海が似合うキャンピングカー、その名も「江ノ島」! モダンで開放的なキャブコンバージョンだ【ジャパンキャンピングカーショー2022】

画像ギャラリーはこちら
人気キャンピングカービルダーのダイレクトカーズはジャパンキャンピングカーショー2022に、新型のキャブコンバージョンキャンピングカーを展示した。その名は「江ノ島」! 気になるその内容を見てみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. ハイエース専門店ダイレクトカーズが2019年から手掛けたキャブコンバージョン
  2. アースカラーでキャブコンバージョンに新しい風を吹かせる「江ノ島」
  3. キャブコンでは珍しいリアの大型ドアがアウトドアシーンでも活躍

ハイエース専門店ダイレクトカーズが2019年から手掛けたキャブコンバージョン

2009年に三重県津市で創業し、中古車販売やミニバンのカスタムを行なっていたダイレクトカーズ。ハイエースベースのキャンピングカーを作っていた同社は、2019年から同社初のキャブコンバージョンを開発して市場に進出。2021年には神奈川県厚木市にショールームをオープンしたほか、キャンピングカーが災害時の復興に役立つことから、厚木市・津市と災害協定を結んでおり、キャンピングカーの可能性を広げる活動を継続して行っている。

そのダイレクトカーズは、ジャパンキャンピングカーショー2022に新型キャブコンバージョンの「江ノ島」を展示。会場では、キャンピングカーには珍しいグレーの外装色や、その名称で大きな注目を集めていた。

アースカラーでキャブコンバージョンに新しい風を吹かせる「江ノ島」

同社のキャブコンバージョンには、2021年に登場した「伊勢志摩」というモデルがある。伊勢エリアの伝統工芸とダイレクトカーズの技術が融合したキャブコンバージョンで、車内の生地や装飾に伊勢木綿や伊勢型紙を採用。全長を5m以内に抑えフェリー航送料金を下げたほか、災害時には居住スペースとしても利用可能だ。

江ノ島は、この伊勢志摩と同様な「地域創生モデル」の第2弾に位置するモデル。外観は江ノ島をイメージしたミディアムブルーで、アースカラー+黒いホイールにより、従来のキャブコンバージョンとは一線を画すスタイリッシュな印象を獲得した。

車体長は伊勢志摩同様に5m以内をキープ。一方で伊勢志摩よりも乗車・就寝定員は9人/7人と増やされている。明るい色のフローリングに、白い家具とホワイト&ブルーの爽やかなソファがラウンジ風に置かれた車内は、まるでモダンリビングだ。また後部のベッドは電動昇降式というのも面白い。

なお後部ベッドは後部車体左側ドア開口の上部に収納。降りてくると車幅方向に向いて就寝可能だ。上段は電動昇降、下段は取り外し式の2段式で、合わせて大人2名の就寝が可能となっている。

キャブコンでは珍しいリアの大型ドアがアウトドアシーンでも活躍

さらに江ノ島には大きな特徴がある。それが、キャブコンバージョンでは珍しいリヤの大型のバックドア。後部のベッドを電動昇降としたのは、この大きなドアとの兼ね合いもあるようだ。

大きな荷物の出し入れが可能となっただけでなく、車内から後方がよく見えるため、開放的な雰囲気に。ここから出入りをしたり、アウトドアのギアやMTB、サーフボードなどを積み降ろしても様になるだろう。

ダイレクトカーズの江ノ島は、キャブコンバージョン界に吹く新風のようなキャンピングカーだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:和田 清志]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ カムロードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カムロードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カムロードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カムロードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カムロードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる