autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 新型オデッセイ(5代目)試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2013/10/31 10:53

ホンダ 新型オデッセイ(5代目)試乗レポート/九島辰也(2/2)

関連: ホンダ オデッセイ Text: 九島 辰也 Photo: 茂呂幸正
ホンダ 新型オデッセイ(5代目)試乗レポート/九島辰也

車高アップと低床フロアで乗り降りしやすい

ホンダ 新型オデッセイホンダ 新型オデッセイ

それでもアブソルートはパドルシフトでスポーティな走りができる。コーナー手前の減速域でもそこそこエンジンブレーキが使えるのがうれしい。このエンジン、デュアルクラッチで遊べたらどんなに楽しいだろうか。

また、それを強く感じたのはシャシーの動きもいいからだ。

ホンダがツインリンクもてぎに用意した1.3キロのコースは、まさに彼ららしく良い感じのコーナーが連続する。特に終盤の長く緩やかなコーナーはリアが出そうで出ない感じを楽しむのにうってつけである。で、ここで新型オデッセイがミニバンらしからぬ動きをする。言うならばコンパクトハッチ。ハンドリングに対するシャシーの一体感は秀逸で、リアの足の粘りも感じた。う~ん、ゴーカートライクな乗り味だ。

もちろん、ドライビングが楽しいのはアブソルートのほう。

17インチのタイヤは乗り心地をキープしながらしっかり路面を駆ってくれる。コーナリングスピードは他のグレードに対して絶対的にこちらが上だ。それに多少オーバースピードでコーナーに入っても大げさなタイヤの鳴き声を響かさずにすむ。

ホンダ 新型オデッセイホンダ 新型オデッセイ

そんなアクティブな走りと余裕の7名、8名乗車スペースというのが新型のウリとなる。低床+150mmの車高アップで、キャビンの空間はライバルと引けを取らなくなった。

セカンドシートのヘッドクリアランスは飛躍的に広がった。またスライドドアは開口部が広くて乗り降りしやすく、低床フロアがさらにそれを手助けする。スッと足を出したところが地面なのだからこいつは楽。高齢者の方にもやさしいパッケージングと言えそうだ。

ただひとつ言わせてもらうと、ドライブトレインのバリエーションが寂しい。追ってラインナップされるのか知らないが、ハイブリッドモデルがあっても不思議はないのだが。

個人的にはコンパクトカーよりもこういったモデルの方がハイブリッドやクリーンディーゼルの必要性を強く感じる。大きくて人がたくさん乗れるクルマこそ、好燃費を欲するからだ。

それはともかく、新型オデッセイは大胆に生まれ変わった。マーケットのニーズを反映しての進化である。となるとヒットは必至。新型オデッセイが街にあふれる日も近いかも……しれない。

筆者: 九島 辰也

ホンダ オデッセイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ オデッセイ の関連記事

ホンダ オデッセイの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ オデッセイ の関連記事をもっと見る

ホンダ オデッセイ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円