先代から大きく進化した日産 ルークスの内外装を新旧比較してみる(1/2)

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日産は2020年3月、軽自動車のジャンルの中でも現在最も売れているジャンル「スーパーハイトワゴン」で、ニューモデル「ルークス」を発売開始しました。各社渾身のモデルがひしめくスーパーハイトワゴンですが、新型ルークスは先代モデルにあたる「デイズルークス」からどのように進化したのか? 今回は新旧モデルで比較を行います。
目次[開く][閉じる]
  1. エクステリア比較
  2. インテリア比較
  3. 室内空間比較
  4. ラゲッジルーム比較

エクステリア比較

フロントビュー

フロントマスクでは、新たに日産共通のエクステリアキーワードであるVモーショングリルが採用された新型ルークス。ブーメラン型のシグネチャーLEDポジションランプも採用されています。先代のデイズルークスではハイウェイスターと標準車ではデザインの違いがハッキリしていましたが、新型ルークスでは標準車もハイウェイスターに近いシャープな顔つきになりました。

また、新型ルークスはボンネットの先端が前方に伸びており、運転時に車両前端を確認しやすくなっています。

リアビュー

フロントビュー同様、先代デイズルークスからすっきりとしたリアビューに変化した新型ルークス。車両幅いっぱいに延長されたテールゲートガーニッシュや縦長形状のテールランプなどにデザイン変更されより洗練された印象です。

サイドビュー

インテリア比較

新型ルークスは先代デイズルークスと比べ、大画面モニターがダッシュボード上に独立した形で設置されていることでインパネの高さを抑え、スッキリした視界になったいます。その為、アイポイントの高さがミニバン並の視点の高さで視界は良好です。

ほかには、先代デイズルークス同様タッチパネル式のエアコン操作パネルは、ボタン形状が変更されたほか、後席に風を送る「リアシーリングファン」が、ボタンの位置を変更により運転席からも操作可能となりました。

日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
141.6万円206.7万円
中古価格:
18万円229.8万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 ルークスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ルークスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ルークスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ルークスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ルークスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる