女子ウケバツグン! 新車で買える丸目ヘッドライトを持つ軽自動車6選

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOA編集部
画像ギャラリーはこちら
かつてはクルマのヘッドライトといえば丸目が主流だった。しかし最近のクルマにはLEDが用いられ、ヘッドライト形状も複雑化してきている。

そんな中でもレトロ感がありオシャレな丸目ライトは若い女性からも評判だ。今回は今でも新車で購入できる丸目のヘッドライトを持つ軽自動車を6台紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 柔らかいデザインが女性の心をとらえる! スズキ ワゴンRスマイル
  2. ルーツはN360! ホンダ N-ONE
  3. 歴史ある軽クロカン スズキ ジムニー
  4. 高度なLEDヘッドライトを採用! ダイハツ コペン セロ
  5. 若い女性の心をくすぐる スズキ アルトラパン
  6. ミラココアの丸目を継承! ダイハツ ミラトコット
ワゴンRスマイルの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

柔らかいデザインが女性の心をとらえる! スズキ ワゴンRスマイル

2021年9月10日(金)に発売されたばかりの新型車ワゴンRスマイルは丸目のヘッドライトが特徴的なクルマだ。ハイブリッドXグレードにはヘッドライトの内部にスズキで初めて厚肉インナーレンズを用いている。

スクエアなボディでありながら柔らかさを表現した丸目のヘッドライトは女性ウケすること間違いなしだ。

ルーツはN360! ホンダ N-ONE

ホンダの大人気軽自動車「Nシリーズ」の中で唯一丸目ヘッドライトを搭載しているのがN-ONEだ。現行モデルは2020年11月に登場した2代目だが、初代から丸目ヘッドライトを採用する。

N-ONEのデザインコンセプトはホンダの往年の名車「N360」であり、N360が丸目ヘッドライトだったことから用いられている。シンプルでモダンなデザインでありつつもどこか懐かしさも感じ取れるだろう。

歴史ある軽クロカン スズキ ジムニー

ジムニーは1970年から販売されている軽クロカンだ。現行モデルは2018年に発売された4代目で、丸目ヘッドライトが復活している。

現代風でありながらも伝統的なデザインに回帰しており、往年のファンには懐かしく、若いユーザーには新鮮に映ることだろう。

高度なLEDヘッドライトを採用! ダイハツ コペン セロ

ダイハツの2シーターオープンカーのコペン。そのグレードのうちの一つであるセロは初代同様丸目のヘッドライトを採用している。

2015年に登場したこのモデルでは、1つの光源でハイビームとロービームの切り替え可能なBi-Angle LEDヘッドライトを軽自動車で初めて用いた。「セロ」は丸みのある造形と「DRESS-FORMATION」の始まりを表現する「Circle」と「Zero」を組み合わせた造語で、丸みはヘッドライトでも表現されている。

若い女性の心をくすぐる スズキ アルトラパン

アルトラパンは3代目の現行型で丸目ヘッドライトを採用。ユーザー層に女性が多いことから、開発から女性が携わり作り込まれた若い女性向きのクルマと言っていいだろう。

ラパンの箱型デザインは継承しつつも丸みのあるデザインはシンプルながらも大人らしい可愛さが表現されている。

ミラココアの丸目を継承! ダイハツ ミラトコット

2018年にミライースの派生モデルとして誕生したミラトコットもスクエアボディに丸目ヘッドライトを持つ軽自動車だ。ミラココアの特徴でもあった丸目ヘッドライトを採用していることからも、後継車種と言っていいだろう。

こちらはクルマを初めて購入する若い女性をメインターゲットとしており、可愛らしさを全面に押し出すのではなく、シンプルさや運転のしやすさなども特徴的だ。

【筆者:MOTA編集部】

スズキ/ワゴンRスマイル
スズキ ワゴンRスマイルカタログを見る
新車価格:
129.7万円171.6万円
中古価格:
138.7万円207.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ワゴンRスマイルの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ワゴンRスマイルのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ワゴンRスマイルの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ワゴンRスマイルの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ワゴンRスマイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる