autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日立、PHEV用リチウムイオン電池を開発

自動車ニュース 2010/1/13 14:51

日立、PHEV用リチウムイオン電池を開発

日立とハイブリッド電気自動車用のリチウムイオン電池の開発・製造会社である日立ビークルエナジーは、世界的な自動車の排出ガス規制強化にともなう環境対応車需要の拡大に対応して、プラグイン・ハイブリッド電気自動車用リチウムイオン電池を日立としてはじめて開発した。

2010年春より、国内外の自動車メーカーにサンプルの出荷を開始する。

プラグイン・ハイブリッド電気自動車(以下、PHEV)は、モーターのみによるEV(電気自動車)走行モードとエンジンとモーターよるHEV(ハイブリッド電気自動車)走行モードをあわせ持ち、大幅な燃費改善と排出ガス制御を達成することができ、今後の環境対応車の主力のひとつになれると見られている。

今回開発したリチウムイオン電池は、PHEVへの搭載に適した高性能かつ信頼性の高い電池であり、高エネルギー(持続力:航続距離に寄与)と高出力(瞬発力)性能を両立している。今後は、これまでの日立の市場実績やモノづくりの技術から得たノウハウを結集し、量産化の準備を進めていく。

日立グループは、2000年に世界に先駆けて安全で高機能かつ長寿命な自動車用リチウムイオン電池の量産を開始、その後、商業用ハイブリッドバス・トラックを中心に、鉄道車両等の用途も含めて累計90万セルの電池を市場に投入してきた。

今回開発したリチウムイオン電池は、自動車用に加え日立グループが注力する社会イノベーション事業、例えば、鉄道、建設・産業機械、電力貯蔵量等、産業分野でのより一層の活用をめざし、制御と組み合わせた電池システムとして最適なソリューションを提供していくとしている。

自動車用リチウムイオン電池の販売は、日立オートモティブシステムズが行っている。

また日立は2010年3月3日から3月5日まで東京ビッグサイトで開催される「第1回 国際二次電池展」に、このPHEV用リチウムイオン電池を展示する予定。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!