autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 メディア初潜入! ココがマツダ躍進の“カギ”!?「MRE(マツダ R&D ヨーロッパ)」 2ページ目

特別企画 2015/9/29 20:32

メディア初潜入! ココがマツダ躍進の“カギ”!?「MRE(マツダ R&D ヨーロッパ)」(2/3)

メディア初潜入! ココがマツダ躍進の“カギ”!?「MRE(マツダ R&D ヨーロッパ)」

最近はドイツ御三家も気になる存在になった!?

マツダMRE

パワートレインはエミッション関係が中心で、ガソリン/ディーゼルと2機所有する排ガス計測施設で欧州の試験サイクルに合わせて排ガスの分析を行っている。

新車はもちろんだが、すでに販売されたユーザーのクルマ(特に走行距離の多い車)のチェックも定期的に行われており、実際に20万km近く走行したクルマでも規制値をシッカリとクリアしていることを確認しているそうだ。

ガレージではサスペンションの調整や組み換えなどはもちろん、場合によってはエンジンの積み替えなども行うことが可能な施設を備える。

どちらの施設も写真撮影はNGだったが、マツダ車以外のライバルメーカー比較車両などもチェックを受けていた。

ちなみに欧州ではメーカー同士でニューモデルを貸し借りする制度がある。しかし、マツダが借りるとなると一昔前は大変だったそうだが、最近はドイツ御三家も気になる存在になった(!?)のか、相互交換も頻繁に行なわれているそうだ。そんな所からもマツダの評価の高さが伺えるだろう。

ニュル等のサーキットではなく“基本”は一般道で評価

マツダMRE

その後、MREに駐在するエンジニアからマツダ車のドライビングポジションやパワートレインについてのこだわりのレクチャーを受けたが、「人間中心」の思想のために新世代商品群は全てを刷新させたことを欧州でも再確認。

いつもマツダの取材をしていて凄いと思うのは、理想のクルマに対する哲学や思想がどこで聞いても、誰に聞いても一切のブレがないと言う点だ。それも“個別”の商品ではなく“ブランド”全体で、である。

続いて、新世代商品のCX-5、6(アテンザ)、3(アクセラ)、MX-5(ロードスター)での試乗だ。試乗コースはMRE~一般道~ワインディング、そしてアウトバーンとドイツの道路環境を味わえるルートだが、一部MREの評価用ルートも含まれている。

マツダは欧州にテストコースを持っていないので、必要な時はサーキットやニュルなどを借りることもあるそうだが、“基本”は一般道で評価を行っている。数値が優れるクルマではなく、「乗って楽しいクルマ」を目指すマツダらしい。

どのモデルもステアリングを握ると、日本で感じた印象と基本的には同じで、更に日本では体感できない速度域でも安心して走れることも確認できた。

細かいことを言えば、フットワーク系はダンパー/スプリングなどのセットアップは日本仕様と若干異なるのだが、速度域や道路環境に合わせて最適化されているだけで、クルマその物の“本質”は変わらない。

新世代商品群は「アウトバーンで長距離ドライブが楽にできる」がコンセプトと聞くが、どのモデルも同じ方向性の走りなので、MX-5からCX-5にパッと乗り換えたとしても走りに統一感があるのが嬉しい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25