納期1年! スズキ ジムニーを待つなら、ジープ ラングラーを中古で今すぐ楽しむって手もある!【新車 vs 中古外車】

画像ギャラリーはこちら
2018年にフルモデルチェンジした「スズキ ジムニー」(JB64型)「ジムニーシエラ」(JB74型)だが、デビュー早々に納車待ちが発生。長い時で納期は1年以上の期間を要している。小さなサイズに本格的な四輪駆動という他に代わるもののないクルマゆえ、欲しい人はもう待つしか他に方法はない。

しかしいっぽうで「“唯一無二の個性的なクルマ”が欲しくて(たまたま)ジムニーに辿り着いた」という方も少なからずいるはず。そんな方にお勧めしたいのが、200万円台で買える中古車の「ジープ ラングラー」だ!

今回はジープ ラングラー先代モデル(JK型)の中古車をご紹介しよう。

>>このシンプルさがいい! ジープラングラーとスズキ ジムニーを写真で見比べる[画像40枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 第二次世界大戦の軍用ジープに端を発する“元祖SUV”! ジープラングラーは唯一無二の存在だ!
  2. 先代JK型ジープラングラーの中古車在庫は400台以上! 相場は高値安定傾向にある
  3. 3年落ちから7年落ちでも300万円はざら! ジープラングラーの値落ち率の低さに驚く!
  4. 見るべきは走行距離よりも程度! ステアリングホイールやシフト、シートのスレなどを要チェック!

第二次世界大戦の軍用ジープに端を発する“元祖SUV”! ジープラングラーは唯一無二の存在だ!

ジープラングラーは、源流をさかのぼれば米軍が第二次世界大戦に使用していた軍用ジープに辿り着くという、まさにSUVの元祖というべき存在だ。現行JL型ジープラングラーは2018年にフルモデルチェンジを果たしている。

しかし今回中古車としておススメしたいのは、先代のJK型だ。2007年に日本へ導入され、ジムニー同様、他に代わるものがない唯一無二の存在として、10年に渡りジープブランドでトップセールスの記録を続けてきた。

先代JK型ジープラングラーは、軍用ジープのイメージを受け継ぐ2ドアタイプに加え、ホイールベースを伸ばした4ドアタイプ「ジープラングラー アンリミテッド」を追加。実用性の高さから絶大な支持を集め、販売の主流はすっかりアンリミテッドへと切り替わった。

先代JK型ジープラングラーの中古車在庫は400台以上! 相場は高値安定傾向にある

さっそく中古車検索サイトで、ジープラングラー(先代JK型)を検索してみた(2021年5月25日現在 MOTA調べ)。

2007年式から2018年式までおよそ420台がヒット。輸入車としてはかなり多い台数である。

中古車相場は169万円から825万円と幅広い。中でもボリュームが多いのは、2018年から2014年にかけての年式で、250万円から400万円のゾーンだ。

そこで以下の通り、条件を絞り込んでみた。

走行距離の上限7万キロ台までのジープラングラー(JK型)の中古車を検索

▼中古車検索条件▼

・メーカー車名:ジープラングラー(先代)

・モデル:(JK型)2007年3月~

・年式:平成24(2014)年~平成30(2018)年

・走行距離:~最大8万キロまで

・価格帯:200万円~300万円

・修復歴:なし

(2021年5月25日現在 MOTA調べ)

ジープ/ラングラー
ジープ ラングラーカタログを見る
新車価格:
518万円638万円
中古価格:
84.8万円825万円

3年落ちから7年落ちでも300万円はざら! ジープラングラーの値落ち率の低さに驚く!

200万円台のジープラングラー(JK型)が9台ヒット! 2018年式最終モデルの姿も

上記の検索条件で調べてみたところ、およそ3年から7年落ち・上限8万キロ台のジープラングラーは9台がヒットした。

実際のところ、同条件で価格帯を300万円から350万円にアップすると、途端に86台の在庫がヒットする。またこの価格帯では、走行距離2万キロ以下といった低走行な個体も出てくるようになる。

それにしても、新車当時のジープラングラーの販売価格が約400万円から450万円台だったことを考えると、値落ち幅の少なさに驚くばかりだ!

2017年式も2007年式も、JK型ジープラングラーの中古車相場はあまり変わらない!

そして面白いことに、2007年式であってもこの相場はほとんど変わらず、販売価格が200万円を下回るクルマはほとんど見つからないのだ。

逆に言えば、10年以上古いモデルであっても、十分な下取り・買取り相場が維持されていることの証しとも言えるだろう。中古車で手に入れ数年にわたって楽しみ、次に乗り換えようとした際にまだ価値が残っているとしたら、こんなにありがたいことはない。

見るべきは走行距離よりも程度! ステアリングホイールやシフト、シートのスレなどを要チェック!

高値安定のJK型ジープラングラーを少しでも安く手に入れるなら、実際に在庫車両をくまなくチェックしてみたほうが良い。荒い扱いを受けた走行3万キロもあれば、メンテナンスをしっかりし続けて乗られた8万キロの個体もある。あまり走行距離にしばられ過ぎてしまうのももったいないことになる。

同様に、色にこだわり過ぎるのも危険だ。特に限定カラーの特別仕様車は特に高めの相場になる傾向がある。

素人にはなかなか見極めは難しいが、シート地や荷室フロアのスレ、ステアリングホイールやシフトノブの状態など、探偵になった気分で何台か見比べてみると「このクルマは年式・走行距離の割に綺麗なクルマだ」「なんだかくたびれてるなあ」がなんとなく実感できるはず。

なおブラックの樹脂製フェンダーは年式を重ねると白っぽくなる傾向にあるが、カーケア用品で綺麗にすることは可能だから、あまり気にし過ぎる必要はない。

そのうえで社外品のアルミホイールやオフロード系タイヤといった、四駆らしいカスタムが加えられた個体も併せてチェックしたい。上記のチェック項目を確認したうえで、好みにマッチしたものならアリだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる