autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 冬だからこそ・・・アバルト124スパイダーをオープンにして、サソリの”ピリ辛スパイス”を愉しんじゃおう

試乗レポート 2017/2/17 13:59

冬だからこそ・・・アバルト124スパイダーをオープンにして、サソリの”ピリ辛スパイス”を愉しんじゃおう(1/4)

関連: アバルト 124スパイダー Text: 藤島 知子 Photo: 和田清志・FCAジャパン
冬だからこそ・・・アバルト124スパイダーをオープンにして、サソリの”ピリ辛スパイス”を愉しんじゃおう

真冬だけど、あえてオープンカーを愉しみたい!

Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) 試乗レポート/藤島知子

2016年秋より発売を開始したアバルト124スパイダーで信濃路をドライブする機会を得た。試乗レポートを届けてくれるのは、モータージャーナリストの藤島知子さん。外はまだまだちょっと(いやだいぶ)寒いけど、ヒーターを目いっぱい効かせて屋根全開! 実は真冬だって(真冬だからこそ)愉しいオープンカーのドライビングについて、そしてアバルトのニューモデルの魅力についてたっぷり語ってくれた。

>>Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) フォトギャラリー[画像68枚]

東京と長野、往復約600kmを走破する一大試乗会に参加

Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) 試乗レポート/藤島知子

毎年この時期に行われているFCAの冬季フルライン試乗会。今回はFCAジャパンのヘッドオフィスがある東京都内から長野県の白馬までを往復するドライブルートで3車種に試乗します。

■参考:雪上から高速道まで、ジープ グランドチェロキー2017年モデルを思いっきり堪能[2017/02/16]

我がオートックワン取材チームが選んだ1台目の車両は、2016年10月に発売されて話題を呼んでいる「アバルト 124スパイダー」。このモデルでロングドライブするのは初めてなので、どんな気分にさせてくれるのかワクワクしてます!

今後、アバルトの販売網が大幅に拡充していく

FCA商品ラインナップ群(一部)

「FCA」といえば、イタリアブランドのアルファロメオ、フィアット、アバルトをはじめ、アメリカメーカーのクライスラー、ジープを傘下にもつグループ。2016年の日本における販売は好調で、ジープの9388台に加えて、フィアットは毎年堅調に売れ続けてきた「500」のマイチェンモデルや新規車種「500X」の登場で新車登録台数は6717台に。そこにアバルトの2240台を合わせると、グループ全体で2万台を上回って、過去最高を記録しました。

ちなみに、これまで専売店で売られていたアバルトは、今後は全国80拠点以上のフィアットディーラーで販売されるそうなので、更なる発展が見込めそう。

>>フジトモと行こう! Abarth 124 Spider(アバルト124スパイダー) 試乗レビュー[画像68枚]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

アバルト 124スパイダー の関連編集記事

アバルト 124スパイダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アバルト 124スパイダー の関連編集記事をもっと見る

アバルト 124スパイダー の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR