autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 上海モーターショー2013 BOSEブースレポート/金子浩久

モーターショー 2013/5/1 13:48

上海モーターショー2013 BOSEブースレポート/金子浩久(1/2)

Text: 金子 浩久 Photo: ボーズ・オートモーティブ株式会社
上海モーターショー2013 BOSEブースレポート/金子浩久

BOSEのカーオーディオの歴史は「キャデラック セビル」から

上海モーターショー2013 BOSEブース
上海モーターショー2013 BOSEブースへ展示されていた「キャデラック セビル」上海モーターショー2013 BOSEブースへ展示されていた「キャデラック セビル」

過去最大規模の盛り上がりを見せた「オート上海2013」(上海モーターショー2013)の会場において異彩を放っていたのが、オーディオメーカーの“BOSE”だった。

BOSEブースから向かって左側には、最新の「キャデラック XTS」ともう一台、見慣れないクルマが展示されている。

よく見ると1980年代の2代目「キャデラック セビル」ではないか。もはや、アメリカ本国であってもなかなか姿を拝むことができなくなった(2代目)セビルだけれども、昔は日本でも時々見掛けていた。なんといっても、リアスタイルがとても特徴的だ。

そんなセビルが、キャデラックブースではなくBOSEブースに展示されていたのには理由がある。そう、このクルマからBOSEカーオーディオの歴史が始まったのである。

正しく取り付け、本来持つクオリティの音質を引き出す解は“完璧を期する”事

上海モーターショー2013 BOSEブースへ展示されていた「キャデラック セビル」
上海モーターショー2013 BOSEブースへ展示されていた「キャデラック セビル」上海モーターショー2013 BOSEブースへ展示されていた「キャデラック セビル」

 「それまで、BOSEにはホームオーディオの経験はあってもカーオーディオの経験がありませんでした」(BOSEオートモーティブチャイナ、ゼネラルマネージャーのジョン・マー氏)

実際には、BOSEはそれ以前にもアフターマーケット用のカーステレオを販売していた。しかし、

「ユーザーが正しい方法で取り付けていないなど、弊社が想定したクオリティで音楽が再生されていないクルマがありました」

そうした現状に、BOSE創業者でMIT(マサチューセッツ工科大学)教授のアマー・G・ボーズ博士は悩まされていた。

「ユーザーや販売店任せにしてしまうのではなく、我々が考える正しい方法で取り付けることはできないだろうかと考えるようになりました」

その答えは、“完璧を期する”ことの中にあった。完璧とは、アフターマーケットでの販売を止め、自動車メーカーと協働し、新車の開発時点から専用設計を施したカーオーディオシステムを開発し、ライン装着することであった。

ボーズ博士は、当時のMITの学長「ジェローム・ウェスナー博士」に相談した。

学長はGMの副社長を紹介してくれ、そこからBOSEとGMの共同開発が始まった。その第1弾が、1983年の「キャデラック セビル」と「エルドラド」「ビュイック リビエラ」「オールズモビル トロナード」の4車種に組み込まれたのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!