンタ

トヨタでは、通称「ウェルキャブ」と呼ばれ、シエンタはフリードと同じく車両もコンパクトで使い勝手は良好です。こちらのタイプは、助手席が回転しチルト(座面方向に傾斜)し立ち上がりや着座をサポートしてkれるため、車椅子からの乗り移りもかなり楽に行えます。車椅子のまま乗り込むのではなく、座席にしっかり座れるため、長時間の移動が多いご家族にかなりオススメです。

オススメの福祉車両その3:ダイハツ タント

最後にオススメしたいのが、タントの福祉車両。可愛いボディカラーが目を引きます!こちらも助手席が回転するタイプ。大きくて持ちやすいラクスマグリップを握りながら乗り降りできる上に、シート座面が車外に出ないので狭い駐車場でも問題なし!介護を必要とする方が、クルマで移動する際のストレスを最大限緩和させるような設計になっています。

いざという時のために万全の備えを!

ずっと元気でいてほしいけど、避けられない両親の介護問題。いざという時に動揺することのないよう、今からちゃんと備えておきたいですね。離れて暮らす親を見守ることができるサービス「まごチャンネル with SECOM」というものもあるみたいなので、色々なサービスを組み合わせながら万全の体制で臨みましょう!

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

ホンダ/フリード
ホンダ フリードカタログを見る
新車価格:
199.8万円327.8万円
中古価格:
19.8万円338万円
トヨタ/シエンタ
トヨタ シエンタカタログを見る
新車価格:
181.9万円258万円
中古価格:
13万円290.7万円
ダイハツ/タント
ダイハツ タントカタログを見る
新車価格:
124.3万円202.4万円
中古価格:
8万円238万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
高木 結
筆者高木 結

流行には絶対乗り遅れたくない! そんな思いからあらゆるメディアで情報を収集し続ける“トレンドウォッチャー”です。普段は渋谷で働いてます。「人生の酸いも甘いも味わい尽くす」をモットーに、仕事にプライベートに日々、全力投球中! クルマの周辺で「今流行っているもの」から「これは流行る」と私のアンテナが反応したものまで、色んなモノをご紹介します! like:旅行(国内・海外問わずどこでも)・お酒・食べ物(コンビニスイーツ~ラーメンまで、何でも食べます)・fashion・コスメ・ネイル・スポーツ観戦・映画・ヨガ・ゴルフ・フットサル・英会話・温泉めぐり・そしてもちろん…ドライブ!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フリードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる