アウディ Q7 試乗レポート/松田秀士(1/3)

アウディ Q7 試乗レポート/松田秀士
イメージ イメージ フロントビュー リアスタイリング 画像ギャラリーはこちら

アウディ Q7 試乗レポート/松田秀士

イメージ

Q7のベースとなっているのは、ポルシェ カイエンやフォルクスワーゲン トゥアレグと同じプラットフォーム。

これを、標準で3列シートとしているところにQ7の特徴がある。2003年のデトロイトショーにコンセプトモデルとしてデビューした、「パイクスピーク・コンセプト」がQ7の始まりだ。

このモデルでは、パフォーマンスSUVとしてオンロードでの走行性能を強化することと、3列シートのゆとりある室内スペースが提案され、2006年にQ7がデビューしたのだ。

今回はマイナーチェンジで、エクステリア及びインテリア、より環境性能を高めたエンジンを含むシステムに変更された。

快晴の秋空のもと、箱根で行われた試乗会に出かけて早速新しいQ7を試してきた。

立体感が増したQ7のエクステリア

イメージ

まずエクステリアの変更点は、アウディの共通デザインであるシングルフレームグリルが格子状のものからストライプ重視のクロームデザインになり、格子状の横方向はハイグロスブラックと呼ばれる光沢のあるものに変更されている。これは一見して立体感を増していて「おっ!変わった」と感じる部分だ。

さらに、フロントバンパーもデザインを一新しており、下部をボディとのコントラストを強めたマットブラックもしくはプラチナグレーにペイントしている。

また、中央部のアンダーボディガードはリブ状デザインとなった。この処理によって、ボディ上部のクーペのようなスポーティなデザインに対し、ボディ下部はオフロードっぽいSUVのイメージとして強調する狙いがある。これによってリヤバンパー下部にもコントラストカラーが採用されている。

そして、ここ最近のアウディのデザイントレンドに従ってQ7にもヘッドライトにLEDのポジショニングランプが採用されたのだ。このLEDポジショニングランプの配列はモデルによって異なっており、シングルフレームでアウディブランドを強調し、LEDポジショニングランプでモデルを識別させる狙いがある。

これによって、アウディモデルのなかでLEDポジショニングランプが採用されていないのはTTのノーマルモデルのみとなった。テールゲートのデザインもQ5の流れを汲んだ立体的なものとなり、テールランプにもLEDが採用されて、三次元な点灯パターンで視認性を増している。

鋳造のアルミホイールは3.6Lモデルが18インチの6アーム、4.2Lモデルには19インチの5アームVデザイン。そして、オプション選択可能な20インチにはSライン用の5アームと、標準仕様の10アームVデザインが設定されている。

リアスタイリングバイキセノンヘッドライトLEDテールランプグリルタイヤ&アルミホイール
1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
松田 秀士
筆者松田 秀士

1954年高知県生まれ。僧侶の資格を持ち、サラリーマン、芸能人の付き人を経て、28歳でレースデビュー。92年には、デイトナ24時間&ル・マン24時間レースに出場。94年、インディ500マイルレースに日本人2人目のドライバーとして初参戦。2年目の95年には完走を果たし、翌年、当時日本人最高位完走という成績を残した。同じ頃から東京中日スポーツ新聞等で自動車評論活動を開始。現在も執筆活動の傍ら、レーシングドライバーとしても活躍中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

アウディ Q7の最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ Q7のカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ Q7の中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ Q7の記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ Q7のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる