autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW M5試乗│いつの時代も驚きをもたらすハイパフォーマンスカー

試乗レポート 2018/4/20 10:57

BMW M5試乗│いつの時代も驚きをもたらすハイパフォーマンスカー(1/2)

BMW M5
BMW M5BMW M5BMW M5BMW M5画像ギャラリーはこちら

いつの時代もM5には驚かされる

BMW M5

6世代目へとフルモデルチェンジを果たしたBMWのハイパフォーマンスサルーン「M5」に、日本の道で触れることができたので紹介しよう。

思い返せば、いつの時代もM5には驚かされる。記憶に新しいところでは、2004年の先々代モデルでは、F1参戦で培われた技術で作り上げられた最大出力500馬力の大台にのった排気量5リッター V10エンジンを、手軽に誰もが一般道で楽しめるモデルとして驚かされた。2011年の先代モデルでは、圧倒的な速さに、これまたノーマルモデルを超えるレベルの快適性を同居させているシャーシ技術に驚かされた。

そして今回もまた、驚きがあった。それはMモデル初の4輪駆動「M xDrive」の採用。そして後に述べる、これまたMモデル初の装備類の採用だ。

>>BMWのハイパフォーマンスサルーン「M5」を画像でチェック(47枚)

ハイパフォーマンスカーらしい勇ましい音を奏でる

BMW M5BMW M5

今回もまた一見すると5シリーズのMスポーツモデルに見間違ってしまうほど、さりげなく控えめに迫力を増す程度の専用外装だ。メルセデスのAMGモデルのように派手に仕上げたほうが反響があると思うが、性能をひた隠すような飽きのこない本質追求のMモデルの姿勢は、今の時代においても変化はない。

しかし、エンジンをかけた瞬間こそ、触媒を早く温めて排ガスを綺麗にするためにも、若干回転数は高めになり排気音も野太くハイパフォーマンスカーらしい勇ましい音を奏でるようになった。

だが触媒の早暖モードが終わると、そこからはいつも通りの紳士。流石に閑静な住宅街で、早朝や深夜に帰ってきて気付かれないレベルにはならないが、アクセルを踏み込まなければ近所の目を気にせず使える。

BMW M5

ランフラットタイヤを使用するノーマルの5シリーズでも乗り心地が良いが、ダンピングに多少の硬さが生じるランフラットではなくノーマルタイヤを選択するMモデルの乗り心地が良いのは、改めて説明する必要もないだろう。

しかし、これだけは言わせてほしい。4輪駆動になり、後輪だけでなく前輪が効率よくクルマを引っ張ってくれるおかげで、停止状態から発進時に先代ではググッと後ろに傾いていた姿勢変化が劇的にフラットに収まっている。それは乗り比べたら誰もがわかるレベルで、突き上げの有無や走行振動の有無、そして振動収束の速さ、さらいは静かさなど、今までの価値観での快適性も磨かれているが、さらに一つ、姿勢変化の少なさという武器を手に快適性を洗練させてきた。

新型には歴代モデルでは一切採用してこなかった運転支援装備を搭載

BMW M5

これだけでも十分だが、もう一つ驚きが。それは運転支援関連の装備をフル採用してきたことだ。

実はMモデルはクルーズコントロールなど、クルマ側からの運転支援分野の装備を一切採用してこなかった。今の時代の価値観に合わせたのだろう、今回からハンドル支援からレーダークルーズコントロールなど、“5シリーズ同様の“ほぼ”レベル2自動運転機能を搭載してきたのだ。

この手のモデルのオーナーは、絶えず速く走りたいとか、自分で運転したいと思っているわけではないという市場の声が届いたのだろうか…。何にせよ喜ばしい判断だ。ちなみに今回はツインクラッチではなく、トルクコンバーターのATを採用。そこにロックアップを用いてツインクラッチ風に使っているが、穏やかにアクセル操作をするとATらしい穏やかな速度変化も可能にする。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW M5 の関連記事

BMW M5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW M5 の関連記事をもっと見る

BMW M5 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2018/4/22~2018/5/22