autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ新型「R8」最高速330km/hという性能を完全にコントロール!世界中のレースで大暴れも納得!

試乗レポート 2016/5/10 13:45

アウディ新型「R8」最高速330km/hという性能を完全にコントロール!世界中のレースで大暴れも納得!(1/2)

関連: アウディ R8 Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志
アウディ新型「R8」最高速330km/hという性能を完全にコントロール!世界中のレースで大暴れも納得!

富士スピードウェイの本コースで新型「R8」を試す!

アウディ 新型R8 サーキット試乗アウディ 新型R8 サーキット試乗

アウディの新型R8に試乗したので紹介したい。前置きは後回しにして、まずコクピットに座ってスターターボタンを押した、と思って欲しい。

>>アウディ新型「R8」画像でチェック(76枚)

すると610馬力を発生する5.2リッターV10エンジンが傲然と回り出す。試乗は富士スピードウェイの本コースである。R8くらいの性能持つクルマの性能をフルに楽しむならサーキットでしょう!

マニュアルレンジの1速をセレクトし、アクセル踏むと低い回転域で滑らかに走り出す。このくらいジェントルに走り出せるなら、街中でもストレスない。

ミッションはツインクラッチのため、パドル操作すると同時にシフトアップ。このくらいのパワーあるモデルだと「マニュアルよりツインクラッチの方が速い」というのが今や常識になった。

サーキット走行のオキテなので1ラップは高速クルーズでコース&各部のチェックを行う。

競技用車両『GT3』とボディ構造ほぼ同じ!?

アウディ 新型R8 サーキット試乗アウディ 新型R8 サーキット試乗

1コーナーを回って70%くらいアクセル踏んでたまげる!驚くほど質感が高い!

アルミとCFRP(カーボン)で作られているボディは競技車両と同じくらいガッシリしており、後で聞いたら競技用車両である『GT3』とボディ構造ほぼ同じだという。

ステアリングフィール文句無し。カーボン製ディスクをセットしたブレーキのタッチは、冷えているときからカッチリしており苦しゅうない。

従来型と見分けが付きにくいデザインを除き、何から何までホンモノの奥行きと迫力を持ってます。「素晴らしいね!」と思っているウチ、最終コーナーをクリアしてアクセル全開!もはや単純に速いですワな。

0~100km/h加速が3.2秒。最高速330km/hですから。

>>アウディ新型「R8」画像でチェック(76枚)

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

アウディ R8 の関連編集記事

アウディ R8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ R8 の関連編集記事をもっと見る

アウディ R8 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR