ダイハツの新戦略、新型モデルは3バリエーションでスズキ・ハスラーに対抗

ダイハツの新戦略、新型モデルは3バリエーションでスズキ・ハスラーに対抗
スズキ・ハスラー スズキ・アルトターボRS スズキ・ラパン ホンダN-ONE ホンダN-ONE ダイハツ・ミラジーノ ベストカー 8/26号表紙 画像ギャラリーはこちら

ここ数年、破竹の伸びを記録していた軽自動車ながら、消費税率アップを境に厳しい状況になっている。今年3月は販売シェアを確保すべく多くの軽自動車メーカーが大量の自社登録(売れたことにして登録台数伸ばすこと)を行うなど、消耗戦になりつつあるようだ。

なかでも厳しいのはダイハツ。ライバルのスズキには、燃費でアルトに負け、ユニークなモデルという点でハスラーやラパンに遅れを取り、自信満々で出した新世代自動ブレーキまでスペーシアと比べれば明らかな性能不足という状況。ここまで追い込まれれば、「背に腹はかえられぬ!」ということなんだろう。ナント!ライバルをパクっちゃいました。

すでにWebや誌面でも写真が出回っているけれど、もはや「ココまでやりますか!」という感じ。ハスラーとN-ONEを足して二で割ったようなスタイルをしているのだった。

ダイハツからすれば、ネイキッドやミラ・ジーノの後継ということなんでしょうけど‥‥。ダイハツの新型車名は『キャスト(CAST)』になります。

ダイハツ・ミラジーノ

このキャストには三つのバリエーションを設定する。ダイハツ関係者によれば、売れ筋となりそうなのが『アクティバ(ACTIVA)』というSUV風のグレードで、ハスラーを強く意識したのだろう。やや車高を上げ、黒い樹脂製のフェンダーアーチも付けた。ただSUVとして考えれば、少し迫力不足か。

2つ目が『スタイル(STYLE)』とネーミングされた白いルーフでホンダのN-ONEっぽいモデル。あまり売れてないクルマなのになぜマネを?と思うだろうけれど、ダイハツからすれば、N-ONEはもっと人気になると判断したのだろう。まぁ、ミラ・ジーノもミニのパクりだったから、DNAを引き継いだ?

3つ目のバリエーションは、ローダウンしてスポーティ感を持たせた『スポーツ(SPORT)』。ドアミラーを赤く塗ったり、リップスポイラーに赤いラインを入れたりしたもんだから、アルトターボRSのようになっちゃいました。これまたパクり上等といった雰囲気。

スズキ・アルトターボRS

本来ならスズキを超える燃費技術や、自動ブレーキなど本質で勝負しなければならない時に、バリエーションの拡大で対抗しようという作戦なんだろう。ホンダのようなブランドイメージも無く、クルマ好きも顧客層じゃ無いと判断しているダイハツがどういった生き残り戦略を見せるか大いに楽しみだ。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる