BMW 新型M3・M4 海外試乗レポート/清水和夫(1/2)

BMW 新型M3・M4 海外試乗レポート/清水和夫
BMW 新型M3セダン BMW 新型M3セダン BMW 新型M3セダン BMW 新型M3セダン 画像ギャラリーはこちら

あの切れ味が再び!?清水和夫氏がポルトガルの試乗会で新型M3を試す!

家族や友達と一緒にドライブができて、サーキットではハイスピードドライビングを愉しめる-

そんな贅沢なニーズに応えてくれるクルマは少ない。「ポルシェ 911カレラ」はどうかといえば、ホイールベースが伸びたとはいえ大人が四人乗るのは少し辛い。

BMW 新型M3セダン

ありそうで見つからないものだが、そんな贅沢なニーズにしっかりと応えてくえるのが「BMW M3」ではないだろうか。

他のMシリーズもあるが、多くのMはエンジンパワーが強烈なのでサーキットよりも直線が得意な“マッスルカー”だ。しかし、M3はもともとが世界のツーリングカーレースで鍛えられていたので、カミソリのようなハンドリングをモットーとしていた。だが、そのM3も気がついたらV8エンジンを積むようになってしまったのである。M3のDNAはエンジンよりもシャシーが勝るという掟を忘れたのかと残念に思うことがあった。

だが、新型M3については、昔のカミソリMが帰ってきたと思われた。

エンジンはV8から直6へとダウンサイジングされたし、ターボ化されたとはいえ、レースでも使えそうなツインターボで武装している。気になるのはシルキー6とカミソリのようなハンドリングだ。

BMW 新型M3セダンBMW 新型M3セダンBMW 新型M3セダンBMW 新型M3セダンBMW 新型M3セダン

M3のライバルは存在するのか!?

まず本論に入る前に、M3のライバルとなり得るクルマを探してみよう。

LEXUS IS F

サーキットとファミリーユースが両立できる「羊の皮をかぶった狼」はM3以外では見当たらないと思っていたが、「LEXUS IS F」がM3に近いコンセプトで開発されている。

IS FはトルコンATしかないが、ヤマハ・チューンの5リッターV8は気持ち良く回る。本当はもっと回せるのだが「トルコンATの限界がある」と聞いたことがあった。

しかし、IS Fはサーキットでもそこそこ愉しめるクルマである。

LEXUS RC FLEXUS RC F

最終モデルは懸案だったトラクション性能も高まりサーキットのパフォーマンスは向上しているが、今年のデトロイトショーで次期モデルの「LEXUS RC F」が発表された。IS Fはセダンであったが、今度はスポーツクーペとしてRCがラインナップされ、そのリアルFがRC Fだ。だからM3というよりはM4クーペがRC Fのライバルとなるだろう。

RC FはM3/M4のようなダウンサイジングターボではなく、5リッターV8を踏襲する。ターボエンジンの開発に手が回らないというのが本音かもしれないが、自然吸気のV8エンジンも悪くない。だが、大きなエンジンをフロントに収めているので、ハンドリングはカミソリのようには切れないだろう。

しかし、発表されたスペックから想像するとトルク・ベクタリングを採用し高剛性ボディを実現、ハンドリングはかなり性能アップしていると思われる。ナンバー無しのレース車両も市販するので、サーキットを強く意識してRC Fは開発されている。

まだRC Fのステアリングを握ることはできないが、新型M3/M4のライバルとしては十分な資質を持っているのではないだろうか。

では、次ページで新型M3のパフォーマンスを早速レポートしよう。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 和夫
筆者清水 和夫

1954年生まれ。1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして、自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。近年注目の集まる次世代自動車には独自の視点を展開し自動車国際産業論に精通する。一方、スポーツカーや安全運転のインストラクター業もこなす異色な活動を行っている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW M3セダンの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW M3セダンのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW M3セダンの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW M3セダンの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW M3セダンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる