autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース キャデラック、「エスカーラ コンセプト」をペブルビーチで世界初公開!

自動車ニュース 2016/8/19 16:37

キャデラック、「エスカーラ コンセプト」をペブルビーチで世界初公開!

キャデラック エスカーラ コンセプト

8月18日、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスが開催されるカリフォルニアで、キャデラックのコンセプトカー「エスカーラ コンセプト」が初公開された。

>>「エスカーラ コンセプト」フォトギャラリー

このコンセプトカーのデビューにより、常に進化を続けるキャデラックのデザインや、今後の製品モデルラインナップに活かされていくクラフトマンシップ、テクノロジーの数々が明らかになった。

「エスカーラ コンセプト(以下、エスカーラ)」は、これからのキャデラックのデザインとテクノロジーに対する理念を明確化する1台であり、キャデラックが進める拡大路線を新たな段階へと導くモデルである。

グローバルキャデラックの社長を務めるヨハン・デ・ナイシェン氏は、「エスカーラは、2つの明確な目的を持ったコンセプトモデルです。第1の目的は、キャデラックデザインの新たな方向性と、今後キャデラックモデルに搭載すべく現在開発しているテクノロジーを明確に示すこと。そして、第2の目的はキャデラックのラグジュアリーな世界観を確立し、プレミアムセグメントの頂点に再び戻る指標となること。ラグジュアリーセダンセグメントが拡大していけば、私達が現在計画している製品モデルのラインナップに、エスカーラが追加されることも十分にあり得ます」と述べている。

新型「CT6」よりも大きなボディサイズで格上の存在感を放つ最高級セダンが登場!

キャデラック エスカーラ コンセプト

コンセプトモデルのエスカーラ(“スケール”を意味するスペイン語)は、最近発表された2016年モデルの「CT6」よりも大きなボディを有した、さらに格上の存在感を持ち合わせた最高級セダンである。ここ最近では、ペブルビーチで発表したコンセプトモデル、「シエル コンバーチブル」(2011年)と「エルミラージ クーペ」(2013年)に続き、このエスカーラが3台目となる。

エスカーラは、ドライバーが走りを楽しむための車であるとともに、快適な乗り心地を味わうためのフラグシップセダンでもある。この大型4ドアセダンは大胆なリフトバックデザインが特徴で、この車の圧倒的なスケールと多用途性が強調されている。全長は5347mmで、現行モデルのキャデラックCT6よりも約160mm長くなっている。

エスカーラのフェイスデザインは、キャデラックがこれまで採用してきたものを新たに進化させ、近日登場する製品モデルからその新しいデザインが取り入れられる予定。この新しいデザインは、1948年から受け継がれているキャデラック独自の縦型ライトに、新たなアレンジが加えられている。有機LED(OLED)を採用したライトは、よりスリムで奥行きのある仕上がりとなっており、昼夜を問わずワイルドなルックスを演出する。

「テクノロジー」と「リラクゼーション」“2つの個性”をもつインテリア

キャデラック エスカーラ コンセプト

エスカーラは、車内のまったく異なるゾーンのインテリアにおいて“2つの個性”を特徴づけている。フロントは現代のテクノロジーにフォーカスした仕上がりで、リアは乗員にリラクゼーションをもたらしている。

曲線を描く3つのOLED式ディスプレイは、フロントキャビンにおける大きな特徴だ。このテクノロジーは、今後登場するキャデラックの製品モデル向けに開発したものである。ドライバーの正面には非常に薄い曲線状のディスプレイが重ねられており、“Cadillac”の文字をあしらったエンボスが施されたハンドステッチ加工のレザーで覆われている。メーターパネルを構成する複数のディスプレイは、一つのユニットとして統合された。

キャデラック エスカーラ コンセプト

エスカーラにはコネクティビティコントロールの新たな機能が備わっている。これは開発途中のプロトタイプであり、将来的には製品モデルに採用される予定。システムにはセンターコントロールモジュールが備わっており、タッチ操作だけでなく、声やジェスチャーでも一連の通信機能をコントロールできる。このアイコンは新たにデザインされたもので、キャデラックの輝かしい歴史を象徴している。

今日のキャデラックの製品モデルと同様、インテリアは手作業で組み立てられる。なお、ドアトリムとシートには特別に仕立てられたファブリック素材が幅広く使用されており、この素材は、キャデラックのファッション業界に属するパートナー企業が使用するスーツ素材をヒントにしたもので、新次元のクラフトマンシップやカラー、今日の車のインテリアにおける技法の独自性を提供する。

CT6に初導入の世界最先端のボディ構造を採用

キャデラック エスカーラ コンセプト

エスカーラには、大型ラグジュアリーカーのアーキテクチャーをベースとした新しい後輪駆動と、新型CT6に初めて導入された世界最先端のボディ構造が採用されている。このボディ構造は各種素材を組み合わせており、かつてない俊敏性と効率性が実現した。

また、新開発された4.2リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは、今後キャデラックの製品モデルに採用される予定のプロトタイプである。他をリードするこのエンジンは、アクティブ・フューエル・マネージメントテクノロジーを採用しており、4気筒での運転によって燃料消費量を抑えることが可能。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック の関連記事

キャデラックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック の関連記事をもっと見る

キャデラック の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24