autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 初代コペンを彷彿とさせる“丸目”が新型で登場!「ダイハツ コペンセロ(Cero)」 2ページ目

新型車解説 2015/6/18 11:03

初代コペンを彷彿とさせる“丸目”が新型で登場!「ダイハツ コペンセロ(Cero)」(2/2)

関連: ダイハツ コペン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: ダイハツ工業株式会社
初代コペンを彷彿とさせる“丸目”が新型で登場!「ダイハツ コペンセロ(Cero)」

内装はセロ専用のレッドカラーも選べる

コペン セロはインパネにも変更を施し、左右に伸びる骨格を表現したストレートフレーム形状としている。自発光式3眼メーターを装着して、セロの専用になるシルバーリングの付いたブラック盤面も採用した。

ダイハツ コペン セロ

色彩はローブと同様にベージュを基本としながら、メーカーオプションではセロ専用のレッドインテリアパックを選べる。ちなみに先に述べたコペンエクスプレイもインパネの形状をローブとは変えており、コペンはモデルに応じて内外装を細かく造り分けている。

軽自動車初の「バイアングルヘッドランプ」採用

ダイハツ コペン セロ
ダイハツ コペン セロ

コペン セロの丸型にデザインされたヘッドランプは、ローブやエクスプレイと同様にLEDを使用している。

ただし、セロでは1つの光源でロー/ハイビームを使い分けるバイアングルタイプとした。クリアランスランプもLEDで、リング状に光る演出を施している。

リヤ側のコンビランプは各3灯×6本のLEDを放射状に配置して、独特の見栄えを演出する。

「DRESS-FORMATION」という新たな選択肢で選ぶ楽しみが増えた

エンジンはコペンローブやエクスプレイと同様、全車がターボを装着。

トランスミッションの選択肢はCVTと5速MT。JC08モード燃費は、CVTにはアイドリングストップが備わっており「25.2km/L」、5速MTは「22.2km/L」。

今のところ、セロにはローブやエクスプレイのような上級の「S」グレードは設けられていない。

価格は、CVTが185万2,200円、5速MTが187万3,800円。ローブやエクスプレイに比べると、CVT/5速MTともにセロが5万4,000円高い。この価格差はLEDヘッドランプがバイアングルタイプになってハイビームにも対応し、メッキフォグランプベゼルなどの装飾類も充実するためだが、少し割高な印象だ。

だが、それでも先代コペンのエクステリアが好きなユーザーにとっては、コペンセロの丸型ヘッドランプを備えたフロントマスクは親しみやすいだろう。ローブとまったく異なる顔立ちとしながら、ボディサイドとのバランスも上手に保っている。

今の軽自動車は、標準ボディとエアロという2つの外観をそろえるのが普通だが、コペンには3つの選択肢がある。選ぶ時の楽しさに繋がりそうだ。

DRESS-FORMATIONの「30~40万円を支払って外観を変えるのか」という点は未知数だが、購入後に5~7年を経過して、さらに長く乗るために外観をリフレッシュする時は便利だろう。ただしそうなるとドアパネルの塗装も必要になり、もうひと工夫欲しい。

これからユーザー/ディーラー/メーカーが三位一体になって、新しいクルマの使い方、遊び方を考えられたら楽しいと思う。

ダイハツ コペン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ コペン の関連記事

ダイハツ コペンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ コペン の関連記事をもっと見る

ダイハツ コペン の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29