ランドクルーザー300の新グレード「GR SPORT」 はただのカスタム仕様にあらず! シリーズ随一の本格オフロード仕様車だ[試乗&解説 前編]

画像ギャラリーはこちら
トヨタは、14年ぶりにフルモデルチェンジしたランドクルーザーシリーズ最高峰モデル「ランドクルーザー300」に、新シリーズ“GR SPORT(ジーアール スポーツ)”を設定した。豪華で押し出し感の強い通常モデルとは異なり、メッキ類を排除した精悍なルックス。それゆえハードなオフロードスポーツモデルに映る「GR SPORT」だが、実際に試乗した印象は、良い意味でイメージを裏切ってくれた!

四駆専門誌の編集長経験も持つカーライフジャーナリスト、渡辺 陽一郎氏が、GR SPORTの詳細な前後編で2回に渡るレポートをお届け。今回はGR SPORT解説編だ。

目次[開く][閉じる]
  1. 「GR SPORT(ジーアール スポーツ)」はダカールラリー参戦ドライバーの意見を反映したオフロードスポーツモデルだ
  2. 「GR SPORT」専用装備「E-KDSS」とはどんな機能!? 従来のKDSSとはどう違うの?!
  3. 悪路脱出に貢献する電動デフロックがリアに加えフロントにも備わる本格派
ランドクルーザー300の最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

「GR SPORT(ジーアール スポーツ)」はダカールラリー参戦ドライバーの意見を反映したオフロードスポーツモデルだ

ランドクルーザー300には、従来型とは異なるバリエーションが用意されている。それが「ランドクルーザー300 GR SPORT(ジーアール スポーツ)」だ。

新設されたGR SPORTは、ダカールラリーに参戦したドライバーの意見を開発に反映させたグレードで、モータースポーツと市販車を繋ぐ存在でもある。

外観上も、ブラックで統一したハードなイメージの専用フロントグリルやバンパーデザインとし、メッキ類で加飾され豪華な通常モデルとは大きく印象を変えている。

内装も同様にカーボン調のパネルなどを与えスポーティにまとめられた。

「GR SPORT」専用装備「E-KDSS」とはどんな機能!? 従来のKDSSとはどう違うの?!

「E-KDSS」は、舗装路での安定性と悪路走破性がそれぞれ向上する魔法のシステムだった

GR SPORTの特徴は、複数の専用装備が採用されていることだ。

中でも最も注目されるのは「E-KDSS(Electronic-Kinetic Dynamic Suspension System:エレクトリック キネティックダイナミックサスペンションシステム)」だろう。

E-KDSSは、電子制御により走行状態に応じてスタビライザー(ボディの傾き方を制御する足まわりのパーツ)の作動を変化させる。スタビライザーの作動とキャンセルを自動的に行う仕組みだ。

従来型の機械式「KDSS」に比べ作動領域が大幅に拡大、制御も繊細になった

ちなみに従来のKDSS(キネティックダイナミックサスペンションシステム:2007年登場の先代モデル「ランドクルーザー200」が初採用)は油圧による機械式であった。

この従来型のKDSSの場合、サスペンションが前後とも同じように動く舗装路のコーナリングなどでは、スタビライザーを通常通りに作動させた。いっぽう前輪側の足まわりが縮んで後輪側が伸びるなど、前後輪が別々に伸縮する悪路走行では、スタビライザーの作動をキャンセルして足まわりの伸縮性を拡大させる仕組みだった。

開発者によると「新型ランドクルーザー GR SPORTでは、電子制御式のE-KDSSを採用したから、スタビライザーをキャンセルする頻度も増える。例えば舗装路を直進している時でも、スタビライザーの作動を控えて、足まわりをゆったりと動かすことが可能だ」という。

悪路脱出に貢献する電動デフロックがリアに加えフロントにも備わる本格派

新型ランドクルーザー300 GR SPORTでは、サスペンションも専用にチューニングされ、悪路向けになっている。電動デフロック(デファレンシャルギアをロックして作動を停止させる機能)は、ほかのグレードでは後輪側のみをオプション設定としているが、GR SPORTは前後ともに標準装着した。

ただしデフロックには使用上の注意点もある。特に前輪側は、デフロックの状態でカーブを曲がったりすると、車両を破損する心配も生じるからだ。

センター・前・後の各デフロックはどんな時に使用するの!?

悪路で立ち往生した時は、まずセンターデフロックで脱出を試し、次はセンター+リヤデフロックを行う。この状態でも脱出できない時に限り、ステアリングを直進状態にしてフロントデフロックも加える。そして脱出できたら、即座に前後のデフロックを解除する。

フロントデフロックの作動時は、走行速度も低く、時速7km以下に抑える。

単なるカスタム&ドレスアップ仕様にあらず! ランドクルーザー300 GR SPORTはシリーズ随一の本格オフローダーだった!

このように新型ランドクルーザー300 GR SPORTでは、E-KDSSや前後のデフロックを標準装着するなど機能は本格的だ。

フロントグリルやバンパーが専用にデザインされてカッコイイが、単なるドレスアップグレードという訳ではなく、ランドクルーザーの中でも特に悪路指向の強いグレードということになる。

[筆者:渡辺陽一郎/撮影:島村 栄二・TOYOTA]

>>後編では、気になる試乗インプレッションをお届け。ハードなイメージを良い意味で裏切る上質な乗り心地についてレポートする! 公開は9月22日(水)予定! お楽しみに!

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー300の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー300のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー300の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー300の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー300のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる