autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 新型ラフェスタハイウェイスター 新型車解説 3ページ目

新型車解説 2011/6/15 21:53

日産 新型ラフェスタハイウェイスター 新型車解説(3/3)

日産 新型ラフェスタハイウェイスター 新型車解説

新型ラフェスタハイウェイスターならベースのエアロ車よりもお得感倍増!

日産 新型ラフェスタハイウェイスター
日産 新型ラフェスタハイウェイスター日産 新型ラフェスタハイウェイスター

エンジンはOEM車とあってプレマシーと共通。2WDは直噴式の直列4気筒2リッターエンジンで、150馬力の最高出力と19.0kgf・mの最大トルクを発揮する。4WDは2リッターながら直噴式ではなく、139馬力/17.8kgf・mの性能だ。

グレード構成は前述のように、全車がエアロパーツを装着したハイウェイスター。その上で、アイドリングストップや横滑り防止装置を備えた標準タイプ(208万4250円:2WD)(228万9000円:4WD)、これらの装備を持たない低価格のハイウェイスターJパッケージ(199万1850円)、オートライトシステムなどを備えた上級のハイウェイスターG(226万8000円:2WD)(248万3250円:4WD)の3種類を選べる。

ベース車となるプレマシーの場合、エアロパーツを装着するのは209.9万円の20Sのみ。新型ラフェスタハイウェイスターを選べば、外観が異なるほか、エアロパーツ装着車の選択肢も増える。その意味では、新たなOEM車の発展方向を示したといえるが、クルマとしての機能は当然ながらプレマシーと同じだ。実用面におけるユーザーの選択肢は増えない。

最近はOEM車の導入が活発。直近ではスバルのステラがダイハツのムーヴと同じクルマになり、スズキのソリオも三菱デリカD:2として供給されている。メーカーの戦略に、リーマンショック以降の厳しい経済情勢が加わり、OEM車が増えてきたのだ。

日本のメーカーは、今ではいずれも長い歴史を持つ。日産、マツダ、三菱、スバルなど、各社とも特色を打ち出した個性的なクルマ造りを行う。ユーザーも、各社の伝統や持ち味に期待してクルマを購入している。

その意味で、日産車の中身がマツダ車と同じだったり、スバルがダイハツ製のクルマを扱ったのでは、各メーカーの持ち味は薄れるばかりか、ユーザーの期待にも応えられない。

クルマは、メーカーの特色ある技術力の上に成り立つ商品。プレマシーにはマツダの血が流れており、外装を変えたところで、日産車にはなれない。OEM車の増殖は、自動車メーカーとしての名を落とす。車種の数を減らしても、渾身の1車を造り上げて欲しい。

日産 ラフェスタハイウェイスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連記事

日産 ラフェスタハイウェイスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連記事をもっと見る

日産 ラフェスタハイウェイスター の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19