トヨタ・ホンダが救急ヘリ病院ネットワークと共同し、交通事故発生時の早期の救命・救助活動を可能とするシステムの運用を開始

  • 筆者:
トヨタ・ホンダが救急ヘリ病院ネットワークと共同し、交通事故発生時の早期の救命・救助活動を可能とするシステムの運用を開始
(左から)D-Call Netに対応したホンダ アコードハイブリッド、トヨタ クラウン、ドクターカー、救急車、(後列)ドクターヘリ (左から)D-Call Netに対応したホンダ アコードハイブリッド、トヨタ クラウン、ドクターカー、救急車、(後列)ドクターヘリ (左から)D-Call Netに対応したホンダ アコードハイブリッド、トヨタ クラウン、ドクターカー、救急車、(後列)ドクターヘリ (左から)D-Call Netに対応したホン(左から)ドクターカー、救急車 画像ギャラリーはこちら

“救える命を救いたい”

認定NPO法人救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net、ヘムネット)は11月30日(月)、交通事故発生時に自動車から事故状況を自動通報し、ドクターヘリ出動の規準システムとなる「救急自動通報システム(D-Call Net)」の試験運用をトヨタ自動車、本田技研工業、日本緊急通報サービスと共同で開始した。

(左から)D-Call Netに対応したホンダ アコードハイブリッド、トヨタ クラウン、ドクターカー、救急車、(後列)ドクターヘリ
ドクターヘリドクターヘリドクターヘリ

国内ではこれまで、日本緊急通報サービスが提供している緊急通報システム「ヘルプネット」が2000年より運用されていた。エアバッグが展開するような事故が発生した際、車載機から現在位置及び走行軌跡データがオペレーションセンターに自動配信され、「ヘルプネット」のオペレーターが通報者との会話・要請により警察・消防等の救助機関に接続することで、早期の救命・救助活動を可能としてきた。

今回試験運用が開始される「D-Call Net」は、これをさらに発展させたもので、自動車に搭載されている交通事故通報システムを拡張し、交通事故の通報と同時に事故発生時に自動車に記録された情報(衝突の方向・衝突の厳しさ・シートベルトの有無など)を自動で送信するというもの。

交通事故発生から平均1分、最大で3分程度で自動車に記録された事故状況データが自動で送信され、「死亡・重症率」を表示する。今回、注目点は一定以上の「死亡・重症率」が表示された場合、ドクターヘリ出動までの時間を短縮できるという点。

救急隊が駆けつける時間の短縮、治療開始までの大幅な時間短縮の方法として「ドクターヘリ」が確立されたわけだが、一方でこれまでのシステムでは、オペレーターによる会話での事故現場の情報収集、状況把握が中心であった為、ドクターヘリ出動の決定までに10分程の時間を要していた。

ドクターヘリ
自動車に記録された事故状況データが自動で送信され、「死亡・重症率」タブレットに表示される

このD-Call Netでは、オペレーションセンターに設置されたタブレットに事故の情報が表示され、ドクターヘリが出動するか否か的確な判断が短時間で可能となる。出動の基準となる「死亡・重症率」は、過去10年分の事故データをベースに開発された専用のアルゴリズムによって算出される。

これまでのシステムからD-Call Netの導入により、治療開始平均時間は38分から21分まで短縮される見込みで、試算では、すべてのドクターヘリに配備された場合、年間で282名の救命が可能になるとのこと。

事故発生時、自動でコールセンターに接続し救急車が出動する自動車に記録された事故状況データが自動で送信され、「死亡・重症率」タブレットに表示される日本医科大学千葉北総病院のフライトドクター 本村友一氏日本医科大学千葉北総病院のフライトドクター 本村友一氏日本医科大学千葉北総病院のフライトドクター 本村友一氏
緊急ヘリ病院ネットワーク 益子邦洋理事
D-Call Netに対応したレクサス/トヨタ車両D-Call Netに対応したホンダ車両

D-Call Netは、自動車メーカーからはトヨタ、ホンダが、そのほか、医療機関、国土交通省、警察庁などが開発に参画しており、システム開発ではKDDIが参加している。

今後は、ドクターヘリを保有する9つの基地病院で順次、実証実験や通報実働訓練を行う。自動車側は現在のところ、トヨタ(レクサス)の上位車種と、ホンダの2013年「アコード」以降の純正ナビ搭載車種でのみ利用できるが、順次拡大していく構え。そのほか、効果の検証やアルゴリズムの改善、ドクターヘリの出動を決定するための最適な基準値の決定などを試験し、2018年本格運用開始を目指す。

HEM-Netの益子邦洋理事は会見で、「今後とも多くの車種への普及をお願いしていくとともに、さらに多くの自動車メーカーへの参加を働きかけていきたい」とコメントした。

D-Call Netに対応したレクサス LXD-Call Netに対応したホンダ アコードD-Call Netに対応したホンダ アコードD-Call Netに対応したトヨタ クラウンD-Call Netに対応したトヨタ クラウン
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

レクサスの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサスのニュース一覧

ホンダの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダのニュース一覧

新型車リリース速報の最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事