autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート キャデラック XT5クロスオーバー試乗|ドイツ車とは明確に異なる、アメリカン高級車ブランドの個性を堪能

試乗レポート 2018/10/7 09:30

キャデラック XT5クロスオーバー試乗|ドイツ車とは明確に異なる、アメリカン高級車ブランドの個性を堪能(1/2)

関連: キャデラック XT5クロスオーバー Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田 清志・茂呂 幸正
キャデラック 新型CT5クロスオーバー プラチナム
キャデラック 新型CT5クロスオーバー プラチナムキャデラック 新型CT5クロスオーバー プラチナムキャデラック 新型CT5クロスオーバーキャデラック 新型CT5クロスオーバー画像ギャラリーはこちら

アメリカを代表する高級車ブランド“キャデラック”

アメリカを代表する高級車ブランド”キャデラック”の中でも、特に注目したいモデルが、SUVの「キャデラック XT5クロスオーバー」だ。SUVの本場ともいえるアメリカで鍛え上げられた真の実力とは。

試乗レポートを届けてくれたのは、キャデラックなどアメリカ車の歴史にも精通する自動車評論家、渡辺 陽一郎さんだ。その成り立ちから走りの性能に至るまで、XT5クロスオーバーの詳細について徹底的に評価する。

>>アメリカを代表する高級SUV キャデラック XT5クロスオーバーの詳細画像はコチラ

ドイツ3大ブランドやレクサスとは異なる個性、キャデラックの魅力とは

キャデラック 新型CT5クロスオーバーキャデラック 新型CT5クロスオーバーキャデラック 新型CT5クロスオーバー

最近の自動車メーカーはブランドを重視するようになった。ユーザーのニーズも多様化して、単純に開発と製造を行うだけではユーザーに魅力が伝わりにくい。またトヨタが上級のレクサスを設けたような場合、少なくとも日本では、トヨタとの違いやブランドの訴求が不可欠になる。

ブランド性が特に重視されるのは、価格の高い高級車だ。安全面を含めた機能や実用性のほかに付加価値も求められるから、ブランドとして訴求せねばならない。

例えばレクサスであれば、コンパクトなCT200hからLサイズのLSまで、すべてに共通した持ち味があり、それがブランドを形成する。

最も分かりやすいのはドイツ車だろう。メルセデス・ベンツは、走行安定性が優れ、内外装や乗り心地を快適に仕上げた。いわば総合バランス型だ。BMWは安定性を確保しながら、少し機敏でスポーティな運転感覚を持ち味にしている。アウディはBMWの対極で、リラックスできる雰囲気を味わえる。この3ブランドが分かりやすく共存することで、相乗効果も生じてドイツの3ブランドは人気を高めた。

これに比べるとレクサスは、ブランドが完成されていない。以前はアウディ風だったがインパクトが弱く、今は少し派手なデザインと、やや過剰ともいえる機敏な運転感覚を重視するようになってきた。少し子供っぽさもあるが、これは仕方ない。メルセデス・ベンツ/BMW/アウディの3ブランドがあれば、プレミアムカーに向けた大半のニーズがカバーされるからだ。

レクサスは、このドイツ3ブランドの古くから確立されている「縄張」を避けてブランド構築をせねばならず、やや子供っぽくアクの強い方向へ振るしかないのだろう。

逆に昔のローバーのように、思い切り穏やかに、紳士的な上品さで仕上げる手もあるとは思うが、好調な売れ行きは望み難い。このレクサスと同じような難しさを抱えるのが、アメリカを代表する高級車ブランド「キャデラック」だ。

キャデラックにとって1974年から1997年は“失われた世代”だった

キャデラック 新型CT5クロスオーバー プラチナム

豊かなアメリカを象徴する高級車だったが、1973年のオイルショックで状況は一変

キャデラック 新型CT5クロスオーバー プラチナムキャデラック 新型CT5クロスオーバー プラチナム

日本でキャデラックの輸入業務を行うゼネラルモーターズ・ジャパンの説明によると「1974年から1997年は失われた世代だった。ノーススターエンジンなども開発されたが、全般的に積極性が乏しかった」と振り返る。

1970年代前半までのキャデラックは、大柄なボディにV型8気筒の大排気量エンジンを搭載して(第二次世界大戦前にはV型16気筒もあった)、内外装はクロームメッキのパーツをタップリと使っていた。まさに豊かなアメリカを象徴する高級車だったが、1973年のオイルショックで状況は一変する。

1975年に初代「キャデラック セビル」が発売され、このクルマは日本国内でも「ブロアム」や「フリートウッド」に比べると明らかに小市民的で、キャデラックの凋落を感じさせた。

この時から、欧州車をターゲットに開発された5代目キャデラック セビル(発売は1998年)、初代「キャデラック エスカレード」(1999年)がデビューする頃までを「失われた世代」としているわけだ。

言い換えれば1998年頃からキャデラックは新時代を迎え、車種構成はユーザーニーズに合わせてSUVに力を入れるようになった。

ゼネラルモーターズ・ジャパンによれば「セダンも路線が大幅に変わり、居住性よりもスポーティな運転感覚を重視する。背景には高齢化するユーザーの若返りと、欧州での販売もあった」という。

キャデラック再生の20年を経て最新モデルはどう進化を遂げたのか

キャデラック 新型CT5クロスオーバー プラチナム

果たしてこの20年間で、キャデラックはどのようなブランドを確立させたのか。

今は日本のレクサスも新型のLSやLCが発売され、新しい世代に入っている。ドイツのプレミアム3ブランドではなく、キャデラックを選ぶ価値はどこにあるのか。

2017年10月に販売を開始した「キャデラック XT5クロスオーバー」の上級グレード”プラチナム”(754万9200円消費税込み)を改めて試乗した。

>>【次ページ】左ハンドルのみの設定は賛否両論、かなり大柄なXT5クロスオーバーの詳細をご紹介

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

キャデラック XT5クロスオーバー の関連編集記事

キャデラック XT5クロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック XT5クロスオーバー の関連編集記事をもっと見る

キャデラック XT5クロスオーバー の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR