autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 今度は買える!ホンダ新型「シビック タイプR」はカタログモデルに!再びFF最速に自信も 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/10/4 12:44

今度は買える!ホンダ新型「シビック タイプR」はカタログモデルに!再びFF最速に自信も(2/3)

関連: ホンダ シビックタイプR Text: 山本 シンヤ Photo: 本田技研工業/山本シンヤ
今度は買える!ホンダ新型「シビック タイプR」はカタログモデルに!再びFF最速に自信も

新型タイプRは見た瞬間にランエボ/WRXが蘇る

ホンダ 新型シビック タイプR(2016パリショー)ホンダ 新型シビック タイプR(2016パリショー)

そして今回、この新型シビック・ハッチバックがベースとなる、新型「タイプR」のプロトタイプが発表された。大開口のフロントバンパーやエアベント付のボンネットや235/35ZR20サイズのタイヤ(コンチスポーツコンタクト6)&アルミホイールを収めるための前後フェンダー、ディフューザー付きのリアバンパー、3本出しセンターマフラー、ルーフのボーテックスジェネレーター、大型リアウイングなどにより、従来モデルよりもアグレッシブで戦うクルマといったイメージのスタイルに仕上がっている。

見た瞬間に、かつてのランエボ/WRXが蘇るデザインだ!

デザインを担当した蔦森大介氏は「プロトタイプですが、エクステリアのデザインはほぼこのままだと思っていいただいても構いません。今回の新型『タイプR』のデザインは全て“機能”を形にしています。そういう意味では、これまで以上に開発部隊とデザインチームが密接に連携を取りながらデザインを行なっています」と語る。

2リッター直噴VTECターボ+6速MTを踏襲だが

新型シビック ハッチバック(欧州仕様)ホンダ 新型シビック タイプR(2016パリショー)

一方、インテリアは「正式発表までお預け」と言うことで、濃いスモークが張られていたのでシッカリとは見えなかったが、専用のステアリング/シフトノブ/メーター/スポーツシートなどを確認。シフトレバー横にはモード切り替えのようなスイッチも…。

メカニズムに関しては正式なアナウンスはなし。しかし、開発責任者(LPL)である假屋満氏は「シャシー系は現行モデルではフロントサスは新設計(デュアルアクシスストラット)できましたが、リアサスはトーションビームのままだったので苦労しましたが、新型はリアサスがマルチリンクですので設計の自由度も増えています。そういう意味では、電子制御に頼ることなく“素”の状態で性能を高めることができたので、コーナリング性能は更にレベルアップしています。

パワートレインは現行モデルの2リッター直噴VTECターボ+6速MTを踏襲しますが、そのまま…と言うことはありませんね。現時点では何も言えませんが、皆さんが想像している通りだと思います(笑)」。

>>ホンダ 新型「シビック タイプR」詳細まで写真でチェック

ホンダ シビックタイプR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シビックタイプR の関連記事

ホンダ シビックタイプRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シビックタイプR の関連記事をもっと見る

ホンダ シビックタイプR の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円